中古車 走行距離

中古車の購入を検討している人にとって、いかに長く乗れるかは非常に重要です。新車に比べてると不具合は生じやすいイメージはありますが、安く手に入る点は大きな魅力と言えます。

中古車選びをするにあたって、走行距離は重要な指標です。走行距離は車の劣化具合を図る上で大切なポイントであり、購入する際にはよく確認しておく必要があります。

そこで今回は、中古車選びをするうえでの走行距離の目安を解説。故障しにくい中古車や安全な車の選び方などを解説します。

中古車購入時は一括査定サイトを活用すべき理由についても触れていくため、ぜひ参考にしてみてください。
\走行距離も比較できる!/

中古車の走行距離目安

走行距離の少ない中古車

中古車の走行距離は、購入するにあたって意識すべき選択基準の一つです。走行距離が長いほどエンジンなどの性能が落ち、車全体の機能も劣化している可能性が高くなります。

しかし、走行距離が短ければ状態が良いという訳でもありません。中古車の走行距離の目安は、使用期間と年式を併せて考慮すると良いでしょう。

 中古車の走行距離は、1年間で1万kmがちょうど良いと考えられています。

例えば、5年間使用した車であればトータル5万kmが妥当な走行距離となります。5年間使用した車が5万km以上走っていれば、走行距離が長めと理解しましょう。

反対に5年間使用した車が3万kmの走行距離であれば、車の状態の割にコスパが良いと考えられます。

走行距離が少なすぎる車には注意

走行距離の少ない中古車

5年間で1万kmしか走っていない場合は、車の状態に注意してください。

 走行距離が極端に短い車は、メンテナンス無しで長期間車庫などに放置されっぱなしだったという恐れがあり、機能が劣化している可能性が高いからです。

走行距離が長い中古車はおすすめできませんが、短ければ良いとも一概には言えません。

出典:ガリバー公式

\走行距離も比較できる!/

走行距離は使用目的によって変わる!

走行距離の少ない中古車

普段乗り

仕事や遊びなどでは利用せず、日常生活のみでしか自動車に乗らない人は、多くても走行距離は年間3,000~5,000kmほどと考えられます。

遠征の機会はほとんどないという場合、1週間あたりの走行距離は56~95kmとなり、使用目的が普段乗りだけであれば走行距離は長くないでしょう。

レジャー・アウトドア

レジャーやアウトドアで自動車を利用する場合、最大の年間走行距離は10,000km以上15,000km未満が平均的と考えられます。

 ただし、レジャーやアウトドアの頻度によって、走行距離は大きく異なります。

年に何度も遠征する場合は走行距離は多くなる可能性が高いですが、レジャーは近場で週末のみという場合、最大走行距離は7,000km以上10,000km未満程度と予想されます。

\走行距離も比較できる!/

通勤・通学

走行距離の少ない中古車

通勤や通学で自動車を利用する場合、家と目的地の距離によってトータル走行距離には幅があります。週に5日の出勤において、1日あたりの走行距離の差が年間の走行距離を大きく分けると言えるでしょう。

 例えば目的地が1.5km以内で、1日あたりの走行距離が3㎞以内であれば、年間走行距離は1,000kmに満たないと考えられます。

一方、一日で往復77km以上走行距離がある場合は、年間でトータル20,000kmにもなります。

社用車

社用車は業務内容によっても使用目的はさまざまですが、平均して年間12,000km程度となる可能性が高いです。

社用車の主な使用目的には営業周りや社長の送迎などがあり、どのくらいの頻度で利用されるかによって走行距離には差が生まれます。

\走行距離も比較できる!/

走行距離別|中古車の状態

走行距離の少ない中古車

3万km

走行距離3万kmの中古車は、比較的ボディも綺麗で新しい傾向が高いです。その分中古車の中では価格も高いものが多いです。

しかし、時間が経過しているにもかかわらず走行距離が短すぎる車は、手入れされずに放置されており、ボディも機能も劣化している可能性があるため注意してください。

5万km

問題なく利用できる程度の状態で、価格も高くない中古車を求める人には、走行距離5万km程度の車がおすすめです。価格と状態のバランスがとれた中古車と言えます。

部品交換やメンテナンスの手間がかからない中古車を購入したい場合は、走行距離は5万kmを上限と考えた方が無難でしょう。

\走行距離も比較できる!/

10万km

走行距離の少ない中古車

中古車の走行距離は、10万kmを上限目安にすることをおすすめします。走行距離が10万kmであれば価格は安いですが、その分ボディや性能が古くなっている可能性は否めません。

