ソニー損保自動車保険の口コミ・評判|特徴やメリット、契約の流れを解説

CMでもよく見掛けることが多いソニー損保。漠然と「インターネットで申し込める保険料の安い自動車保険」という認識を持っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際に口コミなどの評判を見てみると、ロードサービスや顧客対応など、一部で高い評価を得ていることが伺えます。

この記事では「車の購入時に何となく代理店で保険に加入したけど、解約して乗り換えを検討している」という方や、これから新規で保険の加入を検討している方向けに、ソニー損保の自動車保険の特徴の解説や、口コミをなどの実際の評判を紹介していきます。

ぜひ、自動車保険選びの参考にしてみてください。

ソニー損保の自動車保険の概要

ソニー損保

プレイステーションや家電で知られる「ソニーグループ株式会社」の傘下である「ソニーファイナンシャルグループ」。その傘下にあるのが「ソニー損保」です。

ソニー損保で最も知られているのが、この記事で紹介する「自動車保険」でしょう。ソニー損保の自動車保険の基本的な補償内容をチェックしてみましょう。

種類 概要 補償範囲
対人賠償 相手を死傷させてしまった場合の補償 無制限
対物賠償 相手の物を壊してしまった場合の補償 無制限
人身障害 自身の治療費などの補償 3000万円~
車両保険 自身の車の修理費や盗難の際の補償 任意

この記事ではソニー損保の自動車保険に関して解説していきますが、ソニー損保では自動車保険以外にもさまざまな保険を取り扱っています。

ソニー損保の取り扱い保険
  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 医療保険
  • 海外旅行保険
  • ペット保険

2台以上の自動車保険の契約や、医療保険と自動車保険の契約をしている場合、継続手続き時に保保険料が割引される場合もある様です。

ソニー損保の自動車保険の特徴

書類と虫眼鏡とミニカーソニー損保のイメージとして「保険料が安い」というイメージをお持ちの方は多いかと思います。ただ安いだけで、保険内容がいい加減だったら困りますよね。

もちろん、そんなことはありません。ここからは、その安さの理由と特徴と言えるサービスや特約を紹介していきます。

ソニー損保の自動車保険の特徴
  • 割安な保険料が魅力なダイレクト型保険
  • 手厚いロードサービス
  • 豊富な割引サービス
  • さまざま特約

割安な保険料が魅力なダイレクト型保険

ダイレクト型(通販型)保険と言われるタイプに分類されるソニー損保の自動車保険。最も魅力的な特徴は、その仕組みによる保険料の安さが挙げられます。

なぜダイレクト型保険は安いのか?安さ以外にどんな魅力があるのか?こういった部分を解説していきます。

ダイレクト型・代理店型保険の契約方法の違い
ダイレクト型保険 契約者←(契約)→保険会社
代理店型保険 契約者←(契約)→代理店←(契約)→保険会社

インターネットでの手続き

PCを操作する女性ダイレクト型保険は「通販型保険」とも呼ばれています。「通販」と聞くと、電話やインターネットを介して購入手続きを行う購入方法をイメージされるでしょう。

ダイレクト型保険は、代理店など店舗に出向く事なくインターネットで必要情報を登録して契約を行うタイプの保険です。

そのため、保険契約者と保険会社が代理店を通さずに、直接(ダイレクト)契約を行う事から「ダイレクト型保険」と呼ばれています。

インターネットが普及した現在では、多くのダイレクト型保険が販売されています。

事故の際も24時間365日電話で対応

代理店を通さず直接保険契約を行うため、代理店型で保険契約を行ってきた方にとっては、「万が一の時にちゃんと対応してもらえるのか不安」と思う方もいらっしゃるかと思います。

