中古車の狙い目は何年落ち?車種・時期・走行距離など徹底解説!

出来れば自分の希望の金額またはそれ以下でお得に手に入れたいと思うのが中古車。

 時期や車種・年式など様々な事を見て判断する必要があります。

そこでこの記事では、中古車を探す上での狙い目について詳しく解説していきます。年式落ち・時期・走行距離などさまざまな側面から最適な狙い目を紹介します。

自分にとって満足のいく中古車選びをする際にぜひ役立ててくださいね。

中古車の狙い目:年式(何年落ちか)

中古車の狙い目:年式(何年落ちか)

中古車業界において年式や「〇年落ち」という表記は必ずあります。それは車の価値において重要な指標となるからです。

 一般的に車を売るタイミングは「車検前」が多いです。車検には税金や点検費用など様々なコストがかかるからです。

ここでは、3年・5年・7年・10年と年式落ち別に中古車の特徴を紹介します。

3年落ち

中古車の狙い目:年式(何年落ちか)

中古車を探す際に少しでも新車に近い状態のものをお探しなら「3年落ち」のものを中心に探すのがおすすめです。

3年落ちとは初めての車検にあたる時期にあたります。この時期であれば通常の利用であれば車体の状態も悪くなく、比較的新しいものといえます。

 ただし3年落ちの中でもさらにお得になる狙い目は「走行距離が長い車」です。

短い期間で3万km以上の車というのは高速道路をよく使ったと考えられます。高速道路は一定の速度で長距離を走ることになるので車体自体への負担は重くはありません。

しかし客観的な数字から価格は決められることから、状態の良いものがより手頃な価格で売られていることも期待できます。

どのような使われ方をしているかまでは分からないですが、期間の短さと走行距離から状態を考えることも手です。

5年落ち

中古車の狙い目:年式(何年落ちか)

5年落ちといわれる車は、いわゆる2回目の車検の前に売りに出された中古車です。この時も出回る数が多いので、狙っている車があればおすすめの時期です。

5年落ちはローンの支払い期間で「5年払い(60回)」を選ぶ人が多いということと、「残価設定型クレジット」でも5年を設定する人が多いことが背景にあります。

残価設定型クレジットとは

車の購入時に〇年後の下取り価格を事前に設定をして購入価格から差し引いた金額を毎月の返済額の基準とする方法。

その他にもメーカー保証などで3年・5年を用意しているところある背景もあって、買い替えとなるケースが増えます。

7年落ち

中古車の狙い目:年式(何年落ちか)

とにかくコストを抑えて中古車を手に入れるなら「7年落ち」のものを選ぶのもおすすめです。

内閣府から発表された令和3年の消費動向調査によると、乗用車(新車)の買い替え状況では「8.9年」が平均であることが分かります
※出典:https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/honbun202103.pdf

 また7年落ちは3回目の車検の前に手放したものが多いので先ほどの買い替え時期と相まって中古車の台数も一気に増える傾向にあります。

中には「年式が低い=古い車」にも関わらず走行距離が短く状態が良い車なども売りに出されていることも。

安くて状態の良好なものを見つけたいという人にもぜひ参考にしてほしい時期でもありますね。

10年以上のものはバランスを見極めて!

中古車の狙い目:年式(何年落ちか)

