中古車を売りたい!売り方や高く売るコツ・注意点を解説

「中古車を売りたいけどどこで依頼すればいい?」「査定額を少しでも上げるにはどうすればいい?」と、お悩みの方は多いのではないでしょうか。

この記事でわかること
  • 車を売る4つの方法
  • おすすめ一括査定サイト
  • 査定時のチェックポイント
  • 査定額をアップするコツ

そこでこの記事では、車を売る方法や査定額をアップするコツ、おすすめの一括査定サイトについて詳しく解説していきます。

愛車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
\ネットで簡単査定!/

車を売りたい!中古車を売却する4つの方法

ディーラーへ下取りに出す

新しく車を購入する時に、現在所有している車も同時に引き取ってもらうことを「下取り」といいます。通常は新しい車の購入費用から、売りたい車の下取り価格を値引きした金額で取引されます。

 なお、ディーラーで下取りをしてもらった場合、車買取業者の買取価格と比較して「安くなる」傾向にあり、中には10万円以上もの違いが出ることもあるようです。

ディーラーで下取りを受けると車の売却と購入を同じ業者で行えるので、手続きがスムーズに完了できるのがメリットでしょう。

なるべく手間をかけずに車を売りたい人は下取りを検討するのも一つの手ですね。

車買取業者に依頼

車査定業者に依頼

車の買取を専門に行っている業者に直接査定・売却を依頼するといった方法もあります。

 この方法は、ディーラーで下取りを依頼するよりも高い価格で買い取ってもらうことも十分期待できる方法です。

複数の業者に依頼をする・1社に絞って依頼をするどちらもできますが、早く車を売却したいのであれば最初から1社に絞って依頼するのがいいでしょう。

オークションに出品

中古車をオークションに出品して売るという方法もあります。

 しかし、中古車を売買する資格を持っていないと参加できないため、個人で中古車をオークションに出す場合には「オークション代行」を依頼するのが一般的です。

オークション形式なら、欲しい人たちに競わせる事で査定額アップを狙えますが、手続きに手間がかかるという面もあります。

\ネットで簡単査定!/

個人間売買

中古車を個人間で取引する方法もあります。取引に業者が入らないので手数料などが入らないのが特徴です。

 手数料や消費税を抑えることで結果的に相場よりも得をすることも十分期待できます。

ただし個人間での取引にはトラブルのリスクがあることと、手続き自体に手間がかかるといったデメリットもあるので、車の取引に慣れていない人はあまりおすすめできない方法です。

中古車を高く売りたいなら一括査定がおすすめ!

車の一括査定がおすすめ

一括査定の方が高く売れる可能性がある

中古車を売る際におすすめなのは、複数の業者に一度に査定をを受ける「一括査定」です。

 複数の業者に査定額を競争させることにも繋がるので、売り手側はその中で一番高い査定額を提案できた業者を吟味することができます。

車種や車の状態など様々な要因があって一概には言えませんが、ディーラーで下取りを依頼するよりも10万円以上の価格差が出ることもあります。

\ネットで簡単査定!/

一度に複数の査定依頼ができる

一括査定のおすすめできるポイントは、一度に複数の買取業者に依頼をするので、1社ずつ査定を依頼するよりもスムーズに進む点も挙げられます。

 なお複数の業者に一括査定を利用すると、当然複数の業者から電話などの連絡が来ますが、業者を1社ずつ探す手間はなくなる点がメリットでしょう。

さらに査定に必要な情報の入力も1度だけで済むので、自力で複数の業者で相見積もりを依頼するよりは圧倒的に手間が間武家ます。

また業者から連絡をもらった際には実車の査定日時を調整するだけで済むのもいいですね。

無料で出張査定をしてくれる業者が多い

無料で出張査定

全ての業者ではないですが、買取業者の中には出張査定を無料で行っているところもあります。

 そのため、売りたい側は時間や交通費といったコストをかけずに実車の査定を依頼できる点もメリットでしょう。

複数の業者で実車の査定を依頼する場合は日時と一緒にするorタイミングを少しずらすといった方法を選べます。

なおディーラーで下取りを依頼する場合は、自分で車を店舗まで持ち込む必要がありますが、車買取業者の無料出張サービスを利用すればこれらの手間が発生しません

車買取業者を利用することは、ディーラーで下取りを依頼するよりも査定額以外だけでなく手間といった面でもメリットが期待できるのが特徴です。

 