万が一の事故の場合でも365日24時間電話対応を行っており、保険会社専属のオペレーターが迅速・丁寧な電話対応で事故の際の対応をサポートしますので安心です。

代理店型より割安

メモを取る男性代理店型保険の場合、保険会社との契約の際に代理店を介して契約を行うため中間マージンが発生してしまいます。

ダイレクト型保険の場合、保険会社との直接契約を行うため中間マージンが発生しないため、代理店型保険と比較すると保険料が割安です。

手厚いロードサービス

ダイレクト型保険であるソニー損保の自動車保険は、代理店型保険と比較して保険料は安いですが、しっかりとしたロードサービスが用意されています。

事故だけでなく、出先での愛車のトラブルにも柔軟に対応してくれるので安心です。

全ての契約者に無料付帯

ロードサービスで有名なJAFの場合、年会費に4000円が必要です。ソニー損保の自動車保険の場合、保険加入者全員に無料付帯されます。

ロードサービスの内容

別途費用がかからないロードサービスですが、どの様な内容なのでしょうか?ソニー損保の自動車保険で提供されているロードサービスの内容をまとめてみました。

レッカーサポート 提携修理工場まで距離無制限で無料・契約者指定工場までは100㎞まで無料
応急作業サポート バッテリー上がり・キー閉じ込み・ガス欠時(10ℓ)・オイル漏れなどの対応
宿泊費サポート 車のトラブル時に帰宅出来ない場合、同乗者全員分の宿泊費全額支払い
ペット宿泊費サポート 車のトラブル時に帰宅出来ない場合、ペットホテル費用1万円まで支払い
帰宅費用サポート 現場からの帰宅に必要な交通費を全額支払い
レンタカー費用サポート 現場からの帰宅にレンタカーを使用する場合、24時間までの費用を支払い
修理後搬送サポート 修理後、修理工場から自宅まで無料で車を輸送

緊急サポートアプリ

スマートフォンを操作する男性事故が起きてしまった場合、必ずしも現現在地が明確にわかるとは限りません。旅行先や遠出の際は尚更現在地の説明は難しくなるでしょう。

オペレーターが対応しようにも、現在地がわからないと迅速な事故対応が出来ない恐れもあります。

ソニー損保が提供している「緊急サポートアプリ」があれば、事故の際に口頭で説明することなく現在地情報がソニー損保に送信されるため迅速な対応ができます。

また、トラブル時にロードサービスを利用した際の位置情報の送信や、ロードサービススタッフの位置を確認することも可能です。

豊富な割引サービス

保険料をなるべく安く抑えたいと思っている方も多いでしょう。ソニー損保の自動車保険には、さまざまな割引サービスが用意されています。適用条件があるので、しっかりチェックしておきましょう。

無事故割引

下記の条件を両方満たしている場合、2000円の割引が適用されます。

ソニー損保自動車保険の無事故割引適用条件
  • 保険期間が1年以上の前契約(他社含む)がある
  • 前契約(他社含む)の保険期間中に、3等級・1等級ダウン、等級据え置き事故がない

走る分だけ保険料

電卓と書類と虫眼鏡とボールペン車の利用頻度の少ないと、同時に事故の確率は低くなります。ソニー損保の自動車保険では、そういった部分に着目して年間の走行距離次第で保険料が安くなるサービスがあります。

契約時に、契約者側で予想年間走行距離を申告して適用されます。自家用車の場合、主に下記の7区分での申告です。

走るだけ保険料の7区分
  1. 3000㎞以下
  2. 5000㎞以下
  3. 7000㎞以下
  4. 9000㎞以下
  5. 11000㎞以下
  6. 16000㎞以下
  7. 無制限

