中古車 納車までの流れ

中古車を購入する際には、さまざまな手続きや書類が必要になるため、購入から納車までしばらく時間がかかります。

購入した車にすぐ乗りたいと思っても、しばらく期間が空くため注意が必要です。また、手続きの進み具合によって納車までの期間が変わることも注意点です。

実際に、工夫次第では納車までの日数を短縮することもできるでしょう。そこで今回は、中古車の購入から納車までの流れを解説します。

納車までに要する期間はどれくらいなのかも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

中古車の購入から納車までの流れ

納車までの流れ

中古車の購入から納車まで、いくつか手続きが発生するため2週間前後かかります。新車の場合は、1ヶ月~2ヶ月近くかかることもあるため、中古車の方が短期間で納車できます。

ただし、手続きや提出書類に不備があると、その分遅れてしまうので注意しましょう。スムーズに納車するためにも、中古車を購入・納車するまでの流れを押さえるのがおすすめです。

基本的な流れ
  1. 購入予定車の見積もりをする
  2. 必要に応じてローン審査を受ける
  3. 書類を準備する
  4. 購入の契約を結び代金を支払う
  5. 保険の加入手続きを済ませる
  6. 納車

1.購入予定車の見積もりをする

見積もりをする

まずは、購入する中古車を選び見積もりを依頼します。中古車の場合、新車と違って走行距離や年式、車両の状態などが変わります。

 そのため、予算や希望の車種など、自身の条件に合ったものかチェックするのがおすすめです。例えば、Webサイトで欲しい車を見つけたら、販売店に問い合わせます。

チェックが完了したら見積もりを依頼して、実際に支払う金額を提示してもらいましょう。見積書には購入価格以外にも、必要な費用も記載されています。

2.必要に応じてローン審査を受ける

中古車を現金の一括払いではなくローンで購入する場合は、金融機関などのローン手続きを行い、審査を受けます。

ローンを組む会社や金融機関によって審査に要する時間は異なるため、事前にどれくらいの時間がかかるか把握しておくのがおすすめです。

3.書類を準備する

書類を準備する

中古車の購入にはいくつかの書類が必要であり、その種類は次の通りです。スムーズに手続きを進めるためにも、事前に確認しておきましょう。

中古車購入に必要な書類
  • 印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明書)
  • 委任状
  • 車検証(自動車検査証)
  • 自賠責保険証明書 など

印鑑証明は地域の役所で発行してもらうことができ、車庫証明書は警察署、委任状・車検証・自賠責保険証明書は販売店で用意してもらえます。

書類が揃っていないと契約の手続きを進められないので、漏れがないようにチェックするのがおすすめです。

4.購入の契約を結び代金を支払う

購入の契約を結び代金を支払う

必要書類の準備が整ったら契約手続きを進められます。販売店と相談しながら、契約日を決めましょう。

必要事項に記入しサインと捺印をして書類を作成します。書類は販売店側が確認してくれるため、不明点があれば質問・相談するのがおすすめです。

契約を締結したら、現金の振込やローンなどを使って代金を支払います。

5.保険の加入手続きを済ませる

契約が完了した後は続けて任意の保険に加入します。基本的に自賠責保険は加入する義務がありますが、補償の対象が相手のみになります。

そのため、万が一事故を起こしてしまったときのために、任意保険に加入するのがおすすめです。

6.納車

納車

契約や購入手続きが完了し、1週間ほどで納車になります。基本的に指定した納車場所に運んでもらえるため、自宅の駐車場などに届けてくれます。

ただし、自宅まで車を届けてもらう場合、費用に「輸送費」がかかることがあるので注意してください。自分で販売店まで取りにいけば輸送費はかかりません。

自宅から販売店までの距離を考えて、どちらが良いか判断すると良いでしょう。

納車前後にすること

購入費用を支払う

中古車を購入する際、購入費用を支払うのは手続きの終盤であり納車の前になります。ローンを組んで購入費用を支払うときは、そこまでに審査が完了していなければなりません。

 納車までをスムーズにするためには、時間に余裕を持ってローンの申し込みをし、購入までに審査が終わるようにしましょう。

銀行などの金融機関であれば事前審査などを行っているため、購入を検討するときに調べてみるのがおすすめです。

保険の検討・車両入替

保険の検討・車両入替

車両入替とは、保険証券に記載されている車を購入した新しい車に入れ替えることです。保険に加入後、事故などのトラブルが起きたとき、保険証券に記載された契約車両に対して保険金が支払われます。

