自動車査定 シミュレーション とは?

長年乗ってきた愛車を手放す際には、できるだけ高く買い取ってほしいと願う人は多いことでしょう。

大切な愛車を少しでも高額で売却するためには、いくつかの査定ポイントを知っておく必要があります。

この記事では、査定金額の決め方や自動車査定シミュレーションの利用方法、高く売るためのポイントなど詳しく解説します。

愛車の査定相場を知っておくのは重要なポイントです。

車の売却を決意している人や査定を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。
\シミュレーションする前に/

自動車一括査定&買取業者おすすめ比較一覧表

サービス名 提携買取業者数 査定料(税込)
公式サイト
カーセンサー 1000社以上 無料
Rakutencar 100社以上 無料
ズバット車買取 200社以上 無料
カービュー 200社以上 無料
ナビクル車査定 約50社 無料
\シミュレーションする前に/

自動車買取査定シミュレーションを利用する方法

自動車買取査定シミュレーションを利用する方法

シミュレーションの利用方法には、大きく以下3つが考えられます。それぞれどのような特徴があるか順に確認していきましょう。

中古車買取店やディーラーのウェブサイトの利用

中古車買取店やディーラーのウェブサイトの利用

大手の中古車買取店や、ディーラーのウェブサイトに必要な情報を入力してシミュレーションする方法です。

 実際に買い取った価格を実績として公開しているサイトもあるため、査定額の結果を比べながら売却検討ができます。

車の買い替えによる下取りを検討している人は、大手ディーラーのウェブサイトが便利です。必要な情報を入力するだけで買い取り価格や下取り価格を確認できます。

事前に査定額の大まかな見通しを立てることができるでしょう。
\シミュレーションする前に/

車の一括査定サイトの利用

一括サイトとは、複数の業者に同時に見積もりを依頼できるサイトです。

 複数の査定額を比較して高額で売却できる業者を選ぶことができるため、比較的高値で車を売ることができます。

一括サイトでは、複数の業者への査定依頼をまとめて代行してもらえるのも大きな特徴だと言えます。自分で見積もり依頼をする手間が省けるため、忙しい人でも使いやすいです。

\シミュレーションする前に/

第三者機関への依頼

JAAI 車買取査定

できるだけ正確に愛車の価値を知りたい場合は、第三者機関へ依頼する方法もあります。

例えば、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)では、適正な中古車を査定するよう基準を示し、全国各地にあるJAAIの事業者にて有料で査定依頼を受け付けています。