申告した距離を越えてしまった場合は差額保険料を支払うことでしっかり補償されます。また、予想より走らなかった場合は翌年に繰り越されます。

その他の割引サービス

電卓と書類とボールペン紹介してきた割引サービス以外にも多くの割引サービスがあります。まとめてみましたので、チェックしておきましょう。

インターネット割引 インターネットからの申し込みで、新規10000円|継続2000円割引
運転限定割引 被保険者のみ7%|被保険者・配偶者6%|被保険者と家族1%の割引
ゴールド免許割引 保険開始日時点でゴールド免許の場合、12%割引
継続割引 継続契約手続き回数により、1回/1%|2回/1.5%|3回/2%|の割引が適用
新車割引 新車登録後、49ヶ月まで2~19%の割引が適用
ASV割引(自動ブレーキ割引) 自動ブレーキ搭載車で一定の条件を満たす場合、9%の割引が適用
電気自動車割引 一定の条件を満たした電気自動車の場合、1000円の割引が適用
証券ペーパーレス割引 保険証券を発行しない(ネット証券)の場合、500円の割引が適用
セカンドカー割引 2台以上の契約で且つ一定条件を満たすと、1つ上の等級で契約
マイページ新規申込割引 ソニー損保の医療保険などの契約者がマイページから申し込みの場合、1000円の割引が適用
継続時複数契約割引 自動車保険の継続契約手続きの際に、医療保険の契約があった場合、1000円の割引が適用

さまざまな特約

車による事故の補償だけではなく、日常生活の事故や、バイクによる事故の際の補償として、さまざまな特約が用意されています。

弁護士特約

厚い本を読む男性事故の規模によっては、死亡・後遺障害など示談に向けてトラブルになるケースも想定されます。

個人では対応しきれない法律の問題が起きた際には、弁護士に対応をお願いしなければならないケースもあるでしょう。そういった場合に弁護士特約を付けておくと、弁護士費用を補償してもらえます。

個人賠償特約

車での事故以外の、日常生活における事故で他人や他人の物を壊してしまった際の損害賠償を補償してくれる保険です。

例としては、自転車運転中に他人を怪我させてしまったり、お店の商品を誤って壊してしまった際の損害賠償を補償します。

 被保険者とその家族が補償対象なため、2台以上の自動車保険の契約がある場合、重複に注意しましょう。
個人賠償特約のポイント
  • 補償限度は1事故につき3億円まで
  • 個人賠償特約のみの使用時は自動車保険の等級は下がらない
  • 被保険者とその家族が補償大事
  • 家族間における損害は補償対象外

おりもて特約

おりもて特約とは車で外出時に、車を降りている間の事故で怪我や身の回りの物が壊れた場合の損害を補償する特約です。おりもて特約のポイントをまとめました。

おりもて特約のポイント
  • ケガの補償・身の回り品の補償の2つの構成に分かれる
  • ケガの補償は、本人型・夫婦型・家族型の3タイプから選ぶ
  • 身の回り品の補償は被保険者とその家族が補償対象
  • 特約を使用しても、自動車保険の等級は下がらない

ファミリーバイク特約

スクーターに座る女性ファミリーバイク特約とは、原付バイクでの事故の際に、自分のケガ・他人への賠償を補償する特約です。ファミリーバイク特約のポイントをまとめました。

ファミリーバイク特約のポイント
  • 借りた原付バイクの場合でも補償される
  • 自分の怪我の補償範囲により「自損障害型」・「人身傷害型」の2種類から選べる
  • 原付バイクのみのため、中型バイクなどは補償対象外
  • 特約を使用しても、自動車保険の等級は下がらない

ソニー損保の自動車保険のメリット

ここまで、ソニー損保の自動車保険の基本的なサービス内容を紹介してきました。では、その中でもメリットと言える部分にはどんなものがあるのでしょうか?

