事故車の買取相場はどれくらい?注意点やおすすめ買取業者もご紹介

車を所有している人にとって「事故」のリスクは完全になくすことはできません。万が一事故に遭った場合に新しい車への買い替えを検討する人もいることでしょう。

しかし普通の中古車と比べて事故車は大きく価値が下がってしまいます。

ここでは事故車の買取に関する情報や方法、市場相場の調べ方や少しでも価値を下げないで売るポイントなども紹介していきます。
\事故車買取対応!/

事故車でも買取は可能!相場を調べる方法

そもそも事故車って何?

事故車という言葉を聞くとその名の通り「事故に遭った・自己を起こした車」というイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし中古車業界においては事故車の定義がしっかりと存在しています。

事故車の定義

車のフレーム部分を損傷した、または損傷した部分交換・修復した経歴を持つ車

この定義に関しては「社団法人自動車公正取引協議会」「財団法人日本自動車査定協会」「日本中古車自動車販売商工組合連合会」の3つの組織団体によって細かく決められています。

そのため「事故車=事故を起こした車」というイメージとは異なるのが注意です。

事故車にみなされるフレーム部分

事故車の該当部分

自動車におけるフレーム部分とは以下の部分に分けられます。

自動車のフレーム
  1. フレーム
  2. フロントクロスメンバー
  3. フロントインサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. ルームフロアパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ラジエターコアサポート

なお紹介した1~8の部分で損傷がある場合・修復が確認できる部分であれば「事故車」と見なされます。

 ⑨の「ラジエターコアサポート」に関しては、過去交換をしていて隣接する②「フロントクロスメンバー」や③「フロントインサイドパネル」に修復した形跡があれば事故車となります。

なお「ボルト」は骨格部分には含まれないので交換をしても事故車としては扱われません。

事故車は事故歴の有無ではないということが分かりますね。
\事故車買取対応!/

事故車と修復歴車は異なる

先ほど紹介した通り、事故車はフレーム部分の修復・修理をした車が該当します。中古車業界では事故車と修復歴車は全く別のものとして区別されます。

修復歴車にならない部分
  1. フロントバンパー
  2. ロアスカート
  3. フロントフェンダー
  4. ボンネット
  5. リアフェンダー
  6. トランクリッド
  7. リアバンパー
  8. サイドシルパネル
  9. ドア

上記で挙げた部分はたとえ修復・修理をしたとしても「修復歴車」とはみなされません。

さらにフレームからボルトで外せる部品であれば交換したとしても修復歴車としても扱われません。

買取相場はおよそ半額程度が目安

事故車の相場は半額程度

車種や事故の状態などによっても異なりますが、一般的には事故車はそうではない車と比較すると明らかに買取金額は下がってしまいます

 ただし、中古車は市場における価格や事故に関係しない部分の評価といった背景も影響するので一概に事故車だから〇〇万円価値が下がるとは言えないのが現状です。

とはいえ、事故車は事故を起こしたことのない車と比較した場合およそ「半額程度」の価値になってしまうといわれています。

元の車の価格が高いものほど、減額される額が大きくなるため、少しでも高く売りたい・値下げ幅を下げたいというのであれば事故車であることの影響を無視はできません。

修復歴があると大きく下がる

事故車はそうではない車と比較して価値が下がってしまうことは紹介しましたが、修理歴のある車の方が値段が下がりやすいです。

修理歴とは車のフレーム部分の修理をした車に該当するため、事故を起こしていてもフレーム部分の修理でなければ、あまり価値が下がらない場合もあります。

修復歴車に該当しないケース
  • 事故を起こしても修復歴がない場合
  • 修復歴がつくような修理が必要ではない
  • 軽い損傷レベルで一般車と同じ扱いができる

以上のようなケースであれば修復歴車には該当しないので、一般車と同程度か多少査定額が下がる程度で買い取ってもらうことも可能です。

なお修復歴は「点検整備記録簿」に記載されているので、売却の前に確認しておくことをおすすめします。

点検整備記録簿は車検証と一緒に保管してあることが多いので一緒に用意しておくといいです。
\事故車買取対応!/

事故車の買取査定相場は?