車本来の価値を知ることができるため、より正確な情報を求めている人はJAAIのような第三者機関を利用してみるのも一つの手です。

\シミュレーションする前に/

自動車査定シミュレーションを利用するメリット

自動車査定シミュレーションを利用するメリット

車を売却する前には、あらかじめインターネットサイトなどで査定額をシミュレーションしておきたい人も多いのではないでしょうか。

ここでは、自分で査定額をシミュレーションするメリットについてご紹介します。

事前に下取り価格を知ることができる

査定シミュレーションを利用すれば、売却前に下取り価格相場が分かります。

 シミュレーションをしないまま業者に持ち込んでしまうと、提示された価格が妥当な金額かどうかの判断が難しいです。

平均査定価格を知っておけば、実際に売却する際に業者の査定額が相場に合っているかを判断できるでしょう。

\シミュレーションする前に/

業者とのやり取りを介さず、手軽に査定できる

自動車査定シミュレーション 電話

査定シミュレーションを利用すれば、業者とのやり取りを介さず手軽に査定依頼できます。

業者に査定を依頼する場合は、買い取り業者の担当者とメールや電話のやり取りをするのが一般的です。単に査定額だけを知りたい方にとっては煩わしく感じるでしょう。

 シミュレーションを利用すれば、買い取り業者とのやり取りを介さずに査定額だけを知ることができます。

査定額の平均が知りたい方は、査定シミュレーションの利用がおすすめです。

\シミュレーションする前に/

自動車査定シミュレーションを利用するデメリット

自動車査定シミュレーションを利用するデメリット

自動車査定シミュレーションにはいくつかのメリットがありますが、実はメリットばかりではありません。以下、デメリットを2つ紹介します。

実際の査定額と異なる場合がある

1つ目のデメリットは実際の査定額と異なる場合があることです。シミュレーションでは、車種や走行距離などの簡易的な情報だけで査定額を算出します。

 細かいチェックを行うと、実際の査定額とは異なる場合があることを念頭に置いておく必要があります。

シミュレーションの結果はあくまでも目安のひとつだと考えておきましょう。

\シミュレーションする前に/

営業電話がかかってくる場合がある

営業電話 車買取

シミュレーションを利用する際には、電話番号などの個人情報を入力するのが一般的です。

電話番号の入力が必要なサイトでは、シミュレーション後に買い取り業者から電話がかかってくる可能性があります。

電話がしつこい会社は少ないですが、営業電話がかかってくるのを避けたい人は注意が必要です。
\シミュレーションする前に/

自動車の査定金額・相場はどうやって決まるの?

自動車の査定金額・相場はどうやって決まるの?

車の査定額は、さまざまな要素を複合的に判断して決まります。査定額を決める要因について、ひとつずつ解説していきます。

車種・グレード・年式

車種・グレード・年式

査定額には、車種・グレード・年式が大きな影響を与えると言われています。車種の新しさや人気の高さは査定額に直結しやすいです。

 新しい車種や人気の高い車種・グレードは高い金額がつきやすいため、高額査定を狙う場合はモデルチェンジ前の売却がおすすめです。

生産が終了した車種や絶版モデルは希少性が高く、プレミアがついて高額査定が期待できるケースもありますが、一般的には5年~10年を過ぎると査定額が下がる傾向があります。

\シミュレーションする前に/

走行距離・車のダメージ

自動車 走行距離・車のダメージ

走行距離や車のダメージも、査定額に大きな影響を与える要因のひとつだと言われています。走行距離が長い車は、それだけ使い込まれてパーツが消耗・劣化していると見なされます。

 10万kmを境に査定額は大幅に下落してする傾向があります。

外装の損傷や内装のダメージによっては修理費用に相当する額が引かれてしまいます。その結果、査定額が下がる要因となります。

 車内にタバコの臭いが染みついている場合は、マイナス評価となってしまうケースもあります。

エンジンや駆動部品など車両内部に損傷・劣化が見られる場合も、査定額が大きく減ってしまう可能性が高いでしょう。

\シミュレーションする前に/

オプションの有無

車の査定時には、オプションの有無も重要となります。評価額が高いのは純正品です。

 カスタムなどにより正規装備やオプションを取り外していると査定額が下がってしまいます。

正規装備品を手元に現物を残していれば査定時に提出してみると良いでしょう。

正規品以外のオプションを装備している場合は、査定を行う業者により評価が異なるため注意が必要です。
\シミュレーションする前に/

事故歴の有無

事故歴の有無 車買取

事故歴の有無も査定時に影響を与えることがあります。事故歴のチェックで重視されるのは、修復歴があるかどうかです。

 車の骨格部分に大きな損傷を受けて修復した形跡があると、査定額が0円になったり、廃車扱いにされたりするケースもあります。

業者によっては、査定額0円の自動車でも引き取りしてもらえる可能性があります。

事故歴があっても念のため査定額をシミュレーションしてみるのがおすすめです。
\シミュレーションする前に/

市場のトレンド

車の査定額は市場のトレンドによっても左右します。

例えば、普段使いからスポーツ・レジャーまで幅広く使うことができるSUVは査定額も高くなる傾向があります。

反対に、市場での人気が低い車は査定額が低くなりやすいです。売却の際は市場のトレンドもチェックしてみると良いでしょう。

\シミュレーションする前に/

車を高く売るために知っておきたい6つの査定ポイント

車を高く売るために知っておきたい6つの査定ポイント

思い出の詰まった大切な愛車を手放す以上、少しでも高く売却したいもの。ここではできるだけ高く車を売るために知っておきたい6つのポイントについて解説します。

車売却の時期を考える

車売却の時期を考える 車買取

車の買い取りは年中行っていますが、実は時期によって査定価格が異なる場合があります。

 年間を通して最も高価格で売れるのは、ボーナスや会社の決算期にあたる1~3月や9~10月だと言われています。

これらの時期には車の需要も高まるため、ほかの時期に比べると高い値段がつきやすいでしょう。

走行距離の長さや年式・モデルの古さによって車の価値は下がってしまうため、必ずしも1~3月や9~10月がベストだとは限りません。

例えば、1月まで売却を待つことで走行距離が10万kmを超えてしまったり、新しいモデルが発売されたりする場合には、1月を待たずに売却した方が高く売れる可能性もあります。

