低金利でおすすめなマイカーローン5選|選び方や計算方法も紹介!

自動車を購入するにあたって自己資金だけでは不十分という方はいませんか。もしそうであれば、マイカーローンを組んで後日返済する方法があります。

ローンを比較するにあたって、金利は重要なひとつのポイントです。低金利なら利息の支払額を少なくでき、返済の負担が軽くなります。

そこで今回は、低金利のおすすめマイカーローンを5選ピックアップしてみました。ローンを組もうと思っているものの、どこを利用すればよいか迷っているならぜひとも参考にしてみてください。

選び方や金利の計算方法なども解説しているので、マイカーローンを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

【低金利】おすすめマイカーローン5選

まずは低金利で評判のマイカーローンを、5つピックアップしてみました。それぞれどのような特徴があるかについて、くわしくご紹介しましょう。

三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン

三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン

おすすめポイント
  • 繰り上げ返済手数料・保証料無料
  • 事前審査は最短翌日

 

金利含めてコストをできるだけ少なくしたいと思っているのであれば、三菱UFJのネットDEマイカーローンがおすすめです。金利が低いだけでなく、繰り上げ返済手数料のかからないところが魅力です。

繰り上げ返済をするときに無駄なコストがかからないので、資金に余裕のあるときには少しずつ返済に回せるでしょう。

 キャンペーン金利を利用すればさらにお得になります。

ネットDEマイカーローンでは、キャンペーンで優遇金利の適用される場合があります。

従来は2.975%です。例えば2021年5月21日~10月31日の申し込みで、2022年1月31日までに借入すれば、1.70~2.45%の優遇金利が適用されます。

3年間は利息の支払いのみという、据置タイプもラインナップされています。幅広い返済計画が立てられるのはいいですね。
実質年率 2.975%
金利タイプ 変動
借入可能額 50万円~1,000万円
担保や保証人、保証料の必要性 担保:不要
保証人:不要
保証料:不要
審査回答まで時間 申込日の2日後
返済期間 6か月~120か月

出典:https://www.bk.mufg.jp/kariru/mycar/

横浜銀行マイカーローン

横浜銀行マイカーローン

おすすめポイント
  • シンプルでわかりやすい商品
  • 急ぎの融資にも柔軟に対応

 

横浜銀行マイカーローンは、シンプルなデザイン設計が魅力です。シンプルなので商品内容がわかりやすいと評判です。

新車や中古車・幅広い車種の融資にも対応しています。車種によって金利が変わるようなこともなく一律で、明朗会計です。

 仮審査の結果は最短翌日に出るので、スピーディな借り入れも期待できます。なお、金利は0.9~2.4%です。

横浜銀行マイカーローンは、金利が0.9~2.4%と低金利です。しかも保証料もゼロ円のためコストのことを考えると有利な条件で借入できます。

ちなみにどの利率が適用されるかは、本審査の結果次第なので頭に入れておきましょう。

比較サイトイーローンのマイカーローンランキングで2020年総合1位を獲得したのも、これだけの低金利なら納得ですね。
実質年率 0.900~2.400%
金利タイプ 変動
借入可能額 10万円~1,000万円
担保や保証人、保証料の必要性 担保:不要
保証人:不要
保証料:不要
審査回答まで時間 最短翌日
返済期間 12か月~120か月

出典:https://www.boy.co.jp/kojin/mycar-loan/

りそなマイカーローン

りそなマイカーローン

おすすめポイント
  • 購入する前から仮審査の申し込みが可能
  • ネット完結の簡単手続き

 

りそなマイカーローンは、ネットで仮審査から契約完了までの手続きが完結します。24時間・年中無休でいつでも受け付けているので、自分のタイミングで申し込みできます。

またまだ車購入の契約を交わしていない段階で、仮審査の申し込みが可能です。購入前に仮審査通過していれば、いざ売買契約の段階で融資が受けられないといった事態も回避できます。

 1.900%・2.800%・4.475%の3つのうち、いずれかが適用されます。

りそなマイカーローンは3つの金利のうち、いずれかが適用されます。どれが採用されるかは審査結果次第です。あらかじめ具体的な利率がわかるので、借入する前から返済のシミュレーションもできます

