MENU

【2021年7月最新】料金の安いおすすめ合宿免許ランキング!各社の特徴を徹底比較

2021.07.02


「安くで免許を取りたいから合宿免許にしたけど、どこの教習所がいいのかな。」

今回はそんな悩みを解決していきます。

合宿免許は、直接予約するよりも予約サイトを経由することでお得に利用できることが多いです。

しかしながら、いろいろな予約サイトがあるため、どのサイトを使えばよりお得になるのかが分かりづらい状況です。

本記事では合宿免許の予約をするのにおすすめのサイト5選を紹介していきます。

教習所の選び方や、本当に通学型ではなく合宿免許で問題ないのかということも理解できる内容となっているのでぜひ最後までご覧ください。

また本記事で紹介する内容は2021年7月の最新情報に基づいています。実際にアクセスしたらキャンペーンが終わってたなんてこともないので安心してください。

編集部おすすめ!
安くて人気の合宿免許5選

合宿免許の基本知識


まずは合宿免許に参加する上で必ず知っておきたい3つの基礎知識について解説していきます。

これから紹介する基礎知識を理解しておくことで、「自分は本当に合宿免許でいいのか」、どうやって参加するのか、どういった流れで免許を取るのかということが分かります。

合宿免許と通学免許の違い

合宿免許と通常の自動車学校通学を行う場合の違いは、大きく分けて卒業までの期間と費用です。

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

免許取得期間

合宿免許の場合、最短2週間で卒業することが可能です。

一方で通学型の自動車学校の場合は、最短でも約1ヶ月かかります。

このような違いが生じるのは、合宿免許の場合は効率よくカリキュラムが組まれており、休日も関係なく教習を受けることができるからです。

通学型の自動車学校のように、実技の予約が混む、受けたい学科授業のスケジュールが合わないなんてこともありません。

2週間から3週間のまとまった時間は必要になりますが、とにかく短期間で免許取得するなら合宿免許がおすすめです。

免許取得費用

自動車学校では受けられない本免許学科試験の費用を除くAT車の免許を取るためにかかる費用の相場は以下の通りです。

免許取得にかかる費用
  • 合宿免許の場合:20万円~30万円
  • 通学型の場合:25万円~35万円

時期によってキャンペーンを行っている場合もあるので、一概にこれくらいの価格ということはできませんが、上記の価格が一般的と考えてもらえれば問題ないです。

合宿免許の費用には教習代以外にも食費や交通費、宿泊費も含まれています。

そのため圧倒的に合宿免許の費用が安いと言えます。

合宿免許申し込みから入校までの流れ

合宿免許の教習所によって多少の違いはありますが、基本的には以下の流れで合宿免許の申込みを行うことができます。

①教習所探し

まずは教習所探しを行いましょう。

本記事の後半で紹介するサイトを利用すれば、あなたにぴったりな教習所を選べますよ。

教習所選びのポイントは後ほど解説していきます。

②WEBや電話から申し込み

合宿免許の教習所を決めたら、Webや電話から申し込みを行います。

サイトを経由して申し込むことで、割引が適用されることもあるため、直接教習所に連絡せず、予約サイトを利用するのがおすすめです。

③必要書類到着後、記入し送付

書類が届いたら、名前や住所などの必要事項を記入し送付します。

④入校準備

合宿免許の教習所に入校する際には、期間中の生活に必要なアイテム以外に次のような書類が必要です。

必要な書類
  • 住民票
  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカード)一点
  • 印鑑