事故車の買取相場

実際に気になるのが、事故車の買取査定を受けた時の相場を知りたいものです。ここは事故車の程度別に買取価格の相場を紹介していきます。

ただし車種や市場変動など様々な要素が関係しているので、あくまで目安程度に見ることをおすすめします。

軽度なキズ・へこみのある車

ほとんど目立たないレベルの小さな傷や凹み、またはステッカー跡であれば「1~3万円」程度の減額が相場になります。

 車を運転していれば大切にしていても小さな傷・凹みなどはつくものです。

中古車業界においてこれくらいの傷であれば大幅に査定額減に繋がってしまう事はないでしょう。

ただし、傷はない方が査定額アップにはつながるので、自己修復できる程度の場合は査定前にケアしておくといいです。

修復済みの車

過去に事故を起こして修復が済んでいる場合の車であれば「5~10万円」程度の減額が相場になります。

 修復の程度によっては10万円以上も査定額が下がってしまう可能性もありますが、修復を行ってから数か月以上も経過している状態で、かつ走行に問題なければ想像を大きく超えるほどの下げ幅になることは少ないです。

なお、査定を依頼する場合はいつ・どこの箇所をどんな風に修復したかを査定士に伝えなくてはいけません。

もし嘘をついたり修復歴を申告せずに後で見つかった場合はさらに査定額が下げられる・買取自体をキャンセルされてしまう可能性もあるので注意しましょう。

プロの目にかかれば詳しい状態も見極める事ができるので、あらかじめ伝えておいた方がスムーズに進みますよ。
\事故車買取対応!/

未修復の車

未修復の車

事故を起こしても修復をしていない状態の車の場合は「10万円以上」の査定額減が予想されます。

 修復が済んでいない車では走行に問題がないかを判断することができないからです。

買取業者が解体をしてパーツを販売する分には問題ありませんが、海外などに輸出する場合には修復が必要になります。

基本的には査定額を産出する際には修復費用を含めて考えるので未修復の場合は高額査定に結び付かないことが多いからです。

とはいえ、査定額アップのために修復をしてから査定を受けるとかえって修復代の方が高くついてしまうことがあるのでおすすめしません。

もし事故車を所有しているのであれば、とりあえずの価値を知るためにも「無料査定」に申し込んでみるのも一つの手です。

事故車をどの業者で買取依頼をするか

中古車・事故車を買い取ってくれる業者は数多くありますが、自分の車はどこで買取依頼をした方がいいのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは事故車を買取依頼に出す際の業者の選び方を紹介していきます。

小さな傷:車買取業者

小さい傷は車買取業者へ

ボディ部分に小さな傷や凹みがある程度の車であれば、事故車としてではなく通常の「中古車」として買取業者に査定依頼をすることをおすすめします。

 車の骨格となる「フレーム」部分への影響がないので、走行に問題がないとみなされる可能性が高いからです。

小さな傷程度であれば車の買取業者に依頼をするのが高価買取を狙うのにピッタリです。ただし、この場合でも余計なコストがかかってしまう場合があるので業者に修理を出すことはおすすめしません。

\事故車買取対応!/

修理歴がある:海外販路のある買取業者

過去に事故を起こして修復をした車を売却する場合は、海外にも販売ルートを持っている買取業者に依頼することをおすすめします。

 フレーム部分の交換や修復を受けた車は、日本では「安全性に影響する」と見なされがちで、買取価格が大幅に減額されてしまう・買い手が付かないというケースがあるからです。

しかし海外ではあまり気にしないで使う国も存在します。

そのため海外でも売れるルートを持っている業者にライをすれば国内流通を前提とした買取業者よりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。