先ほど紹介した通り、年式は低いもの(古い)ほど価格も安くなることがわかりました。しかし古ければ古いほど狙い目とは限りません。

 もし10年落ちのものであっても走行距離が平均よりも少なくマシントラブルもないのであれば総合的に判断をして購入もアリです。

しかし中には整備状況が良くないもの・外観だけでは判断しにくいトラブル消耗品の摩耗が起きている可能性もあります。

古すぎる車の中には購入をしてから消耗品の交換やメンテナンスが必要となり、本来であれば不要なコストが発生してしまう可能性も考えておくことをおすすめします。

素人には見極めにくい部分でもあるので、10年以上のものは避けた方が無難です。

中古車の狙い目:時期

中古車 狙い目

中古車の価格が変動する狙い目の時期はいくつかありますが、それぞれ背景があります。ここでは狙い目の時期に関して詳しく見ていきましょう。

1月ごろ

車には「年式」というものがあります。この年式は毎年1月になると1ずつ増えていきます。一般的には、年式は「新しいもの=値段が高い」傾向にあります。

 つまり12月の時の価格と、翌年の1か月の年式は1年異なるということになります。

たった1か月程度しか違わないのに、市場価値としては変わってしまうこともあるので、この時に探すのも得策です。

3月と9月

中古車の狙い目:時期

大に中古販売業者は3月・9月が決算月であることが多いです。この時期吹きになると少しでも販売台数を増やして成績を残そうとするところもあります。

 そのため普段よりも値が下がって売られるケースも期待できます。

しかし3月の場合は4月への新生活・引っ越しなどで車が売れる時期でもあるため、車種の人気度によっては値が高くついてしまっていることも。

決算時期よりも早めに市場価値の推移を見ていくのが狙い目を見極めるポイントとなります。

4月と5月

決算月が終わった4月や5月は新生活前といった時期からも外れるので、新車だけに限らず中古車の売れ行きも下がり傾向の時期となっています。

 しかも3月は中古車として下取りされた車が多くなるため、4月・5月は供給量が増えてしまう時期となります。

さらに中古車販売業者の所有する未使用車もこの時期増えるため、状態が良い車が見つかることも。

中古車の狙い目:タイミング

季節に関係なく中古車が高くなる狙い目のタイミングがあります。ここでは4つ紹介します。

ボーナス前

中古車の狙い目:タイミング

車は高価な買い物であるため、ボーナスを購入金額に充てたいと考える人も少なくありません。そのため、ボーナス時期は業者も強気の値段設定をする可能性も考慮しなくてはなりません。

 反対にボーナスの前であれば需要が増える前になるので、購買意欲を高めようと値が下げられるケースも考えられます。

大型連休の後

お盆・年末年始・ゴールデンウィークといった大型連休の前になると自然と車の需要が増えていきます。その分、大型連休の後は需要が一旦落ち着くので値下げが期待できます。

車種や業者によっては変わらないこともあるので、公式サイトなどで値段の推移はチェックしておきましょう!

モデルチェンジ・マイナーチェンジ

中古車 狙い目

一般的に、モデルチェンジやマイナーチェンジが起きると旧タイプの車の相場の下げ幅は大きいといわれています。

 全くの新しいモデルチェンジに限らず、エンジンや内装・外観といった一部の刷新だけでも値が下がる傾向です。

一番値下げを期待するなら降るモデルチェンジ・フルマイナーチェンジのタイミングを狙い目としましょう。

ボディタイプごとの需要時期

ボディタイプの需要は季節・時期によっても違ってきます。

例えば、オープンカーやスポーツカーといったタイプの車は、冬の需要が低く春くらいから需要が増えます。反対にSUV車はウインタースポーツもする人の需要もあって、冬から上昇傾向にあります。

ただしSUV車は種類も豊富でレジャー・アウトドアにも適していて、人気車種などは値動きが鈍いこともあります。

中古車の狙い目:走行距離

中古車の狙い目:走行距離

新車の選び方と異なる部分の1つに「走行距離」があります。車の状態を見極める際の手がかりともなるので必ずチェックしたい箇所です。

新しさ重視なら3万km

車の外観・内装ともに少しでも新車に近い状態を希望するなら、走行距離は2~3万kmくらいで探すのがおすすめです。

現在の日本車は昔よりも性能が各段に上がっており、3万kmであってもほぼ新車に近い良好な状態であることが多いです。

その分、中古車市場の中でも価格は高止まり傾向でもあるようです。

安さと状態のバランス重視なら5万km

中古車 狙い目

中古車市場では5万kmくらいから価格が下がっていく傾向にあります。通常の利用を前提にするなら車体の状態も良好なことが多いので、コスト・質のバランスをとりたい人にもおすすめです。