しかし、メンテンナンス次第では走行距離10万㎞でも、問題なく利用できるでしょう。

購入する前に、その中古車の点検整備記録簿をチェックすることをおすすめします。

10万km以上

走行距離が10万kmを超えた中古車は、高い確率で部品交換やメンテナンスが必要と考えた方が良いでしょう。車の本体価格は安く抑えられますが、部品交換などの費用は別途必要になる可能性が高いため注意してください。

 部品交換やメンテナンス次第で充分安全に利用できる可能性はありますが、10万㎞越えの中古車はあまり市場で人気がありません。

そのため、中古車を売りに出したいと考えていても、なかなか買い手がつかないというリスクも理解しておきましょう。

\走行距離も比較できる!/

走行距離が多くても故障しにくい車とは?

走行距離の少ない中古車

走行距離の多い中古車は、価格が安くなる一方で故障のリスクも高い傾向にあります。そのため、故障しにくい車を探すには、メンテンナンスが行き届いているかを見極めましょう。

 メンテナンスを自分で行うことは難しく、専門家に一任した方が安心です。なお、メンテンナンスが確実になされているかは、点検記録簿で判断できます。

こまめな定期点検の記録が残っていれば、走行距離が長くても故障しにくいようしっかりと手入れされていると判断できる要素です。中古車に必要なメンテナンス例として、主な以下が項目が挙げられるためチェックしておきましょう。

主なメンテナンス例
  • エンジオイルの交換
  • ブレーキオイルの交換
  • バッテリーの交換
  • 異音や異臭の有無の確認
  • タイヤなどの消耗品の摩擦チェック

エンジオイルの交換

走行距離の少ない中古車

「金属の摩擦を防ぐ」「高温になったエンジンを冷やす」など、エンジンオイルは車の機能をキープする上で重要な役割を担っています。エンジンオイルは、走行距離3000㎞~5000㎞程度で交換されていると安心です。