りそなの住宅ローンを組んでいる人は、1.900%が適用されます。住宅ローン返済中でマイカーの借入も検討しているなら、セットがおすすめです。
実質年率 1.900%・2.800%・4.475%のいずれか
金利タイプ 変動
借入可能額 10万円~500万円
担保や保証人、保証料の必要性 担保:不要
保証人:不要
保証料:不要
審査回答まで時間 申込日の2日後
返済期間 12か月~120か月

出典:https://www.resonabank.co.jp/kojin/mycar/

ジャパンダ・ネットマイカーローン

ジャパンダ・ネットマイカーローン

おすすめポイント
  • 口座開設なしでも申し込み可
  • Webの申し込みに対応

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンは、損保ジャパンの提供する商品。銀行の自動車ローンは口座のあることが条件なところが多い中、口座開設なしで申し込みできるのがおすすめポイントです。

口座開設手続きに時間がかかるので、口座の有無関係なくすぐに申し込みできるのは早くローンを組みたい人にはメリットのはずです。

 固定金利の契約時点で返済金額が決まります。

ジャパンダのカーローンは、固定金利が採用されています。つまり契約の段階で月々の返済金額が決まり、変更はありません。計画性のある返済を希望している人は満足度が高いでしょう。

Web申し込みに対応しているため、いつでもどこからでも来店することなく申し込めるのは、普段忙しい人には魅力ですね。
実質年率 1.900~2.950%
金利タイプ 固定
借入可能額 20万円~1,000万円
担保や保証人、保証料の必要性 担保:不要
保証人:不要
保証料:不要
審査回答まで時間 最短申し込み日当日
返済期間 6か月~120か月

出典:https://www.sompo-japan.jp/webloan/

京銀マイカーローン

京銀マイカーローン

おすすめポイント
  • 固定金利と変動金利を自由に選択可能
  • 返済時ネットバンキングを活用できる

 

京銀マイカーローンは固定金利と、変動金利の両方ラインナップされているのが特徴です。お客さん自身が任意で選べるのもおすすめポイントです。

また、ネットバンキングをもっている場合は繰り上げ返済もネットで手続きできます。つまり来店する必要がないので、手軽に繰り上げ返済もできるわけです。

 完済する前の段階で所有者はお客さん名義になります。

通常ローンを組んでいる間は、ローン会社もしくはディーラーの名義になります。しかし京銀マイカーローンの場合、購入した段階で所有名義もお客さん自身なのでディーラーやローン会社の了解なくいつでも自由に車売却もできます。

車を購入する前でも審査を受けられるのはありがたいです。車を決めてから融資が受けられるか、ハラハラする必要もありません。
実質年率 2.550~2.800%
金利タイプ 変動・固定
借入可能額 10万円~1,000万円
担保や保証人、保証料の必要性 担保:不要
保証人:不要
保証料:不要
審査回答まで時間 申込日の2日後
返済期間 6か月~120か月

出典:https://www.kyotobank.co.jp/kojin/loan/car/

【金利比較】おすすめマイカーローンランキング

【金利比較】おすすめマイカーローンランキング
おすすめのマイカーローンについてみてきたところで、低金利のローンをランキング形式でみていきます。金利で比較すると、5つのおすすめ商品は以下のようになります。

商品名 金利
三菱UFJ銀行ネットDEマイカーローン 2.975%
横浜銀行
マイカーローン
0.900~2.400%
りそなマイカーローン 1.900~4.475%
ジャパンダ・ネット
マイカーローン
1.900~2.950%
京銀マイカーローン 2.550~2.800%

金利に幅のある商品もみられます。その場合上限金利で比較をして、ランキングをしていますのであらかじめご了承ください。

※ランキングは、本記事で紹介しているマイカーローンの上限金利を比較して作成しています。また、2021年10月時点の情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。

1横浜銀行マイカーローン

横浜銀行マイカーローン

おすすめポイント
  • シンプルでわかりやすい商品
  • 急ぎの融資にも柔軟に対応

 

横浜銀行のマイカーローンは上限金利でも2021年10月時点で、2.4%というのは全体的にみても低金利です。新車だけでなく、中古車を購入する際にも融資を受けられます。そして中古車であっても、0.9~2.4%の範囲で借入できます。