ただし5万kmを超えるor超えないで価格差が生まれるケースもあるので、目安は5万kmよりちょっと距離がある車を狙い目としましょう。

できるだけ安く手に入れるなら10万km

コスト面を重視して少しでも安く手に入れることを前提とするなら、10万km以上のものも狙い目です。

 現在の日本車は性能がかなり上がった今での以前の「車は10年・10万kmが寿命」といわれていた背景から中古車価格もグっと下がっていきます。

この距離は性能や安全性において心配するかもしれませんが、現在の車であれば通常の利用をしていて定期的にメンテナンスを行っているものであれば不具合などは起きにくいです。

整備点検記録などをきちんと確認して、安全な中古車かはあらかじめ確認しましょうね。

中古車の狙い目:車種

中古車 狙い目

ここでは中古車の車種ごとに異なる狙い目ポイントを解説します。希望する車種が決まっている人はぜひ参考にしてください。

軽自動車

軽自動車は普通車と比べてエンジンが小ぶり・骨格が補足作られているので車体が軽いのが特徴です。その分、耐久性に見劣りしてしまうという面もあります。

軽自動車の選び方
  • 整備記録簿のチェック(修理歴の有無など)
  • 希望する車種の相場を事前調査

軽自動車は前に所有していた人がメンテナンスを怠っている・部品の交換が不十分といったケースが少なくありません。

整備記録簿の確認はもちろんのこと、異常に価格が安いと問題のある車体の可能性があるため、市場相場を予め調べておくことをおすすめします。

軽自動車のおすすめ:スズキ「アルト」

軽自動車といえばスズキといわれるほどですが、中でも「アルト」は低燃費と低価格どちらも成立させてコストパフォーマンス優秀な車です。

そのため、普段使い・セカンドカーをお探しの人にもおすすめの車といえるでしょう。

コンパクトカー

中古車 狙い目

軽自動車に次いで人気な車種となっています。軽自動車よりも内装が広く、普通車よりは手頃な価格のものも見受けられるのが特徴です。

選ぶ上でのポイントは以下を参考にしてみてください。

コンパクトカーの選び方
  • 燃費重視:20km/L以上かどうか
  • 安全性重視:ドライブアシスタント機能がついているものを選ぶ
  • 積載量重視:フラットシートにできるか

使い勝手が良いコンパクトカーは、どんな点を重視したいかによって選ぶのが良いでしょう。

コンパクトカーのおすすめ:日産「キューブ」

日産から発売されているキューブは2022年4月にフルモデルチェンジされることが発表されました。

そのため、コンパクトカーの中でも人気車種であったキューブが手に入りやすい価格になる可能性も期待できます。

セダン

中古車 狙い目

乗り心地などが良く普段使いに向いている車や高級車など幅広いブランドが選べるセダンは中古車市場でも人気があります。

セダンの選び方
  • 無理のない価格帯の車を選ぶ
  • ハンドリン性能・安全性がある車種か
  • 燃費重視ならハイブリット車がおすすめ

セダンは乗り心地の良さ操作性の高さが特徴です。高速道路やドライブをする人なら、長時間の運転でも疲れにくいセダンも候補として入れるのも良いでしょう。

セダンのおすすめ:ホンダ「グレイス」

グレイスはホンダで人気の車種「フィット」と基本設計が同じなので走行性能が高くセダン特有の乗り心地の良さも併せ持っています。

手頃な価格でセダンを探している人にもおすすめの車種でしょう。

ミニバン

中古車 狙い目

ミニバンの最大の特徴は車内スペースが広いという事です。大人数で利用することが多い子育て世帯の方やキャンプ・ハイキングといったレジャーで使うことにも適しています。

ミニバンの選び方
  • 何人で乗るのか
  • 荷物はどれくらい詰めるのか
  • オプションパーツの有無(パワースライド・フラットシート等)
 価格以外にも用途や利用人数などによって様々なサイズのミニバンがあります。

