中古車 買い方

マイカーを購入するにあたって、すべての人が新車を買うとは限りません。中古車の方が価格を抑えられる可能性があるため、求める車を探し購入に至るケースも少なくないでしょう。

しかし、今まで中古車を買ったことがない人にとって、どのような手順となるかは気になるところです。そこで今回は、初心者向けとして中古車の買い方を紹介します。

また、中古車を安く買うコツや注意点についても解説。少しでも費用を抑えたい方はぜひ参考にしてみてください。

中古車購入時にローンを利用する際のポイントも紹介していますよ。

中古車の買い方!初心者向けの方法は?

中古車

中古車販売店・ディーラーで買う

お金をかけてでも安心して中古車を購入したい人は、中古車販売店やディーラーをおすすめします。

中古車販売店やディーラーで中古車を購入する最大のメリットは、専門家に購入ポイントやローンの組み方など、詳細に至るまで一任できるという点です。

 中古車を購入したことがなく、どのように中古車を買えば良いかわからない人は、最初から専門家に依頼した方が手間もコストも節約できるでしょう。

当然ながら、中古車販売店やディーラーを利用すると手数料やマージンがかかるため、オークションや個人売買などより、ややコストは高くなる点には注意してください。

オークション・個人売買で買う

中古車

もう一つの中古車購入の方法として、オークションや個人売買が挙げられます。これらの購入方法のメリットは、場合によってコストを大きく抑えられるという点です。

中古車オークションには、業者間と個人間のものがあります。業者間オークションは全国で幅広く頻繁に行われていますが、誰でも参加できる訳ではありません。

 業者間オークションに参加できるのは、販売店やディーラーなどの業者のみです。

業者間オークションに出品されている中古車を個人が購入したい場合、業者に代理で参加してもらう方法があります。その場合は、代行料金が発生するため注意してください。

個人間オークション・個人売買とは

中古車

個人間オークションとは、「ヤフオク!」などを利用した方法で、会員登録をすれば誰でも参加できます。

オークションは出品された中古車によっては安く購入できる場合もありますが、珍しい車などは新品よりもかえって高額になってしまう可能性があるのです。

そして、個人売買という方法は、初心者にとって要注意です。フリマサイトなどを経由し個人で売買することで、業者への手数料などを抑えられる点はメリットになります。

 しかし、手軽さもある反面、個人売買による車のやり取りはトラブルも多い傾向にあるのです。

車は一度購入すると返品・処分は簡単にできません。個人売買は専門家が取引する訳ではなく、自動車の保管や査定は完璧ではないため、納車後の不備などトラブルが珍しくないのです。

中古車を購入する際、初心者がプロの力を借りずに問題なく個人売買を成立させるのは簡単ではないでしょう。

中古車の買い方を6STEPで解説

中古車

中古車を購入する際は、以下の手順で進めましょう。スムーズに購入できるよう、事前に把握しておくことをおすすめします。

中古車の買い方手順
  1. 予算を決める
  2. 車種やグレードを決める
  3. 目当ての中古車をリサーチする
  4. 見積書を入手する
  5. 購入先と支払い方法を決定する
  6. 納車

予算を決める

中古車の購入のために、最初に予算を決めましょう。必要な予算は中古車本体の価格以外にもさまざまなものがあるため、きちんと把握しておかなければいけません。

 特に忘れずに考えておかなければならないことが、中古車購入後にかかる費用です。

駐車代・ガソリン代・車検代など、メンテナンス費や維持費が想像していた以上に高いという状況に陥っても、実際に車を購入した後では対処がしづらいです。

2車種やグレードを決める

中古車

次に、予算に応じて車種やグレードを決めます。目星をつけている中古車が予算内に収まっていればベストです。しかし、予算を重視する場合は使用目的によって選ぶことをおすすめします。

例えば、「何人で乗車したいか」「走行距離を重視するか」など、どういう目的で車が欲しいのか、それに見合ったものを選ぶようにしましょう。

3目当ての中古車をリサーチする

予算を考慮したうえで欲しい車種が決まったら、目当ての中古車をリサーチしていきます。中古車販売店やディーラーへ直接行くという方法もありますが、ネットの利用もおすすめです。

 インターネットは自分のニーズに合った条件で絞って中古車を検索できるため、求めるものを見つけやすいというメリットがあります。

しかし、購入したい中古車の条件を満たしていても、取り扱っている店舗が遠方というケースは大いに考えられるでしょう。店舗が遠方の場合、来店するための交通費や時間がかかってしまうため注意してください。