書類に不備があると入校できないので、事前に準備するようにしましょう。

また運転を行う際には視力検査をクリアする必要があります。

見えづらいと感じる方は、メガネやコンタクトの用意も忘れず行いましょう。

⑤お支払い

入校前にお支払いを済ませます。

合宿免許の場合は、以下のような支払い方法を利用できることが多いです。

合宿免許の支払い方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • 運転免許ローン

合宿免許の場合は20万円以上の大きなお金を支払うことになります。

もしクレジットカードで支払いを考えている方は、利用可能額をあらかじめ確認して、問題なく支払えるようにしておきましょう。

⑥入校日当日に集合場所へ

入校日になったら、遅れないように集合場所に向かいましょう。

入校した当日に授業があるので、移動中はしっかりと休んでおくのがおすすめです。

編集部おすすめ!
安くて人気の合宿免許5選

合宿免許入校から免許取得までの流れ

合宿免許に入校した後は、以下のような流れで進んでいきます。

ただし実際に教習を進めていく上で、技能の向上が芳しくない場合は予定が後ろ倒しする可能性もあります。

あくまで順調に教習が進んだ場合のスケジュールであることを理解してください。

1日目 入校手続き、説明

まず最初に入校手続きや、合宿免許の説明が行われます。

このときに適性検査なども行われます。

1〜6日目 第1段階

実際の道路で走るために必要な仮免の取得に向けて、学科の勉強と実技が行われます。

初日は長距離移動の後の授業となるため、移動中はゆっくりしておくのがおすすめです。

7日目 修了検定、仮免学科試験、仮免許取得

順調に進めば7日目に仮免を取得するための試験を受けられるようになります。

実技試験、学科試験のどちらかに落ちてしまうと、第2段階の教習を受けるのが遅れてしまったり、再受験のための費用がかかったりします。

6日目までの教習で知識と技能を身につけることが重要です。

7〜13日目 第2段階

仮免試験に合格したら、第2段階に入ります。

第2段階では、学科の授業に加えて実際に道路や高速道路での運転を行います。

14日目 卒業検定、卒業・合宿終了

14日目に合宿免許の教習所を卒業するための卒業試験が行われます。

卒業試験の内容は実技のみとなっており、仮免を取る時とは違って筆記の試験はありません。

卒業試験に合格したら、卒業となり合宿終了となります。

卒業日から1年以内 本免許学科試験、運転免許証取得

合宿免許の教習所を卒業してから1年以内に本免許学科試験を受けましょう。

自動車学校で受ける試験とは異なり、住民票を取っている都道府県で試験を受けることになるので、大学生の方は注意が必要です。

合宿で受けた学科授業の内容がテストとして出題されるので、卒業してから期間が空かないうちに試験を受けるのがおすすめです。

編集部おすすめ!
安くて人気の合宿免許5選

合宿免許で事前に注意しておくポイント


多くの方は、教習所を選ぶときできるだけ安いところにいきたいと考えるのではないでしょうか。

しかしながら、安さだけで教習所を選ぶと、食事や施設の質が落ちるなど後悔してしまう可能性もあります。

以下ではどういった点に着目して教習所を選べばいいのかを詳しく解説していきます。

保証内容

教習が順調に進めば問題ありませんが、試験に落ちた場合、合宿期間が延長になることも珍しくないです。

もし試験に落ちると、追加の教習を受ける費用や受験代の他に、延泊費用や食費が発生することになります。

保証があれば、ある程度の延泊や再試験が発生しても追加料金が不要となります。

学校の設備

学校の設備も確認しておきましょう。

合宿免許に参加中は全ての時間を教習や授業に使うわけではなく、空き時間も発生します。

空き時間に何もすることがないのは困りますよね。

Wi-Fiが置いてあったり、マンガが置いてあったりする教習所もあるので事前に確認しておきましょう。

宿泊施設の設備

宿泊施設について、以下のことを事前に調べておきましょう。

設備のチェックポイント
  • Wi-Fiの有無
  • 1人部屋or相部屋
  • キッチンの有無

合宿免許は基本的に2週間以上ホテルに滞在することになります。

Wi-Fiが無い中で2週間以上過ごせば、かなりデータ通信量を使うことになります。

さらに合宿免許では教習の無い時間もあるため、その時間にやることがなければスマホを利用する頻度も増えるでしょう。

いつもよりスマホを多く使うことや、2週間以上滞在することを考えたらWi-Fiは必須と言えます。