ボーナスや決算期を待つべきかどうかは、年式や走行距離によって考えることがポイントです。

走行距離を意識する

走行距離が長くなればなるほど査定額が低くなる傾向にあります。将来的に売却を考えている場合は日頃から走行距離を意識しておくと良いでしょう。

 一般的に10万kmを超えるとパーツが消耗・劣化により査定額が大幅に下がると言われています。

売却のタイミングを考えている人は10万kmを超える前に決断するのがおすすめです。

査定前に洗車・掃除を行う

査定前に洗車・掃除 車買取

査定前に洗車や車内の掃除をしておくことで、査定時の印象が良くなり査定額に良い影響を与える可能性があります。

清掃業者に依頼するなど高い費用を投じる必要はありません。しかし簡易的に掃除をしておくだけでも査定額がアップする可能性があるため、やっておいて損はないでしょう。

タバコ・ペット・食べ物の臭いを消す

車内のニオイを消しておくことも、車をできるだけ高く売るための重要なポイントです。

 車内にタバコやペット、食べ物のニオイが残っていると、それだけで査定額が下がってしまう可能性があります。

中古車の販売では「喫煙車」「非喫煙車」の区分に分けて販売をするほどタバコのニオイに敏感です。臭いに関しては、日頃から意識しておくのが望ましいです。

傷や凹みがあっても自分で修理しない

傷や凹み 車買取

車体の傷や凹みは修理してから査定に出した方が良いというイメージがあるかもしれませんが、基本的には修理する必要はありません

傷や凹みの修理には高額な修理費が必要となります。修理をしたことで査定額が上がったとしても、修理費分をまかなうほどの金額アップは期待できません。

 高額な費用を払って自分で修理をしたとしても、結果的には損失を出すことになってしまう可能性があります。

自分で修理費を出したくなる傷や凹みがあっても、無理に修理せずにそのまま売却するようにしましょう。

改造した部分は純正のものに戻す

自分で改造したパーツや社外品のオーディオなどは、売却前に純正のものに戻しておくことがポイントです。

 車の査定時に最も高く評価されるのは純正品です。少しでも高く売却したい場合は純正に近い状態へと戻しておきましょう。

中には純正品が手元に残っていない、カスタムパーツの金額が高額だという場合もあるでしょう。

そのような場合は、カスタムカーの専門店や改造車のニーズがある買い取り業者などに依頼するのも選択肢に入れておきましょう。

自動車買取・査定サービスおすすめ業者5選!

カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのおすすめポイント
  • 最大30社まで一括査定ができる
  • 10項目を入力するだけで簡単に査定申し込みができる
  • 同時査定により比較がしやすい

\愛車を最高額で売るなら/

カーセンサーはリクルートグループが運営している車一括査定サイトです。最大30社まで同時に一括査定が申し込みできます。

カーセンサーでは、10項目入力だけで簡単に査定依頼が行えます。1社1社申し込みする手間が省けるため、忙しい方でも利用しやすいサイトです。

同時査定により査定額を比較しやすい点がカーセンサーのメリットですね。

カーセンサーの見積もり査定・シミュレーションについて

カーセンサー

カーセンサーの査定シミュレーションでは、最大30社に一括査定依頼できるのが大きな特徴です。

 一括査定することでより高い査定額で売却できるようになりますし、多くの店舗に査定依頼して比較できます。同時査定なので比較しやすいですし、簡単に最高売却査定を調べられるでしょう。

査定依頼は「メーカー・車種・グレード」「年式」「走行距離」「車の状態」「個人情報」の簡単な情報を入力すれば、誰でも査定申し込みができます。

90秒程度で入力できる内容なので、忙しくて時間がない方でも利用しやすいですよ。

カーセンサーの基本情報

会社名 株式会社リクルートカーセンサー
所在地 東京都台東区上野1-19-10 上野広小路会館ビル10F
ネット見積もり対応
アプリ対応

https://kaitori.carsensor.net/

\愛車を最高額で売るなら/

楽天カーサービス

楽天カーサービス

楽天カーサービスのおすすめポイント
  • 査定依頼をすると全員に楽天5ポイントが付与される
  • 売却・成約時には楽天1,500ポイントが付与される
  • 査定依頼と同時に買取相場が分かる
\ご成約で楽天ポイントもらえる/