そのため、中古車を購入したときは新しく保険に加入するか、既存の保険の車両入替を行う必要があります。

もし車両入替を行わずにいると、保険に加入しているのに保険金が支払われない可能性があるので注意しましょう。
納品車の点検

納車する際は、最終確認として購入者の立ち合いのもと点検を行います。車体に傷などがないか確認し、事前に知らされていなかった不具合・不備がないか確認しましょう。

最終的な確認が完了し、問題なければ確認書類にサインして納車が完了します。

中古車を納車するまでの流れで必要な書類

中古車を納車するまでの流れで必要な書類

車庫証明書

車庫証明書とは、自動車の保管場所を確保していることを証明する書類です。正式な名前は「自動車保管場所証明書」であり、車庫・駐車場を確保した上で警察署に申請します。

車庫は自宅でなくても構いませんが、自宅(使用の本拠の位置)から直線距離で2キロメートル以内でなければなりません。

基本的に自分で警察署に申請しますが、販売店に代理で取得してもらうことも可能です。

車検証・自賠責証明書

車検証は車が安全な基準を満たしているかどうかを証明するものであり、定期的に検査を受けなければなりません。中古車を購入する場合は、販売店が保管しています。

 中古車を購入する際は、自賠責保険に加入する必要があります。自動車損害賠償保障法で加入する義務が定められているため、必ず加入しなければなりません。

未加入の状態で公道を走ると違反になります。この自賠責保険に加入していることを証明する自賠責証明書も必要です。

実印・印鑑登録証明書

実印・印鑑登録証明書

中古車を購入する際の契約では実印が必要になり、その捺印が有効であることを証明するために、印鑑登録証明書が必要です。

実印は住んでいる市区町村で実印登録しているものを用意します。まだ実印登録や印鑑証明の登録が済んでいない人は、事前に準備しておきましょう。

また、中古車を購入する際に必要な印鑑証明は、発行した日から数えて3ヶ月以内のものが必要です。

委任状

中古車を購入する際の委任状とは、販売店が車の名義変更を代行するために必要な書類です。名義は大半が販売店になっているため、変更するために委任状が必要です。

この委任状は販売店が用意しているため、必要事項を記入するだけで完了します。自分で用意する場合は、国土交通省のホームページからダウンロードできます。

住民票

中古の軽自動車を購入する場合、本人確認書類として住民票の提出が求められます。普通車場合は印鑑証明が必要になりますが、軽自動車では住民票が必要です。

住民票は役所以外にもコンビニでも取得できます。その際、マイナンバーカードが必要になるので用意しておくのがおすすめです。

中古車を納車するまでに要する時間

中古車を納車するまでに要する時間

1週間~2週間が目安

ここまでの紹介の通り、中古車は一般的な家電などと違って手続きが多いため、購入したらすぐに乗車できるものではありません。

契約や必要書類の準備、購入費用の支払いなどがスムーズに済んだ場合、1週間から2週間ほどの期間で納車されます。

 ただし、手続きに不備があったり、販売する店舗が繁忙期だったりすると、時間が余計にかかることが考えられます。

主に決算やボーナスの時期になると車の売れ行きが良くなるため、このような時期は販売店が繁忙期で時間がかかりやすいです。

他にも、購入した販売店から納車場所まで距離があれば、その分時間がかかるので注意しましょう。

新車より中古車の方が納車まで早い傾向あり

中古車

中古車は新車と比較すると納車までが早くなる傾向があります。これは、新車と異なり中古車は書類の手続き・最終的な点検などの工程だけで済むからです。

 新車の場合、基本的に車の注文が起きてから発注・生産するケースが多いです。在庫を多く持ち過ぎないようにするため、受注生産に力を入れています。

初回生産分である程度台数を用意していたとしても、人気の車種やカラーだとすぐに売り切れてしまうでしょう。

このように、新車は生産する工程が必要であり、人気がある種類だとさらに時間がかかります。早くて1ヶ月から3ヶ月、場合によっては半年以上待つケースは少なくありません。

