どう違う?カーシェアとレンタカーの違いを5項目で徹底比較

レンタカーとカーシェア。利用経験の少ない方や、利用したことがない方にとっては、サービス内容自体も違いがいまいち分からないという人も少なくないのではないでしょうか?

また、普段買い物など日常使用ばかりだったけど、友人との旅行等で1泊2日・24時間以上の長距離・長時間利用をする機会があり「どちらの方が安く済むのか?」と考えている方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、レンタカーとカーシェアの主な違いや、多くの方が気になるどちらがお得なのかという点を比較・検証していきます。

レンタカーとカーシェアはどう違う?

並んだ2台の車利用経験の少ない方だと、レンタカーとカーシェアの違いが上手く説明できないという人も多いのではないでしょうか?まずは、この2つの主な違いについて解説していきたいと思います。

手軽さに特化したカーシェア

カーシェアとは「カーシェアリング」の略称で、近年大幅にシェアを拡大してきた会員制のサービスです。

日本ではラウンドトリップ方式という方法を採用しており、ステーションで車を借りて同じステーションへ返すのが基本的な使い方です。

利用時は、インターネットから予約を行い自身の会員カードを使用し解錠を行います。車の鍵はグローブボックス、給油用のカードは車内の所定の位置に置いてあるので、必要に応じて使用しましょう。

月会費 あり
利用料金 10分~15分刻みの時間料金(距離料金が追加される場合もあり)
利用可能時間 24時間
保険 月会費に含まれる
給油 月会費に含まれる
予約方法 インターネット
支払い方法 クレジットカード
返却場所 出発ステーションと同じ/一部別のステーションに乗り捨て可能な場合もあり
キャンセル料 利用開始時間前まで無料

サービスが充実したレンタカー

受付の男性レンタカーは馴染みのある方も多いでしょう。多くの場合、車種は大きさを基準にクラス別に分かれており、各クラスによって料金が変わります。

月会費 なし
利用料金 3時間からの時間料金
利用可能時間 店舗営業時間による
保険 別途支払い
給油 別途支払い
予約方法 電話・インターネット
支払い方法 現金・クレジットカード
返却場所 出発店舗・同系列の別店舗
キャンセル料 6日前より発生

料金を比較|レンタカーとカーシェア

一番気になる料金について確認してみましょう。ここでは、月会費・短距離使用時・長距離使用時の3つの観点から料金を比較します。

レンタカーとカーシェアでは、料金体型も大きく違うのでしっかりとチェックしておきましょう。

月会費

クレジットカードと現金レンタカーは使用時に必要な料金を支払うのみなため、月会費はかかりません。

カーシェアの場合は会員制が基本なので、利用の有無にかかわらず毎月月会費が発生する業者がほとんどです。主な3社の月会費はこの様になっています。

タイムズカー 880円※1
カレコ 980円※2
オリックスカーシェア 880円※3

月会費には同額の割引が付くため利用頻度が高い場合は実質0円です。

近場での短距離・短時間使用

短距離・短時間使用や、日常使用に優れたカーシェアですが、レンタカーと比較するとどうでしょうか?コンパクトカークラスの車種で比較してみましょう。

レンタカー|コンパクトカークラス/1時間利用 2640円~
カーシェア|コンパクトカークラス/1時間利用 660円~

 

10分や15分単位で料金計算が行われるカーシェアの方が、短時間使用では圧倒的に安く済む様です。レンタカーは、最低でも3時間からの利用なので短時間でも割高になります。

旅行など長距離・長時間使用

車の上に乗る女性旅行での利用を想定し、24時間利用・ミニバンクラスの車両で比較してみたいと思います。

レンタカー|ミニバンクラス/24時間利用 8650円~
カーシェア|ミニバンクラス/24時間利用 13500円+20円/km(距離料金)

 

長時間利用した場合はレンタカーの方がレンタル料金は安く済む様です。カーシェアは長時間利用の場合「距離料金」が発生するので、割高になりやすいでしょう。

特殊な用途の場合

自身で行う引越し作業や、職場・友人での旅行の際など、トラックやバスが必要となる場合もあるかと思います。

カーシェアでは乗用車の貸出が基本なため、そういった用途の車両は用意されていません。しかし、幅広い車種が用意されているレンタカーの場合、トラックやバスのレンタルを行っている業者も数多くあります。

こういった場合は、レンタカーの利用が適していると言えるでしょう。

貸し出し時間を比較|レンタカーとカーシェア

夜道と車カーシェアの利用可能時間はインターネット手続きのため、24時間利用が可能です。深夜などでも必要な時に利用できるので、急に車が必要になった場合でも対応が可能です。

レンタカーの場合、店舗の営業時間内での手続きが必要なため、急に車が必要になっても対応は困難でしょう。用途にもよりますが、通常使用であればカーシェアの方が急な状況にも対応できるサービスと言えるでしょう。

