中古車見積もりの注意点は?見積書のポイントやおすすめ査定サイトも解説!

自分の車を中古車として買取に出そうと思ったとき、見積額が自分の思っていた金額とかけ離れすぎていて驚いた経験のある方もいるでしょう。

見積額のシミュレーションやその詳細、実際に売却するまでの流れなど経験がないとなかなかわからないものだと思います。

そこで今回は中古車を売却する際の注意点や、見積書の見方などを解説していきます。

適正な見積もりをしてもらえているのかなど、確認しておくべきことを把握しておきましょう!

中古車見積もりの基礎知識・必要なもの

車を売ろうと思ったら、まずは見積もりを出してもらう必要があります。

 中古車販売業者側からすれば買取をする際には必須のチェック項目が多く、それによって金額がかなり変わるために見積もりは必須です。

見積もってもらうには、まず「見積依頼」を出します。

見積依頼を出して、車の状態などを確認してもらうのが「査定」。その結果に諸経費などを足して総合的な金額を出したものが「見積」と考えるとわかりやすいでしょう。

見積りの方法
  • 買い取り業者の店舗に直接持ち込む
  • ネットで公式サイトにある簡易査定を受けてみる
  • 電話でオペレーターと通話しながら査定をしてもらう

時間に余裕がある場合は直接店舗に持ち込むことで、細かな相談をしつつ厳密な査定及びその見積書を出してもらえます。

すぐにでも売りたいという場合も直接持ち込んでしまった方がスムーズでしょう。当然ではありますが、この場合は直接車を見ているわけではないため、あくまで概算にしかなりません。

ただし、ネットでなら自分のタイミングで査定ができるうえ、並行して複数の業者で査定をしてもらうこともできるメリットがあります。

ネットや電話で見積もりを申し込んだ場合は、必要項目に回答をする形で最低限の査定または見積もりをしてもらうことになります。

見積もりに必要なもの

見積もりに必要なもの

見積もりに出す際に必要になるものがいくつかあります。事前に準備しておくとスムーズに進むでしょう。

必要なもの
  • 売却する車(電話・ネット査定の場合は車の情報)
  • 車検証

  • 自賠責保険証

いざ売却が決まったときに必要な書類は他にもありますが、見積もりの際に必要なものは上記の通りです。事前準備として、車が実際に動くかどうかも確認しておきましょう。

しばらく乗っていなかったことでバッテリーが上がってしまっているケースなどもあります。動かなくても査定及び買取はしてもらえますが、査定に影響がある場合が多いです。

また、実際に持ち込んで車を査定してもらう場合、車内やトランク内なども確認されます。できるだけ片づけておいた方が良いでしょう。

中古車の見積もりだけでもOK?

もちろん、中古車の見積もり・査定だけでも問題ありません。見積もり・査定結果だけを求めるのであれば、インターネットで利用できる「中古車一括査定サイト」がおすすめです。

 一括査定サイトでは複数社での査定を受けることも可能です。市場相場に対して適正価格かどうかの判断ができるため活用する価値は十分にあるでしょう。

実店舗での査定の場合も同様に、「見積もりだけ」と事前に伝えておけば問題ありません。

見積もりから売却までの流れ

まずは見積もりとは知っていても、その後具体的にどうしたらいいのかわからないという方もいるでしょう。しかし、大まかな流れは複雑なものではありません。

見積もりから売却までの流れ
  1. 見積もりをしてもらう
  2. 見積もり結果を確認・検討する
  3. 問題がなければ契約
  4. 売却車の引き渡し
  5. 入金を確認する
見積もりは、中古車売却の最初のステップです。実際に売却するまでは、まだいくつかの手順を踏む必要があります。中でも「売買契約」に関しては、手続き上必要なものがいくつか存在します。

売買契約の際に必要なもの

契約について

契約をする際には複数の書類が必要になります。直前で慌てることがないよう、あらかじめ準備しておきましょう。

必要書類など
  • 自動車検査証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書と実印
  • 銀行口座