ブレーキオイルの交換

ブレーキオイルは、ブレーキが正確に機能する上で欠かせません。ブレーキオイルは劣化が早く、寿命は1年程度が目安とされています。

 中古車を選ぶにあたって、「メンテナンス済」や「整備済」の表示があると、ブレーキオイルが交換されている可能性は高いです。

ただし、エンジンオイルを交換していても、ブレーキオイルを対象外としている場合はゼロではありません。きちんと事前に確認することをおすすめします。

\走行距離も比較できる!/

バッテリーの交換

走行距離の少ない中古車

バッテリーは消耗品のため、定期的な交換が必要な部品です。バッテリー内のバッテリー液が減ってしまうと、完全充電のマックス値が低くなってしまいます。

バッテリーが劣化するとエンジンがかからなくなってしまうため、定期的に交換されているかしっかりチェックしましょう。

異音や異臭の有無の確認

タイミングベルトからコンコンという異音がしていると、すでに劣化しているため交換する必要があります。

 異音に関しては、主にエンジン・排気系・足回りから発生する傾向にあり、音の種類はさまざまです。そして、異臭については焦げ臭い・ガソリン臭いなどがあります。

異音・異臭は日々のメンテナスが実施されていれば防止できるものなので、購入時には意識してみましょう。

タイヤなどの消耗品の摩擦チェック

中古車のタイヤ

車のタイヤは、空気圧や水に深さがなければ制動力の低下・スリップ発生などのリスクが懸念されます。

車にはタイヤ以外に、緩衝のために多くのゴム製品が使われています。これらのゴム製品は長くても5年程度で劣化してしまうため、注意してください。

このようなメンテナンスは自分で行うのは難しく、専門家に一任してしまった方が安心です。
\走行距離も比較できる!/

走行距離だけじゃない!安全な車を選ぶポイント

走行距離の少ない中古車

中古車に安全性を求める場合、走行距離は重要な判断材料になります。安全な中古車は、以下のポイントからも検討できます。

車選びのポイント
  • 走行距離と年式のバランスはちょうど良いか
  • メンテナンスや車検の記録は残っているか
  • 保証はついているか
  • 修復歴があるか
  • 専門家から購入しているか

走行距離と年式のバランスはちょうど良いか

走行距離だけでなく、年式も合わせて両者のバランスもチェックすることが大切です。

 走行距離・年式とは「〇年で〇km走った」ということであり、1年で1万㎞くらいがちょうど良いとされています。

年式の割に走行距離が少ない中古車の場合、あまりメンテナンスがされず放置されたままのリスクはゼロではありません。

走行距離が短い=良い車という考えで、購入することはおすすめしません。
\走行距離も比較できる!/

メンテナンスや車検の記録は残っているか

走行距離の少ない中古車

安全な中古車を選ぶためには、定期的なメンテナンスがされているかどうかを基準にすることが大切です。

メンテンナンスがしっかりされていること判断するために、点検記録や車検記録は見せてもらうようにしましょう。

保証はついているか

中古車を購入後、万が一の事故などに備えて保証が付いているものを選ぶことをおすすめします。

自分が怪我をした・相手を怪我させた・車が破損したというように、ケースごとにどのような保証があるか事前に確認しておきましょう。
\走行距離も比較できる!/

修復歴があるか

走行距離の少ない中古車

修復歴とは、その車のオーナーが事故を起こし修理に出したという記録です。

 いくら修理済みとはいえ、修復歴がある車は安全面に問題がありそうなイメージのおかげで、中古車のなかでも特に安く売られる傾向にあります。

しかし、修復歴があるというだけでは事故の重大さは判断しづらいです。見た目は綺麗に修理されていても、大事な機能は修復されていない可能性はゼロではありません。

安全性を重視して中古車を購入したいという人は、修復歴がある車は避けた方が無難でしょう。

専門家から購入しているか

走行距離の少ない中古車

いまや、中古車はインターネット経由などで個人間でも売買できます。個人売買で中古車を購入する際は安く手に入ることが期待できるうえ、さまざまな書類が不要などのメリットがあります。

 しかし、その分トラブルが発生した際の責任は保証されていません。また、車の保管やメンテナンスについても、正しく行われているかわかりません。

安全な中古車を購入し責任の所在を明確にしたい人は、個人間ではなく中古車販売店やディーラーから購入することをおすすめします。

\走行距離も比較できる!/

自分に合った走行距離中古車の選び方

走行距離の少ない中古車

綺麗な中古車に乗りたい人

中古車と言えど綺麗な車に乗りたい人は、走行距離が3万~5万km程度のものを選びましょう。

 3万~5万km程度の走行距離であれば、性能が劣化しているリスクが低く、比較的年式の新しいモデルが多い傾向にあるのです。

ただし、走行距離が5万㎞以内の中古車は価格が高い傾向にあるため、コストを抑えたい人には不向きかもしれません。

価格が下がりやすい走行距離の中古車を狙いたい人

走行距離の少ない中古車

中古車の走行距離は、5万㎞程度が許容範囲とされています。そのため、走行距離が5万㎞を超えたあたりから中古車の価格は下がる傾向にあるのです。

 価格が下がりやすい走行距離の中古車を狙いたい人は、走行距離が5万㎞を超えたものをおすすめします。

しかし、走行距離10万㎞を超えた中古車は極端に市場価値が下がるリスクは否めないため、6万~10万km程度の走行距離に収めておくと良いでしょう。

\走行距離も比較できる!/

価格が安いものを選びたい人

モデルや性能よりコスト面を重視する人は、走行距離10万㎞を超えた中古車を選ぶと良いでしょう。

「走行距離10万㎞以上」という中古車に対してネガティブなイメージを抱いている人は少なくありません。そのため、走行距離10万㎞以上の中古車は価格が低くなる傾向にあります。