また知らない人と2週間以上同じ部屋で過ごすのは不安やストレスを抱えることになるでしょう。

一人で参加する方はシングルルームを選べる合宿免許に参加するのがおすすめです。

周辺環境

合宿を行う教習所をがどういった場所にあるのか地図で確かめておきましょう。

コンビニやスーパーなどがあれば、何か食べたくなったときに便利です。

また観光地の近い教習所の合宿免許に参加するのなら、空いている時間に観光をするのも選択肢の一つとなります。

観光地があれば空き時間も有意義に過ごすことができます。

コンビニやスーパーなどの便利なお店や観光地の有無を事前に調べておきましょう。

食事

利用する合宿免許によって、食事の違いがあります。

3食付いてくるところもあれば、ランチだけ付いてきて朝夜は自分で用意しないといけない場合もあります。

また味も重要です。

2週間以上美味しいと思えない食事を取るのは苦痛に感じてしまいますよね。

食事については、口コミを参考にしたり、食事が美味しい教習所特集などを参考にして選びましょう。

教習所の口コミ評判

教習所によって授業の質や先生、周りの環境など様々です。

そのため事前に口コミを調べておいて、実際に参加した人の声を聞いておくことでミスマッチを防ぐことができます。

「行きたい教習所の名前+評判」などのワードで検索することで口コミを調べることができます。

編集部おすすめ!
安くて人気の合宿免許5選

合宿免許を安くする方法


同じ合宿免許でも、費用を安く済ませる方法があります。

どのようにすることで、費用を抑えることができるのかを見ていきましょう。

オフシーズンをねらう

オフシーズンを活用して合宿免許に参加することで、安く済ませることができます。

飛行機が閑散期になるとやすくなるのと同じ仕組みですね。

合宿免許の場合は、大学生が長期休みに入る8月上旬から9月下旬、2月前半から4月前半が繁忙期で、それ以外がオフシーズンとなります。

連続した休みを取るのは難しいかもしれませんが、費用を抑えるならオフシーズンに参加するのがおすすめです。

相部屋、自炊プランを選択

相部屋プランなら使用する部屋が少なくなるためその分やすくなります。

知らない人と相部屋に抵抗がある方は、友達と一緒に参加することで友達と共同部屋にすることが可能です。

外食するよりも自炊の方が安いように、食事付きのプランよりも食事無しで自炊した方が安くなります。

ただし自炊には調理器具やキッチンが必要です。

泊まる施設によってはそういった設備を利用できないことがあります。

自炊予定なら必ずキッチンの有無、近くのスーパーの有無を確認しましょう。

キャンペーンや特典を利用

一部の合宿免許では、2ヶ月前など早めの予約で割引になる早割、学生限定の割引、3人以上の利用に適用されるグループ割などがあります。

キャンペーンを併用することも可能で、1万円以上お得になるケースも多いです。

費用を抑えるなら、より割引が多く適用される合宿免許に参加するのがおすすめです。

AT車限定にする

MT車よりもAT車の免許を取るほうが安くで済みます。

後にMT車が必要になった場合は、限定解除することによってMT車にも乗れる免許を取ることも可能です。

MT車の免許を取る必要性を感じない方や、とりあえず免許を持っておきたいだけという方ならAT車限定の教習を選ぶことで費用が安くなり、受ける授業も少なくなります。

安い合宿免許とおすすめ合宿免許ランキング

全国には多数の合宿免許教習所があります。

近くの都道府県まで選択肢が増える合宿免許の場合、一つ一つの教習所を調べてどこを選ぶか判断するのはとても大変です。

以下では安い合宿免許教習所を探すのに適したサイト5選と、おすすめの合宿免許教習所を探すのに適したサイト5選をそれぞれ紹介していきます。

紹介するサイトを通じて合宿免許の教習所を選べば、失敗を防ぐことに繋がります。

ぜひ参考にしてみてください。

また以下で紹介する内容は2021年の7月の最新情報に基づいていますので、安心してご覧ください。

安い合宿免許5選

2021年7月現在における安い合宿免許の教習所を探すのにおすすめのサイトランキングは以下のようになっています。

①合宿免許マイスター

合宿免許マイスターでは教習にかかる費用の他に宿泊費、食費、交通費も含まれています。

キャンペーンはあまり強くないですが、最安価格保証を行っており他のサイトに記載されている価格よりも安い価格設定となっています。

そのため価格で選ぶなら合宿免許マイスター一択です。

合宿免許マイスター公式HP

②免許合宿LIVE


早割や学割、3人以上の申し込みによるグル割などを利用することで最大15,000円の割引を受けることができます。