自動車検査証(車検証)や納税証明書自賠責保険証明書などは、普段取り扱うことが少ない書類です。事前にあらかじめ場所を確認し、準備しておくようにしましょう。

印鑑登録証明書に関しては、役所で「印鑑登録」をしていないと発行することができません。

 本人ではない場合や身分証や保証人がいない場合は、即日発行できない可能性があります。契約前に印鑑登録を済ませておきましょう。

銀行口座は買取の代金を振り込んでもらう際に必須です。

公的な書類は紛失してしまっても再発行できるものが多いです。失くしてしまった場合は慌てずに、再発行も検討しましょう。

中古車を高く見積もりしてもらうコツ

見積もりで高評価になるポイント

どうせ売るなら「少しでも高く売りたい」と思う方は多いはずです。見積もり価格を左右する要素としては、車種や走行距離といったものが挙げられます。

しかし、実はそれ以外にも中古車を高く見積もりしてもらうコツが存在します。また、これらのコツは自分の努力次第でできるものなので、参考にしてみてください。

車をできるだけきれいな状態にする

同じ車でも、きれいな車の方が評価額が高くなります。

 洗車や掃除をすればきれいな状態になるとしても、買取業者からすれば手間も費用もかかるため、良くは見られません。

査定の際に「普段から雑に車を扱っている」と思われてしまうと、他にも傷などの不備ががあるのではないか、などとネガティブに見られてしまう可能性も考えらます。

普段からきれいにしておくことが一番ですが、特に査定前はきれいにしておくようにしましょう。

できるなら洗車をしておく

査定をする人が最初に見るのは車の外観です。洗車は必須ではありませんが車の第一印象は大きく変わるでしょう。

ワンコイン洗車などでも構いませんので、洗車しておくほうが無難です。

 細かな傷は洗車してきれいに磨くことでほとんどわからなくなる場合もあります。

細かな傷などは汚れている方が目立つこともありますね。

車内の清掃

車内に忘れ物をしない為にも、中にあるものを回収しつつ清掃をしておきましょう。

また普段乗っている本人は気づきにくいのですが、タバコペットなどの匂いがしみついていると査定に響く可能性があります。

 自分では気にならない程度と思っていても、査定に大きく響く場合もあります。

車内の換気をしっかり行い、それでも気になるなら消臭スプレーをかけたりしておきましょう。客観的な判断は難しいのですが、マイナス要素はできるだけ消しておきたいですね。

付属品やオプションパーツの有無を確認しておく

付属品やオプションパーツの有無を確認しておく

購入時の付属品は残っていれば一緒に査定してもらいましょう。

付属品の一例
  • 取扱説明書
  • スペアキー
  • ヘッドレストなど(外して使用している場合)
  • カーナビ及びその説明書
また純正のオプション品があれば査定でプラスになる可能性が高いです。純正品は購入時にしか手に入らないものなのでアピールしておきましょう。

非正規品でも人気のオプションパーツは査定でプラスになることもあるようです。使っていたものがあればそのまま査定してもらいましょう。

整備手帳を用意しておく

車がいつ点検・整備を受けたかなどが記録されている手帳のことで、記録簿と呼ばれることもあります。整備手帳は売却の際に必須ではないのですが、用意しておくことが望ましいです。