しかし、一般的な自動車は走行距離10㎞よりも長く走れるだけの機能は付いています。

 走行距離10万㎞でも少なくともあと3年は安全に乗れる可能性があるため、価格重視で購入したい人にとって走行距離10万㎞の車は狙い目と言えるでしょう。

ただし、どれだけもともとの性能が良くても自動車の寿命は走行距離15万㎞が限界の目安とされているため、それ以上の走行距離となる中古車は避けた方が無難です。

中古車購入時は走行距離と年式のどちらを優先すべき?

走行距離の少ない中古車

中古車は、走行距離と年式のバランスを意識することが大切ですが、どちらかを優先させれば良い訳ではありません。重要となるのは、車の持ち主がどれだけ丁寧に手入れをしていたかです。

走行距離や年式はあくまで車のコンディションをチェックするための指標に過ぎず、実際に目で見て確かめることをおすすめします。

 コンディションを実際に確認することに加えて、走行距離と年式のバランスを考えて検討すると、理想的な中古車の購入ができるでしょう。

一般的には、走行距離が短いものを優先した場合、車のボディや性能は劣化していない可能性が高いです。

一方で、年式が新しいものを優先すると、比較的最新型で高性能の車となる可能性があります。

費用を抑えて中古車を購入したい場合、走行距離が長い車または年式の古い車を選ぶと良いでしょう。
\走行距離も比較できる!/

中古車の査定に走行距離はどう関係する?

走行距離の少ない中古車

中古車を売買する際、走行距離は査定額に大きく影響します。車の走行距離の上限目安は10万㎞とされ、それ以上になると売買できる対象から外れる可能性が高くなるのです。

最近の車はもともとの性能が良く、走行距離が10万㎞を超えても問題なく利用できるものも多くあります。

 しかし、走行距離が長くなるほど中古車の市場価値は下がり、査定額も低くなる傾向があるため注意してください。

なお、査定額が高くなりやすい走行距離の目安は5万㎞未満です。走行距離が5万kmの車は所持してから5年ほど経っており、車検やローン支払いのタイミングで売りに出される傾向にあります。

そのため、中古車市場にも走行距離5万㎞の車が一番出回っており、買い手が付きやすい点はメリットです。

車を少しでも高く売りたい人は、走行距離5万km以内で売却しましょう。
\走行距離も比較できる!/

中古車購入時は一括査定サイトを活用しよう

中古車一括査定サイトを活用する

中古車を購入する際は、今の車を売って資金を作ることもおすすめです。今の車の売却によってできた資金は、中古車の購入費に補填できます。

 今の車を売る際は、自分で店舗を回るのではなく一括査定サイトを活用しましょう。

一括査定サイトは車と売り主の情報を入力すれば、複数社に対して見積もりを依頼できます。情報入力は一回で済むうえ、多ければ数十社の見積もりが取れるのです。

各社の査定額をピックアップすることで、自分の車を少しでも高く買い取ってくれるところを簡単に比較できます。査定の時間や手間を省けるため、忙しい人でも利用しやすいです。

車を1円でも高く売る前に必ずすべきたった1つのこと

今まで大切に使ってきた愛車を売ることに決めたら、少しでも高い値段で買取をしてもらえたら嬉しいですよね。しかし、1社1社に見積もりを出して車を見てもらうことは時間も労力もかかりすぎてしまいます。 そんな時におすすめなのが、車買取一括査定サイトです。一括査定サイトによっては、最大で30社もの業者に一括で査定の依頼をしてくれ、しかも利用料は無料
一括査定をしてくれる提携先の業者も大手から中小まで揃っており、いずれも優良な業者のみと提携しているので安心して査定を依頼できます。
当サイトが自信を持っておすすめできる車買取一括査定サイトを厳選して6社ご紹介します!
カーセンサー