ほかの商品と比較しても低金利なので、借り換えで利用するのも一考です。今のローンの返済が厳しければ、横浜銀行のものに借り換えると負担が軽減できるかもしれません。

2京銀マイカーローン

京銀マイカーローン

おすすめポイント
  • 固定金利と変動金利を自由に選択可能
  • 返済時ネットバンキングを活用できる

 

京銀マイカーローンも上限で2.800%と比較的に低金利です。固定金利の借入期間5~10年だった場合に適用されます。

固定金利と変動金利両方の用意されているのが、このローンの特徴です。変動金利は2.675%で固定金利が3年以内は2.550%・3~5年で2.650%です。

迷ったら、借入期間でどれにするか決めるとよいでしょう。5年以内に完済できるのであれば、変動よりも固定金利を選択したほうが利率も低くできます。

3ジャパンダ・ネットマイカーローン

ジャパンダ・ネットマイカーローン

おすすめポイント
  • 口座開設なしでも申し込み可
  • Webの申し込みに対応

 

ジャパンダのローンも上限金利で2.95%が上限と、低金利商品といえるでしょう。しかも見逃せないのは固定金利である点です。

変動金利の場合、当初は低くても今後の景気動向によっては利率が上がるかもしれません。しかしジャパンダの場合、固定なのでこれから金利が上がる心配もありません

最初の段階で月々とトータルの支払額をはっきりさせたいという人にはおすすめ。この利率には保証料もすべて含まれているので追加費用も発生しません。

低金利マイカーローンの選び方

低金利マイカーローンの選び方
低金利のローンで借入するために、いくつか選び方のポイントがあります。そのなかでも押さえておいてほしいポイントについて、以下で解説していきます。

これから申し込もうと思っている人は、ぜひとも参考にしてください。

上限金利で比較する

ここで紹介したおすすめ商品においてもそうですが、○○~○○%といったように金利に一定の幅があります。どの金利が適用されるかは、審査次第です。

 返済計画を立てる際には、下限ではなく上限金利でシミュレーションしましょう。下限で計算するとそれよりも高い利率になった場合、返済プランがくるってしまうからです。

上限金利でシミュレーションすれば、実際の返済額は少なくなっても多くはなりません。無理のない返済計画が立てられるでしょう。

Web申し込みできるか?

低金利マイカーローンの選び方
銀行は平日に日中しかオープンしていません。仕事をしていると、なかなか営業時間内に銀行に足を運べない人もいるでしょう。そのような人のために、Web申し込みできるローン商品も増えています。

 ネット申し込みなら24時間・365日いつでも手続きできるため、忙しい人でもすぐに申し込めます。

ただし申込はネットで出来ても、契約は店に行かないといけない場合もあるので注意してください。

来店不要のローンを探しているなら、ネットで契約まで完結できるかどうか確認しましょう。

繰り上げ手数料無料のところを選ぶ

低金利マイカーローンの選び方
資金的に余裕があれば、繰り上げ返済をすれば返済期間の短縮化が図れます。その分利息の支払いもセーブできるので、結局お得です。

しかし繰り上げ返済する際に、手数料を支払わないといけないところもあります。一方手数料無料なら、少しお金に余裕のある時でもこまめにコストを気にせずに返済できます。

 なかには1回繰り上げ返済するたびに、手数料が何千円もかかるところもあります。

マメな返済を希望するなら、繰り上げ返済手数料も要チェックでしょう。

マイカーローンの金利とは?

ここでも紹介したように、マイカーローンの金利には固定と変動の2種類があります。それぞれどのような金利なのか、ここで詳しくみていきましょう。

固定金利

マイカーローンの金利とは?
固定金利とは、返済期間中利率を一切変えないというタイプの金利です。景気状況が今後どのように変わっても、利率はそのままです。

 景気がよくなると、金利は一般的には引き上げられます。たとえ好景気が今後続いても、利息の支払い負担が増える心配はありません。

しかしマーケットの金利相場が低くなった場合でも利率はそのまま、金利引き下げはない点にも注意です。最初から決められた利率で、返済したいと思っている人におすすめです。

変動金利

マイカーローンの金利とは?
変動金利はその時々の市場の状況に応じて、定期的に利率の見なおしがなされます。契約当初は固定金利よりも低率です。

 しかしもし景気がよくなり金利も引き上げられると、同じ時期の固定金利よりも高率になる恐れもあります。

一方不景気で金利が引き下げられれば、当初よりも利率がさらに低くなる可能性も出ていきます。長期的な借り入れの場合、今後どう市場動向が展開するか予測するのは難しいのです。