中古車の納車が早くなるケース・遅くなるケース

納車が早くなるケース

早くなるケース

必要書類が揃っている

中古車を購入する際には、さまざまな書類が必要です。購入してからこれらの書類を準備すると時間がかかる可能性があります。

 車庫証明などの書類を取得するためには、早ければ3日程度で済みますが、自治体によっては5日から1週間前後かかることも多いです。

このように発行までに時間がかかる書類は、事前に用意すれば納車までの期間を短縮できます。

購入する中古車が軽自動車

中古車を購入する流れ

購入する車が軽自動車の場合、域によっては車庫証明が不要です。そのため、用意する必要書類が少なくなるため、納車期間を短縮しやすくなります。

このように納期を短縮できれば、通常1週間から2週間かかるところを、3日から5日程度になるケースもあります。

急いで車を用意しなければならない事情がある場合は、軽自動車を優先して検討してみるのも良いでしょう。

購入する中古車の車検が残っている

購入する車の車検が残っている場合、車検を取る時間が不要になるため納車までの時間を短縮しやすいです。

そのため、できるだけ早く納車したい人や、急いで車を用意しなければならない人は、車検が残っている車を選ぶのがおすすめです。

遅くなるケース

遅くなるケース

必要書類の準備が遅い

納車が遅れるケースの中でも、必要書類を揃えるのに時間がかかってしまうことは多いです。用意したつもりでも書類に不備があると受理されないため、手続きがストップします。

 例えば、印鑑証明は発行されて3ヶ月以内という有効期限が存在します。そのため、少し前に発行したものの場合、有効期限切れになっているケースは少なくありません。

購入する際に必要な書類は決まっているため、できるだけ余裕を持って準備するのがおすすめです。

車の整備や補修に時間がかかる

納車前には販売店による最終的な点検・整備が入ります。このとき車に異常が見つかると、整備や補修に時間が必要になるため、納車が遅れる可能性があります。

また、見つかった異常の内容によっては想定以上に時間がかかることも少なくありません。例えば、修理に必要な部品を取り寄せなければならない場合、通常よりも時間がかかります。

車検が切れている車や、年式が古い車の場合、このようなトラブルが起きやすいので注意しましょう。

ローンの審査に時間がかかっている

ローンの審査に時間がかかっている

ローンを組んで中古車を購入するにあたって、審査に時間がかかる場合もあります。審査時間が長くなることで納車が遅れるケースがあるため要注意です。

会社や金融機関によって、ローンの審査時間は異なるので注意しましょう。例えば、銀行系のカーローンは金利が低い特徴がありますが、審査に時間を要してしまうのです。

販売店と納車する場所が離れている

販売店と納車する場所が離れていると、手続きや必要書類の受け渡しに手間がかかってしまいます。距離が近い場合と比較すると、どうしても納車までに時間がかかりやすいです。

また、納車する際に車を輸送する必要があるため、移動時間がかかり遅れてしまいます。

中古車の納車を早める方法とは?

中古車の納車を早める方法

書類を不備なく揃える

中古車を納車するまでには、いくつかの書類を用意する必要があります。書類に不備があったり、揃えるまでに時間がかかったりすると、納車が遅れてしまうでしょう。

 必要な書類の中には発行されるまでに時間を要するものもあります。例えば、車庫証明書は所轄の警察署で発行の申し込みを行う必要があり、1週間ほどかかります。

あらかじめ必要な書類と用意するまでにかかる時間を把握しておき、なるべく早く揃えるようにするのがおすすめです。書類を作成する際は記入漏れなどの不備がないよう注意してください。

販売店と交渉する

販売店と交渉

納車までに要する時間は販売店によって変わるため、販売店によっては納期が早くなることもあれば、遅くなることもあります。

そこで販売店に納車の希望日を伝えたり、できるだけ早く納車できるように交渉したりすることで、納車を早められる場合があるのです。

 販売店に対して事情を説明し、そのうえでスケジュールを相談することで、納車を早めてくれる可能性があります。

販売店の中には、納車までのスピードをアピールしている店舗もあるため、交渉する価値はあるといえるでしょう。

ただし、無理に納車までの期間を短くすると、整備不良などのトラブルに繋がる可能性もあるため注意してください。

日取り・日柄を気にしない

納車は縁起が良いとされる「大安」を選ぶ人が多く、販売店なども考慮に入れてスケジュールを調整することは少なくありません。

 この日柄により予定していた納車スケジュールが狂うケースがあります。日柄・六曜の内、縁起が良いとされる大安は6日に1度しかないため、こだわると日程調整が難しくなります。

これらの日取りを無視し、最短で納車したい旨を販売店に伝えることで、スケジュールを短縮しやすいです。

ローンの事前審査を受ける

ローンの事前審査

ローン審査に通過できなかった場合、再度申し込み先を探すことになるため時間を要してしまいます。その結果、当初の予定が狂い納車が遅くなってしまうのです。

 購入する際に、ローンを利用する場合は事前に審査を受けておくのがおすすめです。多くの金融機関では、車のローンを組む際に事前審査を受け付けていることが少なくありません。