近くの店舗で理想に近い車はないか、まずはチェックしてみましょう。

4見積書を入手する

中古車の見積書

欲しい中古車を取り扱っている店舗をリサーチしたら、その店舗に見積書を依頼しましょう。同じ車を取り扱っていても、手数料などにより料金が大きく異なる可能性はゼロではありません。

1社だけでなく複数の店舗や業者の見積もりを比較し、一番予算や目的に合った中古車を選ぶようにしましょう。

5購入先と支払い方法を決定する

複数の見積書をチェックし店舗や業者が決まったら、いよいよ中古車を購入する手続きに入ります。

 購入手続きには、車庫証明や印鑑証明などの書類が必要になる場合があるため、持参してください。

そして、中古車の支払い方法には一括払いとローンがあります。今後購入した中古車にかかってくる費用などを踏まえて、無理の無い支払い方法を選びましょう。

自動車ローンを組む場合は審査に時間がかかるため、申し込み手続きは事前にしておくことをおすすめします。

6納車

中古車

無事に購入手続きが終わったら納車となります。なお、納車は購入手続き当日にできる訳ではありません。

購入の手続きが完了してから、店舗や業者は中古車の最終チェック・点検・所有権移行などの対応をするため、1週間~2週間程度の時間がかかります。

 実際に自分の手元に中古車が届くのは、購入手続きから1週間~2週間程度の期間を要すと考えておきましょう。

買い替えの場合は、現在所有している車を処分するタイミングに注意しなければいけません。購入した中古車が届く前に手放してしまうと、車の無い期間が発生します。

中古車を安く買うコツ

中古車

相場をリサーチしておく

中古車はものによって、価格の変動に差があります。そのため、あらかじめ欲しい中古車の価格推移や相場についてリサーチしておくことをおすすめします。

 例えば、同じ車種でも新しいモデルが出れば、旧モデルの価格が下がる可能性があります。

また、中古車の価格変動の流れはすべて同じではありません。急に価格が下がるものもあれば、いつまでも一定のものもあります。

株価のように日によって価格が上下するケースもあるため、欲しい車の価格推移や相場は常にチェックしておきましょう。

安い時期を狙う

中古車

中古車は、年間を通して価格が変動します。つまり、価格が下がりやすい時期に購入するとコストを抑えられる可能性が高いです。

例えば、2月や3月頃は車を購入する人が多い傾向にある一方で、4月や5月は自動車購入の波が収まっている時期です。そのため、2月や3月頃より4月や5月は価格が下がる傾向にあります。

さらに、4月や5月の中古車価格が下がる別の理由として、2月や3月に車を買い替える人が多いというものもあります。

市場に出回る時期が狙い目

新車・中古車のいずれも、市場に多く出回る時期は全体的に価格が下がる可能性が高いです。

 決算期の3月や9月も、安く中古車を購入できる時期として狙い目となります。店舗や業者は決算期の売上を伸ばすために、自動車1台あたりの価格を下げる時期となることが理由です。

ただし、常に人気のある自動車などは、値下げの時期が無い可能性もあるため注意してください。

購入時の諸費用をなるべく抑える

中古車の購入費用

中古車の購入時にかかる諸費用を抑えることも、安く買うコツと言えるでしょう。諸費用とは、税金・代行費・人件費などが挙げられます。

 税金を抑えることは難しいですが、代行費や人件費は自分の労力によって抑えられます。例えば、購入した車を自分で店舗まで取りに行くと、自宅までの移動費用を節約可能です。

その他にも、中古車購入にかかる証明書の手続きやクリーニングを自分で行うと代行手数料をカットできます。

諸費用をなるべく抑えたい人は、あらかじめ何にどれくらいのお金が必要かを把握しておきましょう。そして、自分で賄えるものは何かもあわせて確認することをおすすめします。

中古車を購入する際の注意点

中古車

複数の会社をリサーチする

同じ種類の車でも、扱う店舗や業者によって価格や状態が異なるケースは少なくありません。

そのため、1社ではなく複数の店舗や業者をリサーチし、自分にとってベストなところを選ぶようにしましょう。

 中古車を購入するということは、本体以外にもチェックすべき点は多々あります。

例えば、アフターフォローは充実しているか・スタッフの対応は丁寧か・中古車に対する知識は確かかなど、さまざまな観点から購入先を検討してください。

補償内容を確認する

中古車

中古車は新車に比べて、不備やトラブルの可能性が高い傾向にあります。せっかく安く中古車を購入しても、不備やトラブルのために出費がかさんでしまっては意味がありません。

