カーリースでありがちな後悔・失敗例とは?やめとけと言われる理由を解説

「カーリースを利用して後悔した人っているのかな」「購入よりも費用が高くなることはある?」 このようにお悩みではありませんか?

「カーリースはやめとけ」「利用して後悔した」という口コミをネットで見て、カーリースの利用を迷っている人もいるでしょう。

確かに、カーリースの利用で予想していなかった出費が発生し、後悔した人も存在します。しかし、契約前にいくつかの事項を確認しておけば、後悔は防げるのです。

この記事では、カーリースの利用による失敗例後悔しないためにすべきことカーリースが向いている人の特徴などを紹介します。

この記事を読むことで、カーリースの利用後に後悔することはなくなりますよ。
\カーリースに不安がある方必見/

カーリースが向いていないのはこんな人【やめとけ】

路上駐車された車

向いていない人の特徴は次の通り。以下の特徴にあてはまる人は、カーリースよりも購入やレンタカーの方が向いている可能性があります。

  • 遠方に車で出かけることが多い
  • 車を自由にカスタマイズしたい
  • 充実した保証が欲しい

遠方に車で出かけることが多い

白い車

カーリースでは、走行距離制限があることがほとんどです。決められた距離を超過してしまうと、追加料金を支払わなければならない可能性もあります。

そのため「車で遠出したい」「自分の車のように乗りまわしたい」という方には、カーリースは不向きでしょう。

ただし、プランによっては走行距離制限がない場合もあるため、よく確認しておきましょう。

車を自由にカスタマイズしたい

赤い車

カーリースは原状復帰が基本なので、車を改造することはできません。

ただ、カーナビの設置など、元の状態に戻せる程度のカスタマイズは可能です。元に戻せないほどカスタマイズした場合は、追加料金を求められるので注意してください。

プランによっては契約終了後に車を受け取れるため、自由に改造できる場合もあります。

充実した保証が欲しい

充実した保証が欲しい方は、カーリースには向いていないでしょう。

カーリースでは、保証の期限が切れており、トラブル時の出費が自己負担となる可能性があります。特に、中古車リースでは保証が切れている場合が多くあるのです。

一方で購入の場合は、事故などが起きても保証を使ってカバーできます。

\カーリースに興味がある方必見/

カーリースでありがちな失敗例5つ【違約金・費用など】

赤い車

ここでは、カーリースでありがちな失敗例を5つ紹介します。

  • 費用が購入よりも高くなった
  • 中途解約で違約金がかかった
  • 走行距離に制限があった
  • 契約終了後の精算が高額になった
  • カスタマイズができなかった

費用が購入よりも高くなった

「カーリースは安いと思っていたのに、実際は購入よりも高く感じる」このように後悔している人は多くいます。

確かに、月額料金だけを見ると、思ったより安くないかもしれません。ただ、カーリースの月額料金には、利用料の他にも保険金や税金などが含まれています。

一方で購入の場合は、頭金や税金などを月額料金と別で支払わなければならないため、総合的に見るとカーリースの方が安く済むのです。

月額料金だけでなく、頭金、税金、維持費なども加えると、カーリースの方が安く済むことがほとんどです。

中途解約で違約金がかかった

カーリースでは、契約期間の途中での解約は原則できません。解約できるとしても、違約金が発生するケースがほとんどです。

カーリースは長期契約になるほど月額料金が安くなる傾向にあるため、10年以上の長期契約をしている人もいます。

しかしその場合、契約途中で引っ越しなどのライフイベントが発生した際は、違約金を払って車を引き払わなければなりません。

そのため、中途契約を防ぐために、契約期間は慎重に決めることをおすすめします。

\カーリースに興味がある方必見/

走行距離に制限があった

ハンドルとカーナビ

カーリースでは、走行距離を制限している場合が多いため、自由に車を使えなかったと後悔するケースがあります。月間の走行距離は、大体500〜1,000kmまでです。

しかし、追加料金を払えば、月間走行距離が1,000~2,000kmの車を借りられるケースもあります。

走行距離が少ない人の場合は500~1,000km、頻繁に遠出する人の場合は追加料金を支払い、月間走行距離が1,000~2,000kmの車を借りても良いでしょう。

契約終了後の精算が高額になった

契約終了後の精算が高額になってしまい、後悔した人もいます。契約終了後の出費が大きくなってしまう理由は「残価設定」にあります。

残価設定とは、走行距離などを加味し、契約終了後の価格を算出すること。例えば、300万円のリース車の残価が100万円だった場合、月額料金は300万円から100万円を差し引いた200万円をもとに計算されます。

ただし、この残価設定は、あくまで車の状態が最初と同じだった場合のみに限ります。事故などの傷により車の価値が下がり、契約終了時の残価が最初に設定した残価よりも下がった場合、追加料金として差額を支払わなければなりません。