楽天カーサービスは、提携先会社数が100以上ある自動車買取一括査定サイトです。完全無料で利用でき、成約時には1,500楽天ポイントがもらえます。

査定依頼をするとすぐにメールもしくは電話で連絡を受け取れます。査定依頼するだけでも楽天ポイントをもらえます。

まずは気軽に利用してみるのも良いでしょう。

楽天カーサービスの見積もり査定・シミュレーションについて

楽天

楽天カーサービスでは最大10社に一括査定が依頼できます。買取相場がすぐにわかりますし、より高額で車が売却できるようになるでしょう。

楽天カーサービスの査定シミュレーションを利用する際は、まずパソコンやスマホから申し込みします。60秒ほどの質問に答えるだけなので、忙しい方でも少しの隙間時間に依頼できるでしょう。

申し込みしたら楽天カーサービス加盟の車買取店から、メールもしくは電話で連絡が届きます。

 楽天カーサービスの大きな特徴は、売却の成約申請をしたらポイントがゲットできることです。

1,500ポイントもゲットできるので、もっとお得に車を売却したい方にもぴったりだと言えるでしょう。

よく楽天加盟店や、楽天市場を利用している方に方におすすめです。

楽天カーサービスの基本情報

会社名 楽天株式会社
所在地 東京都世田谷区玉川1-14-1
ネット見積もり対応
アプリ対応 ×

https://car.rakuten.co.jp/

\ご成約で楽天ポイントもらえる/

ズバット車買取

ズバット車買取

ズバット車買取のおすすめポイント
  • 利用者数200万人を突破した自動車一括査定サイト
  • 最大10社同時査定依頼
  • 安心のサポート体制
\最高買取価格がすぐわかる/

ズバット車買取は利用者数200万人を突破した自動車一括査定サイトです。公式サイト参照利用者数が多い分、初めて一括査定依頼を行う方でも利用しやすいサイトだと言えるでしょう。

 ズバット車買取なら、全国200社以上の提携業社から最大10社同時に査定依頼が出せます。

サイトの使い方がわからない方向けにカスタマーサポートも用意されているため、初めての方でも問題なく利用できるでしょう。

ズバット車買取の見積もり査定・シミュレーションについて

ズバッと買取査定

ズバット車買取では最短32秒の質問に答えるだけで、最大10社に一括査定が依頼できます。

質問はメーカー名、車種名、年式、走行距離、郵便番号を記載するだけなので、特別調査が必要な項目もありません。

 ズバット車買取では大手有名企業から地域密着型の業者まで、286社の買取業者が参加しているのが特徴です。

286社の中の気になる企業からより高い金額で売却できる業者が探せるので、「高く売却したい」「すぐに車を手放したい」と思っている方におすすめです。

日本全国どこからでも手軽に一括査定が依頼できますし、依頼できる車買取業者の数も多いので、高額売却が期待できるでしょう。

ズバット車買取の基本情報

会社名 株式会社ウェブクルー
所在地 東京都世田谷区三軒茶屋二丁目11番22号サンタワーズセンタービル4F
ネット見積もり対応
アプリ対応 ×

https://www.zba.jp/car-kaitori/

\最高買取価格がすぐわかる/

カービュー

カービュー

カービューのおすすめポイント
  • 最大8社に一括査定ができる
  • 45秒で簡単に査定申し込みができる
  • 利用者数450万人を突破

\最大8社に査定依頼/

カービューは利用者数450万人を突破した自動車一括査定サイトです。最大8社への査定依頼が45秒の情報入力で行えます。公式サイト参照

公式サイトには自動車買取に関するコラムが多数掲載されています。初めて車を売却する方にとっては、参考になる情報が満載です。

カービューの見積もり査定・シミュレーションについて

カービュー

カービューでは45秒程度の入力だけで、最大8社に比較見積もりが依頼できます。

 カービューの大きな特徴は査定提携業者が300社以上揃っていることです。全国の買取ネットワークを駆使して、より高額な査定額を調べてくれるでしょう。

見積もり依頼はメーカー、モデル、年式、走行距離を入力し、個人情報を入力するだけで申し込めます。

カービューでは公式ホームページに3社の査定額を比較するだけで、平均16.6万円の差が出ると記載されています。

※公式サイトより

8社の中から売却価格が比較できるので、より高く売却できる可能性は高いでしょう。

大手企業に買い取ってもらいたい」「地方に住んでいるけど、高く買い取ってもらいたい」と思っている方におすすめです。

カービューの基本情報

会社名 株式会社カービュー
所在地 東京都千代田区紀尾井町1番3号 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー22階
ネット見積もり対応
アプリ対応 ×

https://carview.yahoo.co.jp/

\最大8社に査定依頼/

ナビクル車査定

ナビクル車査定

ナビクル車査定のおすすめポイント
  • 累計利用者数が460万人
  • 97.7%が1ヶ月以内に車売却を完了公式サイト参照
  • 最大10社に査定依頼が出せる