おすすめ車買取一括査定サイト6選を紹介

カーセンサー

カーセンサー
カーセンサーのおすすめポイント
  • 一括査定で最大30社へ査定依頼!
  • オークションなら最大5000社が入札
  • アプリならスマホでいつでも簡単
  • 優良な提携業者のみなので安心
  • 売却まで簡単3ステップ
\愛車を最高額で売るなら/

カーセンサーなら同時に最大30社まで査定依頼できます。同時に比較できるので、一番高い値段で売ることができます。

 一度で複数の会社の査定依頼ができるので、面倒な手続きはありません。
査定は無料で、申込みはネットから入力90秒と気軽にできますよ。
すこしでも高く売りたい方に特におすすめです。他社と比較して、価値をわかってくれる1番高い価格で売却しましょう。
提携買取業者数 最大5,000社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\愛車を最高額で売るなら/

出典:公式サイト

ナビクル車査定

ナビクル車査定
ナビクル車査定のおすすめポイント
  • 最大10社まで一括査定の申し込みができる
  • 最短47秒で査定申込手続きが完了する
  • 査定費用は無料
  • 73%の人が高く売れたと実感
  • 97.7%の人が査定申込後から1ヶ月以内で売却を成功させている ※公式ページ参照
\最高額で売るなら/

ナビクル車査定は最大10社の車買取業者に一括査定を申し込めるサービスです。

 最短47秒で査定申込手続きが完了するので、気軽に査定依頼ができます。
もちろん査定費用は無料ですし、ナビクル車査定の運営企業は東証一部上場の株式会社エイチームのグループ企業です。
大切な車の査定依頼を出すのに、信頼できる会社といえるでしょう。



査定依頼後1ヶ月以内に97.7%の人が、車の売却を成功させたことから満足度の高さもうかがえます。
提携買取業者数 約50社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最高額で売るなら/

出典:公式サイト

ズバット車買取

ズバット車買取
ズバット車買取査定のおすすめポイント
  • 累計利用者200万人突破
  • 下取りより平均16万円アップ
  • 全国の買取データを元に現在&半年後の相場がわかる
\最高買取価格がすぐわかる/

ズバット車買取では、全国の過去買取データから、愛車の現在と半年後の相場がわかります。
売る前に相場を確認することで相場よりも高く売却できる買取業者を選択できますね。
買取までは簡単4ステップ、申込みも入力は最短32秒と簡単に手続きできます。

 今すぐに売ろうと決めていない方でも、気軽に相場の確認をすることも可能です。
利用者数は200万人を突破しており、多くの方から選ばれている一括査定サービスです。  
提携買取業者数  約300社
利用料 無料
対応地域 全国
\最高買取価格がすぐわかる/

出典:公式サイト

カービュー

カービュー
カービューのおすすめポイント
  • 利用実績450万人突破
  • 完全無料!有名買取店・専門店のプロが査定
  • 平均16万円もアップしている
\最大8社に査定依頼/

カービューでは一括査定を利用した実際の査定額を公式サイトにて公開しています。

 普通に買取に出すより、一括査定がどれくらいお得なのかが確認できます。
完全無料で、査定までは簡単3ステップ!面倒なやりとりはありません。
全国の大手買取業者300社が提携しており、実績も豊富なので、安心して任せられます。
 
提携買取業者数 300社以上
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最大8社に査定依頼/

出典:公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパック
ユーカーパックのおすすめポイント
  • やりとりはユーカーパック1社のみ
  • 最大5,000社から買取価格表示
  • 直接取引なので中間コストがかからない
  • 車買取の相場表・価格の実績データがわかる
\最大5000社から比較/