 24時間利用可能ですが、車が空いていない場合は別のステーションを利用するなどの対応が必要です。

車種選択を比較|レンタカーとカーシェア

カーシェアとレンタカーでは、車種の違いはあるのでしょうか?タイプ別で比較してみましょう。

カーシェア レンタカー
軽自動車(軽トラを含む)
コンパクトカー
セダン・SUVなどの乗用車
ミニバンクラス
高級車(輸入車含む)
トラック ×
バス ×
バン(商用車)
福祉車両 ×

 

レンタカーではさまざまな用途の車両が用意されており、業務でレンタカーを利用する企業もあります。

オプションを比較|レンタカーとカーシェア

車内のカーナビチャイルドシート・4WDなど、カーシェア・レンタカー共に各種オプションが用意されています。標準装備になっているもの・ないものを比較してみましょう。

カーシェア レンタカー
チャイルドシート 無料~ 550円/1日~
4WD 無料 1650円/1日~
ETC 標準装備 標準装備・無料
カーナビ 標準装備 標準装備・無料・550円/1日
スタッドレスタイヤ 無料・2200円/1日~ 1650円/1日~
タイヤチェーン なし 1650円/1回~

トラックやバスなど特殊な用途の車両を取り扱うレンタカーでは、トラック用のロープなど車両に合わせたオプションも用意されています。

車内清掃を比較|レンタカーとカーシェア

清掃に関しては、有人の店舗で管理がされているレンタカーの方がしっかりと対応されているでしょう。車体の洗車から消臭・除菌などあらゆる部分をしっかりと清掃しています。

カーシェアでは、定期的に業者側で清掃は行いますが、基本的にはお掃除キッドなどが用意され、清掃は利用者に一任されているため、丁寧な清掃は期待できません。

感染症のリスクなどを踏まえると、レンタカーの方が安心して利用出来ると言えます

カーシェア・レンタカーのメリット・デメリットを比較

「バッド」と「グッド」と書かれた2枚の紙

メリット デメリット
カーシェア ①予約すれば24時間利用可能

②会員になれば保険加入・給油も込み

③短時間・短距離利用は割安

④店舗での手続きが不要

①会員制のサービスのため利用しなくても費用がかかる

②車種をあまり選べない・乗用車が基本

③利用時間によって追加料金が発生することも

④衛生管理が不十分なケースも

レンタカー ①必要な時だけ利用料を

②豊富な車種が利用可能

③時間料金のため距離は無制限

④乗り捨てサービスが普及

①店舗までの移動・手続きが必要

②料金とは別に保険・給油の費用が必要

③利用日が近い場合キャンセル料が発生

④極短時間の利用でも一定の料金が発生

カーシェアのメリット

カーシェアのメリットとしては、手軽さ・サービスの柔軟性という部分が挙げられます。中でもこの様な面が主なメリットと言えるでしょう。

メリット①予約すれば24時間使用可能

レンタカーと比較して、24時間利用可能という面は大きな強みと言って良いでしょう。ただし、利用するステーションで空いている車がない場合は利用出来ないため、事前に確認しておきましょう。

メリット②会員になれば保険加入・給油も込み

カードリーダーとカードレンタカーの場合、保険・給油にかかる費用は別途必要です。しかし、カーシェアの場合は、これらの費用はすべて月会費に含まれているため支払う必要がないのです。

メリット③短時間・短距離利用は割安

10~15分単位の料金計算であるカーシェアは、1時間~2時間の短時間・短距離利用に非常に適しています。レンタカーの場合、最低でも3時間からの利用なため例え2時間の利用でも3時間分の料金が発生してしまいます。

その点、カーシェアは利用時間が短かければ短い程、料金は安く済むので短時間・短距離利用には最適と言えるでしょう。

メリット④店舗での手続きが不要

カーシェアは入会手続き後インターネットから予約を行い利用を開始します。そのため、店舗で利用手続きが必要ありません。予約が完了すれば、スムーズに利用を開始できます。

レンタカーのメリット

ドアノブと鍵手軽さはカーシェアに劣るものの、車種の豊富さなどさまざまな用途で利用出来るレンタカー。主なメリットをまとめました。

メリット①必要な時だけ利用料を

レンタカーは必要な時に予約して、その都度使う分だけ料金を支払うというシステムです。

レンタル時に会員価格で借りられる会員登録などもありますが、会費は無料の業者が多いためランニングコストがかかる事はないでしょう。

メリット②豊富な車種が利用可能

レンタカーの大きなメリットの一つが車種の豊富さです。各サイズの乗用車はもちろんバス・トラック・軽トラなど、業務や大人数の旅行や引越しなど、さまざま状況に対応できる車両を用意している業者が数多くあります。

 バスの場合、キャンセル料の規定が乗用車と違う場合があるので事前にチェックしておきましょう。

メリット③時間料金のため距離は無制限

カーシェアでは、一定の時間利用すると「距離料金」が発生する場合があります。しかし、レンタカーでは利用時間分の料金のみなので、距離に関する心配をする必要がありません。