新規契約の場合は割安

ソニー損保の自動車保険はネットからの新規契約の場合、10000円の割引が適用されます。また、自動車保険の乗り換えの場合で前契約時に1年間事故が無かった場合、さらに2000円の割引も適用されるため割安な保険料で契約が可能です。

証券のペーパーレス割引も併用した場合、初年度で12500円の割引が適用されます。

迅速・丁寧な事故対応・顧客対応

握手する人達ソニー損保の自動車保険で最もメリットと言える部分は、自動車保険の事故対応・顧客対応の満足度で1位※1を獲得している、事故対応・顧客対応の質の高さの部分と言えるでしょう。

具体的な評価内容は、この後の「事故対応・顧客対応の関する口コミ・評価」の項目で触れていきます。

※1 価格.com

特約・ロードサービスの補償内容が豊富

豊富な特約に加え、無料付帯のロードサービスの質の高さも大きなメリットと言えるでしょう。

特に、ロードサービスは無料付帯と思えないほど、豊富な補償内容であらゆるトラブルの際に迅速・丁寧な対応が期待できます。

さまざまな契約者優待

ソニー損保の自動車保険契約者には、「ソニー損保クラブオフサービス」という、さまざまな優待サービスが付帯します。レンタカー利用・国内外のホテル・テーマパーク・レストランなどが優待価格で利用可能です。

ソニー損保の自動車保険のデメリット

頭を押さえる人メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。大きなデメリットはありませんが、チェックしておきましょう。

契約の継続時に保険料が値上がりするケースがある

メリットとして、新規契約時は割安になるという部分を挙げましたが、反対に継続契約の場合は値上がりする場合があります。

その理由としては、継続契約の場合は割引額が2000円のみとなってしまうためです。ただし、代わりに他の割引が適用されるケースもあるため、先ずは継続契約の内容を確認してから検討しましょう。

ネット契約のため、ネットに不慣れな人には分かりづらい部分も

ダイレクト型保険全般に言える事ですが、ネットでの契約が基本なため、ネットに不慣れな高齢者の方などには手続きがしにくい場合もあるでしょう。

見積もりに関しては電話対応が可能なので手続きが不安な場合は、一度電話から相談してみましょう。

ソニー損保の自動車保険の口コミ・評判

事故を起こして電話する女性ソニー損保の自動車保険のさまざまな特徴やメリット・デメリットを紹介してきました。ここからは、実際に契約をして保険を利用しているユーザーの口コミや評判を見てみましょう。

補償内容・特約に関する口コミ・評判

まずは、補償内容や特約に関する口コミ・評判をチェックしてみましょう。

補償内容・特約に関する口コミ・評判
  • インターネットで他社と比較して一番安い見積もりでしたが、弁護士特約もある上にロードサービスの補償内容も手厚く、走るだけの保険料で良いため継続して利用したい。(40代男性)
  • 弁護士特約が格安。ロードサービスも充実していて満足している。対人対物無制限で、おりもて特約など事故時に駆けつけてくれるサービスがあり、安心して加入できる。(50代男性)
  • 前契約の保険会社で付いていた補償をそのまま付けて、弁護士特約や個人賠償責任特約も付けましたが、前契約の補償内容と比べて、補償内容が変わらないのに保険料が安かった。(30代女性)

口コミや評判を見ると、特に弁護士特約・ロードサービスに対する満足度の高さが伺えます。メリットとして紹介した部分が高い評価を得ている様です。

保険料に関する口コミ・評判

ロードサービスや特約に関して高い評価を得ていましたが、それに対して保険料はどうなのでしょうか?保険料に関する口コミや評判をチェックしてみましょう。

保険料に関する口コミ・評判
  • 保険料は他社に比べると格別に安くなく、やや高め。しかし、必要な補償をカスタマイズできる範囲が広く、無駄な補償を外せる。総合的に見ると合理的な保険料がかけられる分、満足度は高い。(50代/男性)
  • 初めて加入した時はネット割りで安かったが、満期を迎えて更新した際に倍くらいの保険料になってしまった。それでも安い方だと思ったので更新しました。(60代/男性)
  • なるべく安く、何かあった時にすぐ対応してもらえる自動車保険が良いと思っていました。ロードサービスやインターネット割引、ゴールド免許割引などがあって自分の条件なら保険料が安くなるとわかって契約しました。(20代/女性)

保険料は他のダイレクト型保険と比較するとやや高めだという声があります。またデメリットで紹介した通り、2年目以降に保険料が高くなる傾向がある様です。

顧客対応に関する口コミ・評判

コールセンターの男性ソニー損保の自動車保険は顧客対応に対して高い評価を得ています。実際の評価はどうなのでしょうか?