ユーカーパックは最大5,000社から買取価格を提示され、1番高く買い取ってくれる業者を選ぶことができます。

 業者との面倒なやり取りはユーカーパック1社のみなので複数社と連絡をとりあう必要はありません。
さらに、過去の車査定価格の実績データも公開しているので自分の車がどれくらいで売れたのか確認できます。安く買い叩かれる心配はありません

簡単5ステップで最大5,000社の中から1番高く買取可能な業者が見つかります。さらに、直接取り引きなので中間に入る業者がいない分、高く売却できる可能性が高いのです。
車をすこしでも高く、面倒な手間なく売却したいならユーカーパックもおすすめです!
提携買取業者数 最大5,000社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最大5000社から比較/

出典:公式サイト

MOTA車買取

MOTA車買取
MOTA車買取のおすすめポイント
  • 顧客満足度調査で3つのNO.1を受賞
  • 査定はネットで完結
  • 申し込みの翌日に概算の査定が完了
  • 電話連絡は高額査定の3社のみ
  • 最大20社以上での同時査定が可能
  • 取引手数料0円
\やりとりは高額査定店のみ!/

MOTA車買取は、査定額が出るまでネットで完結する一括査定サイトです。

 実際に車を見せなくても、申込みの翌日18時に概算査定額がWEB上に表示されます。
しつこい営業電話はなく、高額査定の最大3社のみとやりとりするだけです。
もちろん気になる買取店があれば追加で選べます。
提携買取業者数 200社以上
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\やりとりは高額査定店のみ!/

出典:公式サイト

車の査定時に見られるポイント

車の査定ポイント

車両の状態

査定では、車の外側・内側の状態をトータルで見て査定をしていきます。車の外装は主にガラス部分・バンパー・サイドパネルといった部分などを総合的に見て判断します。

パーツに傷や凹みなどがあれば、車両図面に状態を細かく記載していく流れが一般的です。

 外装チェックの段階で、査定しから「事故の有無」について確認を取ることがありますが、もしフレームに損傷が及ぶまでの事故を起こしたことがあれば必ず申告しておきましょう。

車の内装部分もまた査定において重要な項目になります。主に「価値減点」と「修理」の項目に分かれているのが一般的で、その中にもさらに細かいチェック項目があります。

査定士は内装の図面に異常のある個所などを記載して査定を進めていく流れが一般的です。

タバコやペットのニオイ・シートの消耗具合を始め色々なチェック項目があるので、ニオイや汚れは査定結果に影響を及ぼすので出来る限りケアしておくことをおすすめします。

グレード

車におけるグレードとは、同一車種の中で外装や内装・駆動形式・エンジンの種類・排気量といった仕様の違いを指します。

そのため、同じメーカーの同じ車種であっても、仕様が色々と違う場合も多いのが特徴です。

グレードによって買取価格に差が出るのは年式が新しい場合なので、年式が古い車種の場合はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

オプションの有無

純正パーツ・社外パーツを含めて、車についているオプションパーツもまた査定では評価される項目です。

 主に「エアバッグ」「エアコン」「パワーウインド」「フルスポイラー」をはじめとする15種類のパーツが主にチェックされます。

なお「革シート」「サンルーフ」といったマイナーなオプション品は査定に有利になることが多いです。

純正パーツの方が査定額に良い影響を与えるので、用意しておくといいですよ。
\愛車を最高額で売るなら/

年式

車の年式

年式は、車が製造されて「新車」として初めて登録されたことを指します。

 しかし中古車を購入した場合は、その車の最初の持ち主が初年度に登録した年が年式となるので購入年と異なることを覚えておきましょう。

車の価値は、一定の年数が経過するごとに大きく価値が下がっていく傾向にあります。

大体3年・5年を節目に大きく査定額が変わることが多いです。

走行距離

年式と合わせて評価される「走行距離」ですが、こちらも年式と同様に一定の距離を超えると査定価格が大きく下がってしまう傾向にあります。

 走行距離が大きく下がるタイミングは「5万km」と「10万km」を超えた時くらいが目安です。

ただし走行距離が少ないほど価値が下がらないというわけではなありません。

所持年数が長いのに走行距離が極端に短い場合には車を使っていない期間が長い=エンジンが痛むと判断されることがあるからです。

中古車を高く売りたいなら時期も重視しよう!