\最高額で売るなら/

ナビクルは累計利用者数が460万人の自動車査定サイトです。ナビクル一括査定サイトでは査定額が平均17万円アップしたというデータがあります。公式サイト参照

 ナビクル車査定では、利用した方の97.7%が1ヶ月以内に車を売却できたというデータがあります。

自動車の売却に時間がかかってしまう事例は少なくないため、短期間で売却できる点は大きなメリットだと言えるでしょう。

ナビクル車査定の見積もり査定・シミュレーションについて

ナビクル車査定

ナビクル車査定では45秒程度の情報を入力するだけで、最大10社の価格を比較できます。

申し込んだらすぐに相場額をお知らせしてくれますし、最新の相場もウェブでチェックできます。

 車をより高く売却する際は、相場を知ることが大切です。ナビクル車査定では査定依頼だけではなく相場も無料でチェックできるので、より高い金額で売却できる可能性が高まります。

ナビクル車査定と提携している業者は有名な企業が多いですし、安心して査定依頼を申し込めるのも特徴です。

「早く車を売却したい」「安心できる査定サイトに見積もりを依頼したい」と思っている方におすすめです。

ナビクル車査定の基本情報

会社名 株式会社エイチームライフスタイル
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F
ネット見積もり対応
アプリ対応 ×

https://www.navikuru.jp/souba/

\最高額で売るなら/

車査定シミュレーションに関するよくある質問

シミュレーションをするのにおすすめな査定サイトは?

おすすめは「カーセンサー」です。

最大30社まで同時査定できて比較しやすいですし、10項目入力するだけで簡単に申し込みできるので、利用しやすいですよ。

自動車買取査定シミュレーションはどうやって利用するの?

査定シミュレーションの利用方法は、中古車買取店やディーラーのウェブサイトから、車の一括査定サイトから、第三者機関への依頼からの3つがあります。
査定シミュレーションのメリットは?

査定シミュレーションを利用することでいくつかのメリットが得られるのですが、一番のメリットは事前に下取り価格が調べられることでしょう。

実際に業者に売却を依頼したときの相場も確かめられるので、有利に契約を進められる可能性も高まります。

査定シミュレーションを利用することで注意するべきポイントは?

査定シミュレーションを利用する場合は実際の査定額と異なる場合があることを理解しておきましょう。

あくまでシミュレーションでは簡易的な情報しか入力していないので、実際に車の状態を見た上での査定と異なることがあるのです。

少しでも高く車を売却するためにはどうすればいいの?

少しでも高く車を売却する上で行動しやすいのが、車内や外見をきれいにしておくことです。

車の中を掃除したり、洗車などで外見をきれいにしておくことで査定額が上がる可能性が高いです。

相場よりも低い査定額を出されたらどうすればいいの?

相場よりあまりにも低い査定額を出された場合は、他の業者に依頼したほうがいいです。

査定額が低い理由を明確に説明してくれるところならまだ良いですが、曖昧な理由や、それっぽい理由をつけてくる業者は注意した方が良いでしょう。

車の売却相場はどうやって決まるの?
車の売却相場は基本的に車種や年式、走行距離、オプションの有無、事故歴、トレンドなどで変わってきます。

まとめ

今回は自動車買取シミュレーションについて詳しく解説しました。自動車買取シミュレーションを利用すれば、査定依頼前に愛車の買取相場を知ることができます。

買取業社の中には相場よりも低い査定額を出す会社もあり、適正価格で売却するためにはシミュレーションの利用が必須だと言えます。

車買取シミュレーションを利用する際は、個人情報を入力することが多いです。自動車買取会社から電話がかかってくる場合もあります。

電話なしを希望する場合は、車査定会社の公式ページなどで車種・グレードごとの買取相場を参考にすると良いでしょう。

\愛車を最高額で売るなら/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事