メリット④乗り捨てサービスが普及

路上駐車された車営業所間で乗り捨てに対応している業者が多いのも、レンタカーの大きなメリットと言えるでしょう。カーシェアでの乗り捨てサービスは、発展途上の段階であるため一部の業者・地域でしか利用できません。

カーシェアのデメリット

手軽に利用出来るカーシェアですが、その中にもデメリットが潜んでいます。どの様な点に注意するべきかチェックしておきましょう。

デメリット①会員制のサービスのため利用しなくても費用がかかる

カーシェアは24時間インターネットを通して、予約・利用が出来るため手続きの必要がありません。

そのため会員になる必要があり、利用しない月でも月会費が発生してしまいます。利用頻度の少ない方は、よく検討して利用する必要があるでしょう。

デメリット②車種をあまり選べない・乗用車が基本

「急にミニバンクラスの車が必要になった」という場合でも、ステーションに該当する車が空いていない場合は借りることが出来ません。

空いていれば、急に必要になった場合でも借りることができますが、空きがない場合他のステーションで探すなどの対応を検討しなければなりません。

また、トラックやバスなどの特殊な用途の車両は置いていないため、これらの車種が必要な場合はレンタカーの利用を検討しましょう。

デメリット③利用時間によって追加料金が発生する事も

時計とお金カーシェアには「距離料金」という料金が存在しています。10分~15分の時間料金や、6時間や12時間などのパック料金があります。この「距離料金」は一定の時間を過ぎると利用開始時からの走行距離に距離料金が課金されるという仕組みです。

そのため、利用時間が長くなると割高になる場合が多いため、レンタカーの利用を検討するなど検討が必要でしょう。

デメリット④衛生管理が不十分なケースも

ステーションは無人の場合がほとんどで、カーシェアで使用されている車両は頻度に清掃されていません。

利用者個々で清掃する必要があるため、前の利用者が清掃を怠っていた場合は、衛生面の不安や感染病のリスクも懸念されます。不安な場合は、利用前に自身でも清掃を行ってから利用しましょう。

レンタカーのデメリット

多少の不便さはあるものの、カーシェアが真似できないメリットも多いレンタカー。では、どの様なデメリットがあるのでしょうか?

デメリット①店舗までの移動・手続きが必要

書類を記入する人達レンタカーがカーシェアに手軽さで大きく劣るのはこの部分でしょう。

近くに店舗がない場合、店舗までの移動手段を検討しなければならないうえ、店舗での手続きが必要です。多少なりとも時間を要するのでカーシェアの様にスムーズに利用できません。

デメリット②料金とは別に保険・給油の費用がかかる

カーシェアでは、保険・給油は月会費に含まれていますが、レンタカーの場合は別途料金が必要です。

保険・給油料が別なためレンタル料金と合わせると割高になる場合もあります。短時間・短距離利用の場合はカーシェアの利用を検討してみるのも良いでしょう。

デメリット③利用日が近い場合キャンセル料金が発生

レンタカーの場合、多くの業者は予約日7日前を過ぎるとキャンセル料が発生してしまいます。当日キャンセルとなると、基本料金の50%ものキャンセル料を徴収されます。レンタカー利用時は、計画的に予約を行う必要があるでしょう。

7日前 6~3日前 2日前・前日 当日以降
ニコニコレンタカー※1 無料 基本料金の20% 基本料金の30% 基本料金の50%
トヨタレンタカー※2 無料 基本料金の20% 基本料金の30% 基本料金の50%
ニッポンレンタカー※3 無料 基本料金の20% 基本料金の30% 基本料金の50%
日産レンタカー※4 無料 基本料金の20% 基本料金の30% 基本料金の50%

デメリット④極短時間の利用でも一定の料金が発生

短時間・短距離利用時の料金比較の部分でも触れていますが、レンタカーの場合は最低でも3時間からの利用です。

そのため、1時間程度しか利用していなくても3時間分のレンタル料金が必要なうえ、保険の加入なども合わせると高額になる恐れがあります。こういった場合は、やはりカーシェアの利用を検討する必要があるでしょう。

まとめ|短時間・距離ならカーシェア、長時間・長距離ならレンタカー

カーシェアレンタカーをさまざまな角度から比較してきました。

多くの方が気になる料金の面では、短時間・短距離利用ならカーシェア。長距離・長時間ではレンタカーという結論に至りました。

しかし、カーシェアもレンタカーも料金だけでは判断出来ない多くの優れた面を持ったサービスと言えます。

カーシェアは旅行先や遠出の際に現地で手軽に利用出来たり、身近にステーションがあれば自家用車感覚で利用できます。

レンタカーであれば、自身での引っ越し作業の際にトラックをレンタル出来たり、大人数での旅行の際にはバスのレンタルにも対応できる車種の豊富さがあります。

カーシェアもレンタカーも、上手に使い分ければ生活・仕事・遊びの幅も大きく広がって行くので、この記事を参考に是非活用してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事