そこで、事前審査を受けておけば仮に通らなかった場合でも、他の金融機関・ローン会社を探す余裕が生まれるため、スムーズに手続きを行いやすくなります。

車を1円でも高く売る前に必ずすべきたった1つのこと

今まで大切に使ってきた愛車を売ることに決めたら、少しでも高い値段で買取をしてもらえたら嬉しいですよね。しかし、1社1社に見積もりを出して車を見てもらうことは時間も労力もかかりすぎてしまいます。 そんな時におすすめなのが、車買取一括査定サイトです。一括査定サイトによっては、最大で30社もの業者に一括で査定の依頼をしてくれ、しかも利用料は無料
一括査定をしてくれる提携先の業者も大手から中小まで揃っており、いずれも優良な業者のみと提携しているので安心して査定を依頼できます。
当サイトが自信を持っておすすめできる車買取一括査定サイトを厳選して6社ご紹介します!
カーセンサー


ナビクル


ズバット車買取


カービュー


ユーカーパック

カーセンサーロゴ
ナビクル
ズバット車
カービュー 車買取
ユーカーパック
提携買取業者数
・一括査定の場合:
最大30社
・オークションの場合:最大5,000社


約50社


200社以上


200社以上


最大5,000社

利用料(税込)


無料査定


無料査定


無料査定


無料査定


無料査定

入金スピード


2〜5営業日


2日〜1週間程度


-


2日~1週間程度


10日前後

対応地域


全国


全国


全国


全国


全国

廃車買取











カーセンサー

カーセンサー
カーセンサーのおすすめポイント
  • 一括査定で最大30社へ査定依頼!
  • オークションなら最大5000社が入札
  • アプリならスマホでいつでも簡単
  • 優良な提携業者のみなので安心
  • 売却まで簡単3ステップ
カーセンサーでは売却方法を2つから選ぶことが可能で、一括査定を選択すれば最大30社へ同時に査定依頼が可能、オークションを選択すれば電話対応1社のみで最大5000社が一度に入札してくれます。
 査定依頼をしてくれる業者の数が多ければ多いほど、あなたの愛車の価値をわかってくれる業者の目に留まるということに繋がります。
どんな車でも0円以上の買取保証があるから必ず車を売ることができるのも安心です。
\愛車を最高額で売るなら/
また、全国どこでも無料で引き取ってくれ、手続きも無料で代行してくれるので、ご自身で足を運んで手を動かす必要もナシ! すこしでも高く、確実に売りたい方に特におすすめです。
他社と比較して、価値をわかってくれる1番高い価格で売却しましょう。
提携買取業者数
  • 一括査定の場合:最大30社
  • オークションの場合:最大5000社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\愛車を最高額で売るなら/
出典:公式サイト

ナビクル車査定

ナビクル車査定
ナビクル車査定のおすすめポイント
  • 最大10社まで一括査定の申し込みができる
  • 最短47秒で査定申込手続きが完了する
  • 査定費用は無料
  • 73%の人が高く売れたと実感
  • 97.7%の人が査定申込後から1ヶ月以内で売却を成功させている ※公式ページ参照
ナビクル車査定は最大10社の車買取業者に一括査定を申し込めるサービスで、最短47秒で査定申込手続きが完了するので、気軽に査定依頼ができます。 もちろん査定費用は無料ですし、ナビクル車査定の運営企業は東証一部上場の株式会社エイチームのグループ企業です。
大切な車の査定依頼を出すのに、信頼できる会社といえるでしょう。
 
査定依頼後1ヶ月以内に97.7%の人が、車の売却を成功させたことから満足度の高さもうかがえます。
\最高額で売るなら/
2019年5月のアルファードの売却の際は、他社の下取り185万円のところナビクルの一括査定を利用することで305万円の買取価格がつき、120万円もお得になった事例もあります。
2021年6月時点での利用実績はなんと400万件以上と多くの方に利用されていることからも、ナビクルの実力がうかがえますね。
ナビクル 利用フロー ナビクルの利用もかんたん45秒・たったの3ステップで完了しますので一度利用してみる価値はありますよ。
提携買取業者数
  • 約50社
  • 一括査定可能社数:10社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最高額で売るなら/
出典:公式サイト