ナビクル


ズバット車買取


カービュー


ユーカーパック

カーセンサーロゴ
ナビクル
ズバット車
カービュー 車買取
ユーカーパック
提携買取業者数
・一括査定の場合:
最大30社
・オークションの場合:最大5,000社


約50社


200社以上


200社以上


最大5,000社

利用料(税込)


無料査定


無料査定


無料査定


無料査定


無料査定

入金スピード


2〜5営業日


2日〜1週間程度


-


2日~1週間程度


10日前後

対応地域


全国


全国


全国


全国


全国

廃車買取











カーセンサー

カーセンサー
カーセンサーのおすすめポイント
  • 一括査定で最大30社へ査定依頼!
  • オークションなら最大5000社が入札
  • アプリならスマホでいつでも簡単
  • 優良な提携業者のみなので安心
  • 売却まで簡単3ステップ
カーセンサーでは売却方法を2つから選ぶことが可能で、一括査定を選択すれば最大30社へ同時に査定依頼が可能、オークションを選択すれば電話対応1社のみで最大5000社が一度に入札してくれます。
 査定依頼をしてくれる業者の数が多ければ多いほど、あなたの愛車の価値をわかってくれる業者の目に留まるということに繋がります。
どんな車でも0円以上の買取保証があるから必ず車を売ることができるのも安心です。
\愛車を最高額で売るなら/
また、全国どこでも無料で引き取ってくれ、手続きも無料で代行してくれるので、ご自身で足を運んで手を動かす必要もナシ! すこしでも高く、確実に売りたい方に特におすすめです。
他社と比較して、価値をわかってくれる1番高い価格で売却しましょう。
提携買取業者数
  • 一括査定の場合:最大30社
  • オークションの場合:最大5000社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\愛車を最高額で売るなら/
出典:公式サイト

ナビクル車査定

ナビクル車査定
ナビクル車査定のおすすめポイント
  • 最大10社まで一括査定の申し込みができる
  • 最短47秒で査定申込手続きが完了する
  • 査定費用は無料
  • 73%の人が高く売れたと実感
  • 97.7%の人が査定申込後から1ヶ月以内で売却を成功させている ※公式ページ参照
ナビクル車査定は最大10社の車買取業者に一括査定を申し込めるサービスで、最短47秒で査定申込手続きが完了するので、気軽に査定依頼ができます。 もちろん査定費用は無料ですし、ナビクル車査定の運営企業は東証一部上場の株式会社エイチームのグループ企業です。
大切な車の査定依頼を出すのに、信頼できる会社といえるでしょう。
 
査定依頼後1ヶ月以内に97.7%の人が、車の売却を成功させたことから満足度の高さもうかがえます。
\最高額で売るなら/
2019年5月のアルファードの売却の際は、他社の下取り185万円のところナビクルの一括査定を利用することで305万円の買取価格がつき、120万円もお得になった事例もあります。
2021年6月時点での利用実績はなんと400万件以上と多くの方に利用されていることからも、ナビクルの実力がうかがえますね。
ナビクル 利用フロー ナビクルの利用もかんたん45秒・たったの3ステップで完了しますので一度利用してみる価値はありますよ。
提携買取業者数
  • 約50社
  • 一括査定可能社数:10社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最高額で売るなら/
出典:公式サイト

ズバット車買取

ズバット車買取
ズバット車買取査定のおすすめポイント
  • 累計利用者200万人突破
  • 下取りより平均16万円アップ
  • 全国の買取データを元に現在&半年後の相場がわかる
ズバット車買取では、全国の過去買取データから愛車の現在と半年後の相場がわかるので、相場よりも高く売却できる買取業者を選択することができます。 買取までは簡単3ステップ、申込みも入力は最短32秒と簡単に手続きできます。 ズバット車買取一括査定 利用フロー
\最高買取価格がすぐわかる/
ズバット車買取査定で車を売った人の77.5%が「車が高く売れた」と回答平均換算で23.2万円も得をしていることがわかっています。 利用者数累計200万人を突破している人気の無料サービスです。
依頼フォームから依頼をするだけでご自身の愛車の買取相場もすぐに分かるので、一度相場だけでも知りたい方にももってこいいです。
 