顧客対応に関する口コミをチェックしてみましょう。

顧客対応に関する口コミ・評判
  • インターネットでの申し込みをする時に難しい単語などがあり、わかりにくく、サポートに電話して質問しました。とても親切に教えて頂き満足しています。(60代/男性)
  • コールセンターに問い合わせをしたら、受付終了ギリギリにも関わらず懇切丁寧な対応をしてくれて、とても助かりました。(50代/男性)
  • 顧客対応に関して、無理な勧誘も少なく対応が丁寧でわかりやすい。とても素晴らしいと評価しています。(30代/男性)

顧客対応に関して高く評価されているだけあり、良い口コミが非常に多くありました。デメリットで挙げた、インターネットに不慣れな方にも、電話対応で丁寧に説明してくれる様なので、安心して手続きができるでしょう。

事故対応に関する口コミ・評判

どんなに安くて補償内容が良くても、いざという時の対応がいい加減では保険の意味がありません。保険を選ぶ上で最も重要な事故対応に関する口コミ・評判の紹介です。

〇事故対応に関する口コミ・評判
  • 事故を起こした時に、こちらが困っている事を理解し、わかりやすく誠実な対応をしてくれて、とても満足しています。被害者にも誠実な対応をしてくれて、スムーズに事故処理ができて良かったです。(60代/男性)
  • パンクや故障でロードサービスを利用した際に、テキパキと修理業者さんやレッカーを手配してくれて助かりました。丁寧な言葉使いで対応してくれて、保険金の支払いも思ったより早かった。(50代/男性)
  • 初期対応では動揺している自分を落ち着かせる様な話し方で対応して貰えて、落ち着きを取り戻せました。電話対応のマナーが非常に良いと感じました。(50代/女性)

顧客対応に続き、事故対応でも非常に良い口コミが目立ちます。ソニー損保の自動車保険は、総合的な顧客への対応が、非常に高い水準にある事が伺えます。

ソニー損保の自動車保険の契約手順・流れ

パソコンを操作する人実際にソニー損保の自動車保険を契約したいと思って方のために、契約までの大まかな流れを解説していきます。

見積もりを依頼

見積もり方法には、ソニー損保公式サイト・一括見積もりサイト・電話見積もりの3種類があります。ご自身に合った方法で見積もりを依頼しましょう。

他社との比較をしたい場合、一括見積もりサイトから見積もりをすると比較しやすいでしょう。

2見積もり内容を確認

見積もりを確認し納得のいく内容であれば、標準プラン・安心プラン・もっと安心プランの3種類からご自身の予算や希望に合ったプランを決めます。

この際に、必要な補償や特約がある場合は忘れずに追加しておきましょう。

3申込情報を入力

プランが決定したら、必要情報を入力して申し込みに進みます。インターネットでの申し込みに不安のある方は、コールセンターに相談しましょう。

4最短で翌日から補償開始

申し込みが完了すると、最短で翌日から補償が開始できます。

まとめ

今回はソニー損保の自動車保険に関して解説してきました。

ソニー損保の大きな特徴として、特約・ロードサービスのコストパフォーマンスの高さ、そして事故対応も含めた顧客対応の質の高さが伺えました。

保険料に焦点を当てると、ダイレクト型保険が増えた現在では決して「保険料が安い」と言うほどではない様です。

しかし、総合的に見ると口コミ・評判にあった様に多少の料金の高さを補って余りあるサービスの質の高さがあると言えます。

自動車保険選びの際に、是非ソニー損保の自動車保険も検討してみてはいかがでしょうか?

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事