車を売るタイミング

同じ車であったとしても売るタイミングによって買取価格に差が生まれてしまう事はよくあります。ここでは中古車を高く売るためにおすすめの時期を項目ごとに紹介していきます。

1~3月か9~10月ごろ

車が高く取引される時期は、一般的に「1~3月」と「9~10月」に集中する傾向にあります。

 これらの時期はいずれも中古車販売店の決算期もしくは半期決算時期が違いので、売上の目標を達成する目的として少し高めでも買取を積極的に行う業者が増えるからです。

さらに車を購入する側(お客さん)からとしても、これらの時期は転職や転勤といったライフスタイルの変化で車を購入する人も増える時期になります。

そのため、中古車販売業者は車の需要が増える時期に備えて買取に力を入れるという背景があるんですよ。
\愛車を最高額で売るなら/

自動車税の課税前も狙い目

1~3月の間に売却するメリットはライフスタイルの変化のほかに「自動車税」の事も関係しています。自動車税は車を所有している人に対して、毎年「4月1日」に課税される分を「前払い」するのが特徴です。

 そのため、4月1日以降に自動車を売った場合は4月1日時点では車を所有していることになるので一旦ではありますが納税の義務が発生します。

納税した分は売却後から翌年の3月31日までに課税される分は後で「還付」という形で申請をすることで戻ってきますが、手続きに手間がかかる・その車両が廃車になってから還付されるという条件があります。

車検切れ前に査定を受ける

車検を通した車の方が査定には良い影響を与えると思うかもしれませんが、中古車市場にとってあまり影響は与えません

 車検にも費用がかかるので、買取価格から車検費用を引くと赤字になってしまう可能性もあります。

売りたいと思ったタイミングでたまたま車検までの期間が残っていれば、その分少し査定額に影響すればラッキーくらいの感覚でOKです。

なお、車検切れの車には乗れないので、買取業者まで直接持ち込むことができないので注意しましょう。

モデルチェンジよりも前がおすすめ

モデルチェンジ前も狙い目

今売ろうとしている車が、現行販売されているモデルだった場合は、次のモデルが出てしまうと査定額でマイナスになってしまう傾向があるので注意しましょう。

 大抵の場合は新型が出るタイミングで、現行モデルの買い控えが起こるので、その分中古市場でも人気・需要が落ちてしまうからです。

そのため、できればモデルチェンジの情報が出る前が理想ですが、モデルチェンジの情報が出たらすぐに売りに出すのがおすすめです。

日本車においてはメジャーな車種であれば1~2年のスパンでマイナーチェンジが行われ、4~6年でフルモデルチェンジが行われる傾向にあります。
\愛車を最高額で売るなら/

中古車一括査定利用時で気を付ける事

中古車の一括査定を利用するのはいくつかのメリットがありますが、注意点なども存在します。スムーズに手続きを進める上でも知っておいた方がいいことがあるのでぜひ参考にしてください。