短期の借入なら変動を、長期の借入なら固定金利を選択するのが無難といえます。

マイカーローンの計算方法

マイカーローンの計算方法として、元利均等と元金均等の2種類があります。それぞれどのような方法なのかについて、詳しくみていきましょう。

元利均等返済

マイカーローンの計算方法
元利均等方式とは月々の支払額は一定なのが特徴です。ただしその内訳が異なります。

元金返済と利息の支払いの両方が含まれます。最初のうちは利息の支払いの占める割合が多く、返済を繰り返すうちに元金返済の割合が徐々に増していく形です。

元金均等返済

マイカーローンの計算方法
元金均等方式とは、毎月の元金支払額を一定にする手法です。そこにその時々の残債に合わせた利息が乗る形になります。

 「均等」とは書かれていますが、月々の支払いは異なります。最初のうちは残債も大きいので利息額も多く、支払額が高いのです。

返済を繰り返していくうちに元金が減っていきます。利息の支払額も少なくなるので、月々の支払額も減少していきます。毎月元金が一定ペースで減っていくため、元利均等よりも返済期間は短いのです。

ただし最初のうちに支払額が大きいので返済できるか、慎重に考えたほうがよいでしょう。

実際の計算はシミュレーションを利用するのがおすすめ

マイカーローンの計算方法
利息はその時々の残債に対して計算しなければならないので、自分で月々の支払額などを計算するのは面倒です。

マイカーローンを提供している業者や、ポータルサイトなどにはシミュレーションが用意されているので、希望借入額や金利・返済期間などを入力すれば、自動的に計算してくれます。

条件を入力すれば、月々の支払額や総返済額がすぐに算出されます。自分で計算する手間が省けるので返済計画を検討する際に活用するとよいでしょう。

本記事でも、マイカーローンを紹介しています。各公式サイトでシミュレーションなどをしてみましょう。

よくある質問

実質金利と書かれているのですがこれはなんでしょうか?
ローンを組むにあたって生じるコストを含めた、利率のことです。
ローンを組む際には事務手数料や保証料などが発生します。しかし実質金利で表示されていれば、追加費用を気にする必要がありません。
金利に幅があるのはなぜですか?
申し込み者の返済能力をはじめとして、信用力で使いわけているからです。どの金利が適用されるかは、審査の結果で個々に判断されます。
優遇金利とはなんですか?
Webサイトや店頭で表示されている金利よりも、低い利率で借り入れできることです。
公共料金の引き落とし口座に利用されている、住宅ローンを組んでいるなど一定の条件を満たすと適用されます。
繰り上げ返済とはなんですか?
通常ローンの支払いは毎月決まった日付で返済をします。
しかし資金的に余裕があって、決められた期日以外に支払いして完済までの期間を短縮化できます。繰り上げ返済は、自分の好きなタイミングで支払いできます。
低金利のローンがやはりおすすめですか?
低金利の方が返済負担も軽減されるので、後々支払いが楽になります。
利息の支払いは残債に利率を掛けて算出されます。金利が低ければ、同じ残金でも利息が少なくて済むわけです。
上限金利で比較するのはなぜですか?

金利は審査の結果次第で個別に決められます。下限金利が採用される保障はありません。

一方どんなに高くても上限金利が適用されます。つまりそのローンで最も返済負担が大きかった場合の想定ができるわけです。

変動金利と固定金利どちらがよいのですか?
10年近い長期借入なら固定、短期間の借入なら変動がよいでしょう。短期間で経済情勢が大きく変わって、大幅に金利が引き上げられる可能性は低いからです。

まとめ

今では多種多様なマイカーローンが出ています。選び方のポイントはいくつかありますが、金利は無視できないポイントといえます。

後々の返済不安を考えると、やはり少しでも金利の低い商品に申し込むべきだと言えるかもしれません。そうすれば後々になって返済がうまくいかず、家計のやりくりに悩まされる心配も少なくなるでしょう。

今回紹介したローン商品は、いずれもマイカーローンのなかでは低金利の部類に入ります。マイカーローンを検討している方は、ぜひ気になる公式サイトを見てみましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事