損傷の程度にもよりますが走行に問題がないレベルであれば買取を検討してみるのもいいでしょう。

損傷が激しい:廃車買取業者

フレームが多く損傷して走行にも影響が出るほどであれば、値段が付かないレベルの車であることがほとんどです。

 その場合には事故車・廃車買取業者に依頼をおすすめします。

事故車や廃車の買取を専門に行っている業者は、車をパーツごとに分解して、部品や鉄資源として売ることが可能だからです。

もし部品にも鉄資源にもならないレベルであれば「廃車」となります。

一般的にディーラーや販売店で廃車を依頼すると費用が発生しますが、廃車買取専門業者であればそれらの費用がかからないことも多いです。

事故車買取におすすめの車買取業者

カーネクスト

カーネクスト

おすすめポイント
  • どんな車も0円以上で買い取り
  • レッカー費無料
  • 査定は電話一本で完結

\全国引取・手続き無料/

カーネクストは、どんな車でも0円以上の買取を保証しています。年式が古い車や走行距離が長い車、事故車、水没車なども対象です。

 また、事故車の引き取りの際通常レッカー費が発生しますが、カーネクストではレッカー費が無料。

場所によっては高額になってしまいがちなレッカー費も抑えて愛車を売却することができます。

査定も電話一本で完結するので手軽に利用できます。
運営会社 株式会社ラグザス・クリエイト/RAXUS CREATE INC.
対応エリア 全国
オンライン見積もり

出典:カーネクスト

\全国引取・手続き無料/

ハイシャル

ハイシャルトップページ

おすすめポイント
  • 累計相談件数25万件
  • 0円以上買取保証
  • お客様満足度98%※1

\どんな車も0円以上保証/

ハイシャルは、累計相談件数25万件を誇る人気のサービスです。

 どんな車でも0円以上の買取保証をしているほか、査定価格からの減額もないため安心して利用できます。

レッカー代やその他事務手数料等も発生しないのでお得に愛車を売ることができるのもうれしいポイントです。

最短20秒のスピード査定でスピーディーに査定結果を知ることができます。
運営会社 ユニオンエタニティ株式会社
対応エリア 全国
オンライン見積もり

出典:ハイシャル

\どんな車も0円以上保証/

事故車の買取価格を下げないポイント

事故車の査定額を下げないコツ

複数の業者に査定依頼をする

事故車であっても一般の中古車と同じように、複数の買取業者に査定を依頼することをおすすめします。

 業者によっては買取強化している車種・パーツの買取を得意としているところがあるからです。

複数の業者の査定結果を比較することで、より条件の良い業者を見極めることにも繋がります。

 ただし査定が終わってから電話であっても口約束で売却の意思を伝えることは「成約」と見なされてしまう可能性があるの注意しましょう。

キャンセルする際には「3万円」程度の費用が発生してしまいます。できれば2~3社程度に対して依頼すれば自分で管理しやすい数と言えるでしょう。

査定依頼の際には「査定だけで必ず成約するかは分からない」と伝えておくと思わぬトラブルを回避できますよ。

事前に事故車と伝える

廃車買取業者に査定依頼をする場合は、電話で申し込むケースも多いです。

 その場合には事前に事故車であることを伝えておく方が後々スムーズになります。

査定額が下がってしまうことを避けるために事故情報を隠す・嘘をつくとかえって低い査定額になることが多いからです。

詳しい状況を伝える方が実際の買取相場と近い査定額を提示してくれることにも繋がりますよ。

\全国引取・手続き無料/

なるべく綺麗に保管

事故などで損傷が激しい車であっても業者に引き渡しが完了するまではできる限り綺麗な状態で保管しておくことをおすすめします。

 依頼をしてから適当に扱ってしまうと、その間にもボディの損傷部分からサビが広がってさらに劣化が進んでしまうからです。

劣化が進むほどに査定額はどんどん下がってしまうので、損傷レベルを食い止めるためにも重要なポイントになります。

事故車買取査定時の注意点

事故車買取の注意点

修理歴は隠さない

事故車を買取業者に査定依頼するときは「修復歴を隠さない」ことをおすすめします。修復歴の虚偽申告は、査定額を大きく下げてしまうことに繋がるからです。

 査定士はプロなので、点検していけばすぐに分かってしまいます。なおベテランの査定士であれば見落としは2%を切るといわれているほどです。

さらに売却時に修復歴が隠せても、後で修復歴が見つかれば最悪のケース「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」が生じてトラブルにつながるのでやめておきましょう。