 必須ではありませんが、ない場合は査定でマイナス評価となってしまうこともあるようです。

基本的に自分で記入するようなものではありませんので、自分で触っていなければ車検証などと一緒に車内にあるでしょう

定期的に整備を受けていることがわかれば買う側としても安心できますよね。

いつでも売れる体制を作っておく

いつでも売れる体制を作っておく

前述の車内の清掃と重複しますが査定をしてもらう際には車をきれいにしておくことや必要書類・確認事項をまとめておくことをお勧めします。

業者からすれば実際に売る気があり、すぐにでも売れる準備ができている相手とはスムーズに取引ができる可能性が高いと判断するでしょう。

 買取業者の『見積もりだけでも歓迎』という文言はよく見かけますが、基本的には買い取る為に時間や費用をかけて見積もりをしています。

買取後の納車時期によって金額が変わることもあるので早め早めに準備をしておくことは大切です。

売るタイミングを定める

一般的には1~3月と7~8月に買取の需要が増えると言われています。

4月と9月の生活が変化する時期に中古車が売れやすいので、その前に商品を充実させようとする業者からの買取需要があるということです。

 必ずしもこのタイミングが良い訳ではありませんが、準備もありますので念頭に置いておいた方が良いでしょう。

また売る側からすると車検や自動車税の前に売却したいという需要もあります。

どちらも売却の際にある程度は考慮されて戻ってきますが、全額戻ってくる訳ではないので見積もりの際に確認しておきましょう。

車検が切れてしまうと大きなマイナスになる可能性が高いです。計画的に見積もりなど行いましょう。

中古車買い取りの見積もり書の見方

見積もりに関してはここまでで説明しましたが、見積書に関しても注意すべき点などを確認しておきましょう。

見積書の主な項目
  • 見積もり金額
  • 車体に関する情報
  • 販売者・所有者の情報
  • 購入業者の情報
  • 様々な費用の明細
  • 販売手数料

形式は会社によって違いますが、記載される内容に関しては基本的にはほとんど変わりません。

 査定で車の状態から価値をある程度出してもらい、見積もりで実際に買取価格がどうなるかを出してもらうという流れです。しかし査定書が実質的に見積書と同義のものとして扱われているケースもあるようです。

特に注意しておくべきポイントはしっかり把握しておきましょう。

基本情報の確認

基本情報の確認

自分の住所・氏名などはもちろんですが、車の車種車体番号などに相違がないかも確認しておきましょう。

 高額の取引になりますので細かなことでもミスがないか確認は必須です。

またあるはずの付属品がないことになって見積もられている可能性もあります。必ずチェックしておくことも重要です。

諸費用に関して

自動車税と自賠責保険に関しては買取業者と売却時期にもよりますが見積金額に上乗せされることがあります。

これらは条件によって大幅に変わってくるので、契約の際には必ず確認しておきましょう。

 リサイクル料は基本的に売却の際には戻ってきますが、個別に書かれていないこともあるのでどこに含まれているのかをチェックしておきましょう。

車の査定額の中にリサイクル料等を含んでいる場合と含んでいない場合では車自体の金額が1万円以上金額が変わってくるので要注意です。

販売手数料について

販売手数料について

販売手数料は買取業者によって大きな差がつくポイントです。主な手数料のは以下の2つです。

整備費用

売却した車のメンテナンスにかかる費用のことで、整備費不要の場合もありますが金額にはかなり上下があります。

こちらも見積書をもらったらしっかりと確認しておきましょう。

納車費用

売却する車を自分で持っていくのではなく回収に来てもらう際に発生する費用です。

自分で引き渡しに行く場合はかからない費用なので、自分で引き渡しに行くことが可能ならきっちりと伝えておきましょう。

おすすめの中古車見積もり・買取一括査定サイト3選

※2022年3月3日時点の情報です。最新のものとは異なる場合があります。

カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのココがおすすめ
  • 1,000社以上の提携業者
  • メールのみの指定連絡が可能
  • 最大30社に一括査定の申込可能

カーセンサーは、一括査定サイトの中でも大手で、1,000社以上の提携会社をもっています。

 特に大きな強みとして挙げられるのが「メールのみでの指定連絡」ができるところです。一括査定をした後に営業の電話がかかってくることがないため、ユーザーにとってもストレスなく利用できます。