またゼロ金利キャンペーンを行っており、3回または6回の分割払いが手数料無料となります。

気になる自動車学校を5校まで登録して料金を比較することが可能です。

そのためいくつかの候補から安い自動車学校を選ぶことができます。

免許合宿LIVE公式HP

③合宿免許プラス

合宿免許プラスでは最大15,000円の割引を受けることができます。

格安シングルプランの特集を行っているので、一人の参加だとどうしても高額になってしまう合宿免許への参加費用を抑えることができます。

合宿免許プラス公式HP

④合宿免許受付センター

合宿免許受付センターでは、お得なコースを紹介していたり、最大13,000円の割引があったりと様々な理由で安い合宿免許教習所を探すことができます。

またTポイントも貯まるため、よりお得に合宿免許に参加することが可能です。

合宿免許受付センター公式HP

⑤ユーアイ免許

ユーアイ免許では早割、学割、グループ割引で最大13,000円の割引を受けることが可能です。

さらにWebからの申込みで5,000円の割引を受けることもできます。

ユーアイ免許公式HP

おすすめ合宿免許5選

おすすめの合宿免許サイトのランキングは以下のようになっています。

①免許合宿LIVE

教習所の数 99校
支払い方法 ・クレジットカード
・銀行振込
・ローン
最大割引額 15,000円

合宿免許LIVEは他の人が実際にどういった教習所を予約したのかが分かるサイトとなっています。

男性の社会人に人気、フリーターに人気、専門学生に人気など様々なランキングが掲載されているため、あなたにぴったりな教習所を選びやすい仕組みとなっています。

最大で15,000円の割引を受けることができたり、分割払いの金利が無料になるキャンペーンを行っていたりとコスト面でもおすすめできるサイトです。

免許合宿LIVE公式HP

②合宿免許マイスター

教習所の数 65校
支払い方法 ・クレジットカード
・銀行振込
・ローン
最大割引額 10,000円

合宿免許マイスターはAT車の普通免許から大型車、中型車など仕事で乗るような車の免許取得まで対応している合宿免許の紹介サイトです。

宿泊費や交通費、食費が料金に含まれているため、合宿に参加して想定外の出費が発生することはほとんどありません。

食事が美味しい、レジャーも楽しめるなどあなたの目的に合わせて教習所を選ぶこともできます。

そのため何かしらこだわりのある方におすすめできるサイトです。

合宿免許マイスター公式HP

③合宿免許受付センター

教習所の数 56校
支払い方法 ・銀行振込
・ローン
最大割引額 13,000円

合宿免許受付センターでは一人におすすめ、グループにおすすめなどの用途で教習所を選ぶことができます。

早割やグループ割などのキャンペーンと併用することはできませんが、ネットからの申込みで5,000円の割引を受けることができます。

Tポイントも貯めることができるためよりお得です。

学割やグループ割、早割などの機会を逃してしまった方は、ネットから申し込んでお得に利用してみてはいかがですか?

合宿免許受付センター公式HP

④合宿免許プラス

教習所の数 106校
支払い方法 ・銀行振込
・クレジットカード
・ローン
最大割引額 15,000円

合宿免許プラスは全国106校という他のサイトよりも多い選択肢の中から教習所を選ぶことのできるサイトです。

21日前までなら無料で予約を行うことができるため、急な予定変更にも対応することができます。

料金には宿泊費や食費、交通費が含まれるほか、お楽しみ特典や国内旅行傷害保険も含まれます。

数多くの教習所から自分に合った場所を選びたい方におすすめのサイトです。

合宿免許プラス公式HP

⑤ユーアイ免許

教習所の数 59校
支払い方法 ・銀行振込
・ローン
最大割引額 18,400円

ユーアイ免許では早割、学割、グループ割に加えてネットからの申込みによる割引を受けることができます。

最大で18,400円の割引は他のサイトからの予約だと実現できない割引額と言えます。

対応エリアも全国各地となっているため、様々な地域に住んでいる方が割引の恩恵を受けることができます。

割引を重視したい方におすすめのサイトです。

ユーアイ免許公式HP

まとめ

いかがだったでしょうか?

2021年7月現在における合宿免許の比較をできるサイトのおすすめ5選を紹介してきました。

今回紹介したサイトは以下の通りです。

合宿免許の場合、価格が安いに越したことはないですが、周りの環境であったり、食事であったりと通常の教習に比べて選ぶときのポイントが多いです。

紹介したサイトを参考に、あなたの希望に合う合宿免許の教習所を選んでくださいね。