修理はしない方がいい

すぐに事故車の売却を検討しているなら修復はしないままで査定依頼をした方がいいです。

修復していない車よりは修復した車の方が査定額は高いですが、修復にかかった費用の方が査定額よりも高額になる可能性が高いからです。

ただし市販の研磨剤などで自力で綺麗にできる範囲であれば修復がおすすめですが、板金業者に依頼をするほどであればそのままにしておくことをおすすめします。

\全国引取・手続き無料/

事故車の買取査定はシミュレーションの活用がおすすめ

シミュレーション活用がおすすめ

必要な情報だけですぐに査定額が分かる

事故車の買取を検討するなら、まずはインターネット上の無料のシミュレーターを活用してみることをおすすめします。

 直接店舗に行く必要もなく、車に関する情報を入力するだけで買取相場を調べることができるからです。

自分の車の状態に近い相場情報が簡単にチェックできます。

ただし、査定結果は色々な要因が関係してくるので正確な査定額は実際に査定士に見てもらうのがいいでしょう。

買取相場が出ないときも

車の状態や車種などによっては買取相場が出ない場合もあります。

 それは買取業者ごとの実績をもとに算出していることが関係しているので、買取実績がない・時期が大分前という場合は相場情報が出ない可能性もあります。

その場合は他の無料シミュレーターを利用するのもおすすめです。

よくある質問

事故車が買い取られた後はどうなる?
動く状態であれば整備をしっかりとしてオークションに出品されたり、海外に輸出されていきます。また中古車としての利用価値がなくなった車の場合は解体をして部品ごとに販売されることもあります。
修復歴車と事故車の違いは?
中古車業界において修復歴車とは事故以外の理由で車の骨格部分(フレーム・ダッシュパネル等)を交換した車のことを指します。対して事故車は車の骨格には損傷がないが事故で損傷した車のことです。似ているかもしれませんが、どの部分が損傷を受けかによって異なるということです。
ローンがまだ残っているけど買い取ってもらえる?
事故車であっても損傷状態やどこでローンを組んでいるかなど総合的に判断をして買取を決めます。また業者によっては買取不可と出ても別の業者ではOKということもあるので、複数の業者で査定を受けてみるのがおすすめです。
故障している事故車は売却できる?
査定時に故障していること・事故車であることを業者側に伝えてあることが前提であれば、売却は可能です。したがって、査定額がマイナスになってしまうことを考慮して故障や事故の情報を伝えなかった場合は売却がキャンセルされる可能性もあります。
電話だけで査定額を提示してもらうことは可能?

電話での査定に対応している業者であれば対応可能です。

しかしながら事故車の場合は損傷している箇所や状況によって査定額が大きく変化することがあるので、基本的には実車の査定を受けることをおすすめします。

事故車の売却の際には事前に修理をしてからがいい?
たとえ事故車であっても売却を検討しているのであればこれ以上費用をかける必要はありません。車検を通したり修理を行うと、売却で得たお金よりも費用がかかって大きく損をしてしまうこともあります。
ディーラーでは値が付かなかった事故車ですが、なぜ買取業者では買い取ってもらえる?
ディーラーとは異なり買取業者では自社や提携業者で整備・修理をして再び販売したり、パーツとして分解をして再利用することもあるからです。そのため、ディーラーでは引き取り不可能だった事故車であっても買取が実現できるという事です。

まとめ

事故車であっても自動車買取業者では買取OKとしているとこが多いです。

もちろん故障や状況によっても価格差が大きく異なるので事故車ですが、ポイントを抑えることで大きな下落を抑えることも期待できます。

もし売却検討をしている事故車があれば今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
\全国引取・手続き無料/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事