また、一度に最大30社へ査定依頼を出すことが可能。多くの業者の査定結果と比較することができるので、少しでも高額で売りたい方におすすめです。

売却方法は、一括査定またはオークション形式を選べます。
提携業者数 最大5,000社
対応エリア 全国
一括査定 最大30社

出典:カーセンサー

\愛車を最高額で売るなら/

ズバット車買取比較

ズバット車買取

ズバット車買取のココがおすすめ
  • 累計利用者数200万人突破
  • 地域の買取業者の口コミが分かる
  • 約30秒ほどで完結!スピード一括査定

ズバット車買取比較は、累計利用者数200万人を突破している実績のある査定サイトです。

 提携業者は大手から地域密着型の業者まで280社以上と充実しているほか、同時に最大で10社に一括査定を申し込むことができます。

サポート体制も充実しており、電話で相談できるサポート窓口が用意されているのでサイトの利用や売却に不安がある方も安心です。

サイトでは各業者を実際に利用した人の口コミもチェックできます。
提携業者数 289社
対応エリア 全国
一括査定 最大10社

出典:ズバット車買取比較

\最高買取価格がすぐわかる/

Rakuten Car オークション

楽天carオークション

Rakuten Car オークションのココがおすすめ
  • オークション形式で売却できる
  • 見やすい中古車買取査定業者のレビュー
  • 買取成立で楽天ポイント1,000ポイントがもらえる

Rakuten Car オークションは、オークション形式で車を売却できるサービスです。

 買取成立で楽天ポイント1,000ポイントを受け取ることができるため、普段から楽天ポイントを貯めている方にもおすすめ。

また、オークション形式なので電話や車両の検査の対応は1社のみで済み、複数の業者とやりとりをしなくても良いというメリットもあります。

複数の業者と並行してやりとりをするのが手間な方も、手軽に利用することができます。
提携業者数
対応エリア 全国
一括査定

出典:Rakuten Car オークション

\安心サポートで初めても高価買取/

よくある質問

車を売る時の見積もりで気を付けることは?
複数の業者で見積もりをしてもらうようしましょう。多すぎても管理が難しくなりますが、少なすぎると適正価格かどうか判断しかねる状態になってしまいます。
ネットで見積もりはしてもらえる?
車種や年式、走行距離などの情報を入力することで買取金額の目安がわかります。同様に電話で相談できる買取業者もあるので、直接出向くことが難しい方はネットや電話での相談をおすすめします。
ネット見積もりのシミュレーションは正確なの?
車自体の金額という意味では業界自体の買取相場というものがあるので、見当はずれの金額が出ることは少ないでしょう。買取に当たっての諸経費などは業者によって差が出るので、複数の業者で見積もりを出してもらうことをお勧めしています。
見積もりだけしてもらうことは可能?
もちろん可能です。ただし、どんどん話が進んでいつの間にか即決してしまっていたということがないように慎重に検討するようしましょう。
動かなくなった車でも売れるの?
バッテリーが上がってしまっただけの状態でも、エンジンがかからないような状態でも販売は可能です。状態によって査定額に影響が出ることと、納車費用が別途かかることだけは把握しておきましょう。
車を売る時に必要なものは?
車検証などの車を管理しているときに必須な書類と、実印や振り込み口座は必須です。車検証などを紛失してしまった場合は再発行できる場合もあります。
どんな要素で買い取り額が上下するの?
付属品の有無や、ボディの傷、車内の状態などでも買取額は変動します。できるだけ買った当初に近い状態に近づけることで査定額が上がる可能性があります。

まとめ

今回は自分の車を見積もりしてもらう際の注意点、見積書の見方などについて紹介しました。

どうせ売るなら高く売りたいのは当然です。できるだけ高評価を得られるように準備をしっかりとしておくことが重要です。

見積もりだけしてもらうことも可能なので、売ると決めたらこの記事を参考にしつつ見積依頼を出してみましょう。
\愛車を最高額で売るなら/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事