提携買取業者数
  •  約300社
  • 一括査定可能社数:10社
利用料 無料
対応地域 全国
\最高買取価格がすぐわかる/
出典:公式サイト

カービュー

カービュー
カービューのおすすめポイント
  • 利用実績450万人突破
  • 完全無料!有名買取店・専門店のプロが査定
  • 平均16万円もアップしている
  • 全国300社以上の提携社数を誇る
査定会社の提携社数が全国300社以上を誇るカービューは、その中から最も高額で愛車を買い取ってくれる業者を最大8社分一度に査定してくれます。
実際、トヨタのプリウス(2011年式/走行距離1万km)の中古車を2015年11月に査定した結果、他社の買取希望金額よりも30万円も高い150万円の査定額が出たことも。
 平均換算だと他社の提示金額より16万円も高い金額が提示されているのがカービューの特徴です。
\最大8社に査定依頼/
カービューの利用方法もかんたん3ステップ!
カービュー 利用フロー
提携先の査定会社は大手買取会社から中規模の会社まで様々なので、色んな角度からあなたの愛車の価値を見出してくれる業者が出てきてくれること請け合いです。
提携買取業者数
  • 300社以上
  • 一括査定可能社数:8社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最大8社に査定依頼/
出典:公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパック
ユーカーパックのおすすめポイント
  • やりとりはユーカーパック1社のみ
  • 最大5,000社から買取価格表示
  • 直接取引なので中間コストがかからない
  • 車買取の相場表・価格の実績データがわかる
ユーカーパックは最大5,000社から買取価格を提示され、1番高く買い取ってくれる業者を選ぶことができます。
 業者との面倒なやり取りはユーカーパック1社のみなので複数社と連絡をとりあう必要はありません。
さらに、過去の車査定価格の実績データも公開しているので自分の車がどれくらいで売れたのか確認できます。安く買い叩かれる心配はありません
\最大5000社から比較/
簡単5ステップで最大5,000社の中から1番高く買取可能な業者が見つかります。さらに、直接取り引きなので中間に入る業者がいない分、高く売却できる可能性が高いのです。
車をすこしでも高く、面倒な手間なく売却したいならユーカーパックもおすすめです!
提携買取業者数 最大5,000社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最大5000社から比較/
出典:公式サイト

MOTA車買取

MOTA車買取
MOTA車買取のおすすめポイント
  • 顧客満足度調査で3つのNO.1を受賞
  • 査定はネットで完結
  • 申し込みの翌日に概算の査定が完了
  • 電話連絡は高額査定の3社のみ
  • 最大20社以上での同時査定が可能
  • 取引手数料0円
MOTA車買取は、査定額が出るまでネットで完結する一括査定サイトで、実際に車を見せなくても申込みの翌日18時に概算査定額がWEB上に表示されます。 しつこい営業電話がないことが有名で非常に好評となっており、高額査定の最大3社のみとやりとりするだけであっという間に愛車を高額で売却することができます。
もちろん気になる買取店があれば追加で選べます。
\やりとりは高額査定店のみ!/
MOTA車買取の利用フローもたったの4ステップで完了します。
MOTA車買取 利用フロー
提携買取業者数
  • 200社以上
  • 一括査定可能社数:20社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\やりとりは高額査定店のみ!/
出典:公式サイト

まとめ

この記事では、中古車選びをするうえでの走行距離の目安や、故障しにくいもの・安全な車の選び方などを解説しました。

走行距離の目安は、1年間で1万kmとされています。中古車購入の際にきちんとチェックすることで、長く乗れるものを選べる可能性が高くなるのです。

しっかりとメンテナンスされていたかも、中古車選びの際は重要なポイントとなります。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事