万が一の場合に備えて補償が整っているかチェックすることも、中古車選びにおいて大切なポイントです。

実際に目で見て購入する

中古車を購入する際に起こりやすいトラブルとして、リサーチしたときと実際の車の状態が異なっている点が挙げられます。

 インターネットでチェックした際は新品のようなクオリティであったにも関わらず、実際は傷や不具合だらけだったという可能性はゼロではありません。

納車後のトラブルは個人売買で起こりやすいですが、中古車販売店やディーラーで購入した場合でも起こりえると理解しておきましょう。

トラブルを防ぐためにも、購入前に必ず実際に車の状態を確認しておいてください。

事故歴・故障歴もチェックする

中古車

事故車とは、その名の通り「交通事故を起こした車」です。事故車は中古車の中でも特に安く購入できる傾向にあるため、価格を抑えたい人にとってはメリットと言えるかもしれません。

 しかし、事故歴や故障歴がある車は、いくら綺麗に修理をしていても何かしらの不備を抱えている可能性は否定できないのです。

再び事故を起こすリスクも高く、仮に購入後に売却しても買い手がつかない可能性もあります。

事故歴や故障歴は、後々のことを考えても事前にチェックしておくことをおすすめします。

中古車購入時にローンを利用する際のポイント

中古車購入のローンを組む

年利をチェックする

中古車のローンは、長年に渡って返済する可能性が高いです。そのため、少しでも年利が低いローンを選ぶことでトータルの出費を抑えられます。

最も年利が安い傾向にあるものが銀行ローンです。しかし、銀行ローンは年利が安いというメリットがある一方、審査が厳しく融資に至るまで時間がかかる点に注意しなければいけません。

 審査の通過率をアップさせたい、ローンを組む手間を省きたいという人はディーラーローンがおすすめです。

ディーラーローンは中古車購入手続きと同時に組める場合が多く、時間を節約できます。ただし、ディーラーローンは銀行ローンと比べ年利が高い傾向にあることを認識しておきましょう。

複数社にローンの申し込みはしない

中古車購入のローンを組む

複数社のローンを利用することは、デメリットが多いためおすすめしません。自動車ローンに限らず、一般的に少額なローンほど金利が高い傾向にあります。

 そのため、複数社から少額ずつでローンを組むと、借りた金額が同じでも1社で借りた時より利息を高く支払わなければならない可能性があるのです。

また、ローン会社は信用情報を共有している場合があります。同時に複数社のローンを申し込むと、お金に余裕が無いにも関わらず車を購入しようとしていると捉えられかねません。

複数社からローンを組まなければ中古車を買えない場合、予算の見直しをおすすめします。

完済までの期間を把握する

ローンで中古車を買う

中古車をローンで購入する際は、車の寿命と完済までの期間を照らし合わせて検討しましょう。

 仮に車の保有期間より完済までの期間が長い場合、次の車の買い替え時にもローンを抱えた状態になってしまいます。

その結果、次の車の購入費用にプラスしてローンを支払うことになるため、金銭面で大きなダメージを与えかねません。

一般的に中古車の寿命は10年未満と考えられているため、ローンは3年~5年程度で完済できるものを選ぶと良いでしょう。

今の車を高く売れれば中古車を安く購入できる!

中古車

中古車を安く手に入れたい人は、今の車を高く売って中古車代に充てるという手段も検討してみてください。今の車を売るステップは以下の通りです。

今の車を売る手順
  1. 買取店を選ぶ
  2. 車を査定に出す
  3. 必要書類を揃えて売却手続きをする
  4. 手続きが完了したら車を引き渡す

車を売る際は、まず買取店を選びます。実際に店舗に行くのも良いですが、さまざまな買取店を比較したい場合はインターネットで売却先を選びましょう。

 一括査定サイトを活用することで、複数の業者の買取額を一度で比較できます。最も高値が付いたところへ売却しましょう。

買取店が決まり金額に納得したら、必要書類を揃えて売却手続きが開始となります。そして、手続き完了後に車を引き渡したら、一般的には2日~1週間程度で入金されるという流れです。