業者から一斉に電話・メールが来る

複数の業者に一括で査定を依頼すると、当然ですが色々な業者から一斉に連絡が来ます

 そのためたくさんかかってくる電話にストレスを感じる人も少なくないようです。

もし電話が来ることを避けたいという場合には、申し込みをした後にキャンセルをすることで回避することができます。

なお、電話ではなくメールでのやりとりもOKとしている業者もあるので、連絡方法を選んで査定業者を絞るのも一つの手ですよ。

1社ごとに交渉する必要がある

1社ずつ交渉する手間

一括で複数の買取業者に査定を依頼しても、交渉自体は1社ずつ行う必要があります。

 実車の査定には1社ごとに別々の時間・日にちで査定を依頼すると売却が決まるまでに時間や手間がかかってしまうでしょう。

その場合は、それぞれの業者と打ち合わせをして一度に査定・交渉をすることで解決できます。

同時に複数の買取業者が査定額を出すことにもなるので、その場で買取価格の競争してもらうことも狙えますよ。
\愛車を最高額で売るなら/

地域によっては対応業者数が少ない事も

全ての人が複数の買取業者に依頼することが難しいケースもあります。

 住んでいる地域・利用するサービスによっては対応可能の業者数が少ないために、そもそも一括査定自体が意味をなさないことも。

この場合は、色々な一括査定サイト・サービスを利用しみるのがおすすめです。

一括査定サイトAでは3社しか査定依頼が出せなかったけど、サイトBであれば7社まで可能だったということもありますよ。

よくある質問

車の下取りと買取の違いは?
下取りは新しい車の購入を前提として、現在所有している車を引き取ってもらう取引のことです。対して買取とは、所有している車を買い取ってもらうだけの取引のことを指します。つまりは、車の購入があるかないかという違いです。
車の売却の際に必要な書類は?
必須となる書類は「車検証、自動車税納税証明書、免許証、実印、印鑑証明書、自賠責保険証」です。さらに場合によって必要となるものは「リサイクル券、住民票、委任状、譲渡証明書」が挙げられます。必須ではないにせよ、必要になった場合にすぐに用意できるとは限らないものもあるので、事前に確認・用意しておくとスムーズに手続きが進みます。
車の査定時にはオプションパーツは外した方がいい?
もし純正パーツがあるなら戻しておくことで査定額アップが期待できます。ただし社外のオプションパ^ツの場合はあまり高額査定にはつながらないことが多いです。一部の人気機種のカーナビ以外は、趣味嗜好の傾向が強いオプションパーツは市場価値としてはニーズが低いためあまり高く評価されないからです。
買取不可能な車はある?
取引に必要な書類や鍵がそろっていないと買取ができません。必要な書類は「自動車車検証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、リサイクル券」などが挙げられます。
売却したはずの車の自動車税納税通知書が届いた。
自動車税は毎年4月1日の時点で所有をしている人に当てて各都道府県が「全額賦課」する地方税の1つです。通知書は大体5月のGW明けくらいに送付されるので、4月1日の時点でまだ車を所有していた場合はすでに売却後であったとしても納税の義務が生じます。4月1日よりも前に売却したのに通知書が届いた場合は名義変更手続きをしていない可能性があるので、再度買取業者に問い合わせてみましょう。
車の査定を受けたら絶対に売らないといけない?
査定を受けた上で提示された金額に納得がいけばその場で売却手続きに入りますが、納得いかない場合は売却しなくてもOKです。業者の中には、査定だけでも無料でしてくれるところもあるので、自分の車がいくらになるか知りたいといった希望でも利用してみることもできます。
車の査定までに用意しておくことはある?
車検証や自賠責保険証書、自動車税納税証明書といった必要書類の準備は前提ですが、車のクリーニングをしておくことをおすすめします。普段のお手入れのほかに、メンテで十分に目立たなくなるレベルの小さな傷程度であればプラス査定が期待できます。その他、車内のニオイも査定においては重要なポイントです。消臭剤などで消せるレベルであれば消しておくとマイナス査定にならずに済むからです。

まとめ

中古車を売りたい場合のおすすめの方法・高額査定へのポイントなどを紹介していきました。

 一般的に、ディーラーで下取りを依頼するよりも中古車の買取を専門にしている業者への査定を受ける方が高額査定に繋がります。

また一括査定を利用することで、一度に複数の業者に依頼できるほか、業者間で競わせることでより高い査定額が付くことも期待できるのがメリットです。

せっかく車を売るなら、少しでも高く買い取ってくれる業者を探しましょう。
\愛車を最高額で売るなら/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事