ミニバンのおすすめ:三菱「デリカD:5」

デリカD:5は三菱自動車から販売しているミニバンの中で唯一のクリーンディーゼル車です。

悪路でも難なく走る走破性が特徴で、アウトドアやレジャーに出かけることが多い人にもおすすめです。

SUV

中古車 狙い目

SUVは街中で運転するのに適した車種と、走破性重視の車種の2パターンがあります。

軽自動車の選び方
  • 街乗りが多い:1500cc程度の排気量のもの
  • アウトドア・レジャー目的:走破性の高さ・ラゲッジスペースの広いもの
  • 乗り心地・高級感重視:フルサイズのSUV

中でもフルサイズのSUVは高価格帯であることが多いので、中古車で探せば手の届きやすい価格のものも探せるでしょう。

SUVのおすすめ:スバル「フォレスター」

フォレスターは一般的なSUVと比べて車高が低いのが特徴です。そのためステーションワゴンのような見た目が特徴です。

四輪駆動システム採用の車種なので走破性に関して他の追随を許さないほどです。ドライビングアシスト機能「アイサイト」も搭載されているので安全性にも優れています。

中古車を狙う際のチェックポイント

ここでは中古車の狙い目を探る際に知っておきたい2つのチェックポイントを紹介します。

1年あたり1万kmで見極める

中古車 狙い目

通常の使い方であれば、「1年=1万km」の走行距離なのが一般的です。そのため、3年経過していれば3万km、10年で10万kmと見ていきます。

そのため5年でも3万kmに満たないものは平均よりも距離が短いと判断できます。走行距離が短ければその分車体へのダメージが少ない可能性もあります。

その分、目安に車種・年式が近いものであっても走行距離によって売値にも差が生じるケースも。

走行距離が短すぎる中古車には気を付ける

先ほどの説明で走行距離が短い車の方が狙い目だということがわかりました。しかし、短ければ短いほど良いというわけでもありません。

例えば年式が10年落ちであるにも関わらず、3万kmほどしかない場合は、長期間放置されていた可能性も考慮しましょう。

 車のエンジンは定期的に駆動させておかないとバッテリーが上がってしまう・部品の劣化などに繋がります。

年式に応じて適正な走行距離なのかしっかりとチェックすることが大切です。

中古車購入についてよくある質問

選び方の基準は?
走行距離・年式・車種・装備の有無などから総合的に判断をしましょう。
自分で選べない・難しい時はどうしたらいい?
販売台数が多い大手の中古車販売業者やネット査定などで探したり、スタッフの人に要望を伝えて紹介してもらうのもいいでしょう。
自分にあったボディタイプの決め方は?
日常的・少人数での利用であれば「軽自動車・コンパクトカー」、レジャーや遠乗りをすることが多い「SUVやミニバン」、乗り心地を重視するなら「セダン」といった選び方がおすすめです。
中古車の値段が変わりやすい狙い目の時期は?
大型連休や3・9月といった決算時期、ボーナス前やモデルチェンジ・マイナーチェンジの時期には価格が下がるものもあります。
中古車選びで気を付けることは?
価格面でいえば時期的な要因やガソリン価格の推移によって変動します。車本体においては「修理歴の有無」や「ワンオーナー車」かどうかも調べておくのが良いでしょう。
中古車を購入費用は車両本体以外に何がある?
自動車税・重量税・車検・登録諸費用・自賠責保険といった費用が必要となります。その他に所有に必要な「任意保険」「駐車場代」が必要となることも。
未成年でも中古車は購入できる?
20歳未満の未成年の方でも購入は可能です。条件として親権者の同意・同意書と中古車販売業者が要求する書類が必要な場合も。詳しい書類や手続きは業者ごとに異なるので、確認をしましょう。

まとめ

中古車の狙い目について様々なポイントから解説しました。少しでもお得に、かつ状態の良い車が欲しいのであればタイミングや車種・走行距離などから総合的に見ていく必要があります。

中古車といえども決して安い買い物ではないため、自分に納得のいく形で良い車と出会えるように今回の記事を活用してくださいね。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事