高く売るための工夫もする

中古車

今の車を売った際に得たお金を中古車の購入に充てることで、予算の範囲が広がるうえ、より安く中古車を手に入れられる可能性が高まります。

そのため、出来る限り今の車を高く売るために、事前に価格の相場を調べさまざまな売却先を比較してみてください。また、車を高く売るための工夫も忘れてはいけません。

 例えば、売りに出す前に車を綺麗にしておく、メンテナンスノートを持参するなど、業者の印象を良くすることがポイントです。

実際に査定士と顔を合わせる際は、口頭でアピールするチャンスとも言えます。そのため、可能な限り良い点はピックアップしておきましょう。

車を1円でも高く売る前に必ずすべきたった1つのこと

今まで大切に使ってきた愛車を売ることに決めたら、少しでも高い値段で買取をしてもらえたら嬉しいですよね。しかし、1社1社に見積もりを出して車を見てもらうことは時間も労力もかかりすぎてしまいます。 そんな時におすすめなのが、車買取一括査定サイトです。一括査定サイトによっては、最大で30社もの業者に一括で査定の依頼をしてくれ、しかも利用料は無料
一括査定をしてくれる提携先の業者も大手から中小まで揃っており、いずれも優良な業者のみと提携しているので安心して査定を依頼できます。
当サイトが自信を持っておすすめできる車買取一括査定サイトを厳選して6社ご紹介します!
カーセンサー


ナビクル


ズバット車買取


カービュー


ユーカーパック

カーセンサーロゴ
ナビクル
ズバット車
カービュー 車買取
ユーカーパック
提携買取業者数
・一括査定の場合:
最大30社
・オークションの場合:最大5,000社


約50社


200社以上


200社以上


最大5,000社

利用料(税込)


無料査定


無料査定


無料査定


無料査定


無料査定

入金スピード


2〜5営業日


2日〜1週間程度


-


2日~1週間程度


10日前後

対応地域


全国


全国


全国


全国


全国

廃車買取











カーセンサー

カーセンサー
カーセンサーのおすすめポイント
  • 一括査定で最大30社へ査定依頼!
  • オークションなら最大5000社が入札
  • アプリならスマホでいつでも簡単
  • 優良な提携業者のみなので安心
  • 売却まで簡単3ステップ
カーセンサーでは売却方法を2つから選ぶことが可能で、一括査定を選択すれば最大30社へ同時に査定依頼が可能、オークションを選択すれば電話対応1社のみで最大5000社が一度に入札してくれます。
 査定依頼をしてくれる業者の数が多ければ多いほど、あなたの愛車の価値をわかってくれる業者の目に留まるということに繋がります。
どんな車でも0円以上の買取保証があるから必ず車を売ることができるのも安心です。
\愛車を最高額で売るなら/
また、全国どこでも無料で引き取ってくれ、手続きも無料で代行してくれるので、ご自身で足を運んで手を動かす必要もナシ! すこしでも高く、確実に売りたい方に特におすすめです。
他社と比較して、価値をわかってくれる1番高い価格で売却しましょう。
提携買取業者数
  • 一括査定の場合:最大30社
  • オークションの場合:最大5000社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\愛車を最高額で売るなら/
出典:公式サイト

ナビクル車査定

ナビクル車査定
ナビクル車査定のおすすめポイント
  • 最大10社まで一括査定の申し込みができる
  • 最短47秒で査定申込手続きが完了する
  • 査定費用は無料
  • 73%の人が高く売れたと実感
  • 97.7%の人が査定申込後から1ヶ月以内で売却を成功させている ※公式ページ参照
ナビクル車査定は最大10社の車買取業者に一括査定を申し込めるサービスで、最短47秒で査定申込手続きが完了するので、気軽に査定依頼ができます。 もちろん査定費用は無料ですし、ナビクル車査定の運営企業は東証一部上場の株式会社エイチームのグループ企業です。
大切な車の査定依頼を出すのに、信頼できる会社といえるでしょう。
 
査定依頼後1ヶ月以内に97.7%の人が、車の売却を成功させたことから満足度の高さもうかがえます。
\最高額で売るなら/
2019年5月のアルファードの売却の際は、他社の下取り185万円のところナビクルの一括査定を利用することで305万円の買取価格がつき、120万円もお得になった事例もあります。
2021年6月時点での利用実績はなんと400万件以上と多くの方に利用されていることからも、ナビクルの実力がうかがえますね。
ナビクル 利用フロー ナビクルの利用もかんたん45秒・たったの3ステップで完了しますので一度利用してみる価値はありますよ。
提携買取業者数
  • 約50社
  • 一括査定可能社数:10社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最高額で売るなら/
出典:公式サイト