ズバット車買取

ズバット車買取
ズバット車買取査定のおすすめポイント
  • 累計利用者200万人突破
  • 下取りより平均16万円アップ
  • 全国の買取データを元に現在&半年後の相場がわかる
ズバット車買取では、全国の過去買取データから愛車の現在と半年後の相場がわかるので、相場よりも高く売却できる買取業者を選択することができます。 買取までは簡単3ステップ、申込みも入力は最短32秒と簡単に手続きできます。 ズバット車買取一括査定 利用フロー
\最高買取価格がすぐわかる/
ズバット車買取査定で車を売った人の77.5%が「車が高く売れた」と回答平均換算で23.2万円も得をしていることがわかっています。 利用者数累計200万人を突破している人気の無料サービスです。
依頼フォームから依頼をするだけでご自身の愛車の買取相場もすぐに分かるので、一度相場だけでも知りたい方にももってこいいです。
 
提携買取業者数
  •  約300社
  • 一括査定可能社数:10社
利用料 無料
対応地域 全国
\最高買取価格がすぐわかる/
出典:公式サイト

カービュー

カービュー
カービューのおすすめポイント
  • 利用実績450万人突破
  • 完全無料!有名買取店・専門店のプロが査定
  • 平均16万円もアップしている
  • 全国300社以上の提携社数を誇る
査定会社の提携社数が全国300社以上を誇るカービューは、その中から最も高額で愛車を買い取ってくれる業者を最大8社分一度に査定してくれます。
実際、トヨタのプリウス(2011年式/走行距離1万km)の中古車を2015年11月に査定した結果、他社の買取希望金額よりも30万円も高い150万円の査定額が出たことも。
 平均換算だと他社の提示金額より16万円も高い金額が提示されているのがカービューの特徴です。
\最大8社に査定依頼/
カービューの利用方法もかんたん3ステップ!
カービュー 利用フロー
提携先の査定会社は大手買取会社から中規模の会社まで様々なので、色んな角度からあなたの愛車の価値を見出してくれる業者が出てきてくれること請け合いです。
提携買取業者数
  • 300社以上
  • 一括査定可能社数:8社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最大8社に査定依頼/
出典:公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパック
ユーカーパックのおすすめポイント
  • やりとりはユーカーパック1社のみ
  • 最大5,000社から買取価格表示
  • 直接取引なので中間コストがかからない
  • 車買取の相場表・価格の実績データがわかる
ユーカーパックは最大5,000社から買取価格を提示され、1番高く買い取ってくれる業者を選ぶことができます。
 業者との面倒なやり取りはユーカーパック1社のみなので複数社と連絡をとりあう必要はありません。
さらに、過去の車査定価格の実績データも公開しているので自分の車がどれくらいで売れたのか確認できます。安く買い叩かれる心配はありません
\最大5000社から比較/
簡単5ステップで最大5,000社の中から1番高く買取可能な業者が見つかります。さらに、直接取り引きなので中間に入る業者がいない分、高く売却できる可能性が高いのです。
車をすこしでも高く、面倒な手間なく売却したいならユーカーパックもおすすめです!
提携買取業者数 最大5,000社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最大5000社から比較/
出典:公式サイト

MOTA車買取

MOTA車買取
MOTA車買取のおすすめポイント
  • 顧客満足度調査で3つのNO.1を受賞
  • 査定はネットで完結
  • 申し込みの翌日に概算の査定が完了
  • 電話連絡は高額査定の3社のみ
  • 最大20社以上での同時査定が可能
  • 取引手数料0円
MOTA車買取は、査定額が出るまでネットで完結する一括査定サイトで、実際に車を見せなくても申込みの翌日18時に概算査定額がWEB上に表示されます。 しつこい営業電話がないことが有名で非常に好評となっており、高額査定の最大3社のみとやりとりするだけであっという間に愛車を高額で売却することができます。
もちろん気になる買取店があれば追加で選べます。
\やりとりは高額査定店のみ!/
MOTA車買取の利用フローもたったの4ステップで完了します。
MOTA車買取 利用フロー
提携買取業者数
  • 200社以上
  • 一括査定可能社数:20社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\やりとりは高額査定店のみ!/
出典:公式サイト

まとめ

この記事では、中古車の購入から納車までの流れを解説しました。中古車の場合、納車まで2週間前後かかることが多いです。

納車までの手続きにはさまざまな書類が必要になり、書類を用意するのに時間がかかったり、不備があったりすると納車が遅れるので注意しましょう。

反対に、不備がない書類をあらかじめ準備しておくことで、スムーズに手続きが進みます。他にも販売店と相談・交渉することで、納車までの期間を短縮できます。

購入から納車までに必要なことや日数などを把握し、計画を立てるのがおすすめです。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事