ズバット車買取

ズバット車買取
ズバット車買取査定のおすすめポイント
  • 累計利用者200万人突破
  • 下取りより平均16万円アップ
  • 全国の買取データを元に現在&半年後の相場がわかる
ズバット車買取では、全国の過去買取データから愛車の現在と半年後の相場がわかるので、相場よりも高く売却できる買取業者を選択することができます。 買取までは簡単3ステップ、申込みも入力は最短32秒と簡単に手続きできます。 ズバット車買取一括査定 利用フロー
\最高買取価格がすぐわかる/
ズバット車買取査定で車を売った人の77.5%が「車が高く売れた」と回答平均換算で23.2万円も得をしていることがわかっています。 利用者数累計200万人を突破している人気の無料サービスです。
依頼フォームから依頼をするだけでご自身の愛車の買取相場もすぐに分かるので、一度相場だけでも知りたい方にももってこいいです。
 
提携買取業者数
  •  約300社
  • 一括査定可能社数:10社
利用料 無料
対応地域 全国
\最高買取価格がすぐわかる/
出典:公式サイト

カービュー

カービュー
カービューのおすすめポイント
  • 利用実績450万人突破
  • 完全無料!有名買取店・専門店のプロが査定
  • 平均16万円もアップしている
  • 全国300社以上の提携社数を誇る
査定会社の提携社数が全国300社以上を誇るカービューは、その中から最も高額で愛車を買い取ってくれる業者を最大8社分一度に査定してくれます。
実際、トヨタのプリウス(2011年式/走行距離1万km)の中古車を2015年11月に査定した結果、他社の買取希望金額よりも30万円も高い150万円の査定額が出たことも。
 平均換算だと他社の提示金額より16万円も高い金額が提示されているのがカービューの特徴です。
\最大8社に査定依頼/
カービューの利用方法もかんたん3ステップ!
カービュー 利用フロー
提携先の査定会社は大手買取会社から中規模の会社まで様々なので、色んな角度からあなたの愛車の価値を見出してくれる業者が出てきてくれること請け合いです。
提携買取業者数
  • 300社以上
  • 一括査定可能社数:8社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最大8社に査定依頼/
出典:公式サイト

ユーカーパック

ユーカーパック
ユーカーパックのおすすめポイント
  • やりとりはユーカーパック1社のみ
  • 最大5,000社から買取価格表示
  • 直接取引なので中間コストがかからない
  • 車買取の相場表・価格の実績データがわかる
ユーカーパックは最大5,000社から買取価格を提示され、1番高く買い取ってくれる業者を選ぶことができます。
 業者との面倒なやり取りはユーカーパック1社のみなので複数社と連絡をとりあう必要はありません。
さらに、過去の車査定価格の実績データも公開しているので自分の車がどれくらいで売れたのか確認できます。安く買い叩かれる心配はありません
\最大5000社から比較/
簡単5ステップで最大5,000社の中から1番高く買取可能な業者が見つかります。さらに、直接取り引きなので中間に入る業者がいない分、高く売却できる可能性が高いのです。
車をすこしでも高く、面倒な手間なく売却したいならユーカーパックもおすすめです!
提携買取業者数 最大5,000社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\最大5000社から比較/
出典:公式サイト

MOTA車買取

MOTA車買取
MOTA車買取のおすすめポイント
  • 顧客満足度調査で3つのNO.1を受賞
  • 査定はネットで完結
  • 申し込みの翌日に概算の査定が完了
  • 電話連絡は高額査定の3社のみ
  • 最大20社以上での同時査定が可能
  • 取引手数料0円
MOTA車買取は、査定額が出るまでネットで完結する一括査定サイトで、実際に車を見せなくても申込みの翌日18時に概算査定額がWEB上に表示されます。 しつこい営業電話がないことが有名で非常に好評となっており、高額査定の最大3社のみとやりとりするだけであっという間に愛車を高額で売却することができます。
もちろん気になる買取店があれば追加で選べます。
\やりとりは高額査定店のみ!/
MOTA車買取の利用フローもたったの4ステップで完了します。
MOTA車買取 利用フロー
提携買取業者数
  • 200社以上
  • 一括査定可能社数:20社
利用料(税込) 無料
対応地域 全国
\やりとりは高額査定店のみ!/
出典:公式サイト

まとめ

この記事では、初心者向けとして中古車の買い方を紹介し、安く買うコツや注意点についても解説しました。

中古車を購入する際は、販売店やディーラー、もしくはオークション・個人売買といった方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、事前に把握しておきましょう。

なお、安く購入するには相場をチェックすることや安い時期を狙うこと、購入時の諸費用をなるべく抑えることなどが重要です。

中古車を購入する際は、複数社の価格を調査することや実際に目で見て状態が良いかなどを確認しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事