カスタマイズができなかった

車内のカーナビ

車を自由にカスタマイズできないため、後悔したケースもあります。特に、車好きな人やよく改造する人は要注意です。

カーリースで利用する車の所有権は、会社にあります。そのため、自分で勝手に車を改造してしまうと、後々追加料金を請求されてしまうでしょう。

ただ、契約終了時に車をもらえるリース会社やプランを選択すれば自由に改造できるため、探してみてください。

\カーリースに興味がある方必見/

カーリースで失敗・後悔しないために契約前にすべきこと

数台のレンタカー

カーリースで後悔するのを防ぐために、契約前にすべきことを紹介します。契約前に以下の項目を確かめた上で、利用するようにしてください。

  • 契約内容をよく確認する
  • 慎重に契約期間を決める
  • 任意保険の加入を検討する
  • 走行距離制限や保証期間を確認する
  • メンテナンスプランは充実しているか確認する

契約内容をよく確認する

遠くまで続く道

カーリースで後悔しないためには、契約内容をよく確認することが重要です。特に、契約方式が「オープンエンド」か「クローズエンド」かは、よく確かめましょう。

オープンエンドとは、車の残価が公開される契約方式のこと。残価設定を高くすれば、月額料金を抑えられます。ただし、事故による傷などで車の価値を下げた場合は、追加で支払いが必要です。

クローズエンドとは、車の残価が公開されない契約方式のこと。月額料金はやや高めですが、契約終了時に車の価値が下がっていたとしても、追加清算は発生しないため、安心感があります。

 とにかく月額料金を抑えたい方は「オープンエンド」、月額料金は高めでも契約終了時に追加料金を払いたくない人は「クローズエンド」がおすすめです。
\カーリースに興味がある方必見/

慎重に契約期間を決める

ドライブ

契約期間を慎重に決めることをおすすめします。なぜなら、契約期間途中で解約する場合、違約金が発生してしまうからです。

転勤や進学などのライフイベントに伴い、車を手放す必要がある時が来るかもしれません。しかし、11年などの長期契約をしてしまうと、途中解約が困難です。

契約期間が長くなるほど月額料金も安くなる傾向にあるため、長期契約を選ぶ人も多くいます。しかし、違約金を払う必要がないよう、契約期間は慎重に決めることをおすすめします。

任意保険の加入を検討する

白い車

カーリースの任意保険を確認しておきましょう。万が一事故を起こした場合でも、へこみの修理費や違約金の補償などがついているため、安心感があります。

任意保険込みのプランに加入できる場合もあるため、事故による出費が心配な人は一度加入を検討してみることをおすすめします。

「事故なんて起きない」と思うかもしれませんが、万が一起こることはあり得ます。
保険に加入しておけば、事故による出費が大幅に削減できるので、少しでも不安があるなら、加入を検討しましょう。
\カーリースに興味がある方必見/

走行距離制限や保証期間を確認する

書類を見る人

カーリースには、走行距離制限や保証期間が定められています。

決められた走行距離を超過してしまうと追加料金が発生することもあるため、遠方に車で出かける機会が多い人は、走行距離をよく確認しておきましょう。

また、保証期間も様々です。契約終了時までが保証期間の場合もあれば、途中で保証が切れる場合もあるため、事前に確認が必要です。

 走行距離を超過すると追加料金が必要です。そのため、遠方に車で出かける機会が多い人は、料金が高かったとしても、状況に合った走行距離プランを選ぶのが無難でしょう。

メンテナンスプランは充実しているか確認する

走る車

メンテナンスプランが充実しているか、確認しておきましょう。充実したメンテナンスプランに加入すれば、オイル交換、車検、エンジン点検などの定期的なメンテナンス費用がかかりません

また、月額料金がやや高い場合はリース料金にメンテナンス費用が含まれている場合もあります。

逆に、極端に月額料金が安い場合、メンテナンス費が一切含まれておらず、維持費が全額自己負担になってしまう可能性があります。

安さだけに着目せず、メンテナンス費用なども含まれているのか、月額料金の内訳をしっかり確認することが重要ですよ。
\カーリースに興味がある方必見/

カーリースが向いているのはこんな人【後悔・失敗なし】

夕日に向かう車

カーリースが向いている人の特徴は次の通り。以下の特徴を押さえている人は、利用後に後悔しない可能性が高いです。

  • 1カ月間の出費を一定に保ちたい
  • 初期費用をかけたくない
  • すぐに車を利用したい
  • ネットで利用開始したい

1カ月間の出費を一定に保ちたい

紙幣とコイン

カーリースは、初期費用なしで毎月一定の料金を支払うことで利用できます。プランによっては車の維持費も定額です。

一方で購入の場合は、車検やオイル交換などを自費で行わなければならず、毎月の出費にばらつきが生じます。月々の出費を一定に保ちたい人に、カーリースはおすすめです。

購入の場合は、メンテナンス費用などにより月々の出費にばらつきが生じます。一方、カーリースの場合はメンテナンス費込みで、毎月の出費が定額です。
\カーリースを検討するなら/

初期費用をかけたくない

電卓と見積書

カーリースでは、初期費用なしで利用できることがほとんどです。月額料金に保険料や税金などが含まれており、別で支払いをする必要がないのが理由です。

一方、購入の場合は、最初にまとまった金額を払う必要があるため、貯金に余裕がない人にはやや厳しいでしょう。

カーリースなら、まとまったお金がなくても気軽に利用できます。

すぐに車を利用したい

色違いの車3台

カーリースは購入よりも納車が早い傾向にあります。そのため、すぐに車が必要な人に向いているサービスだといえます。

さらに、中古車リースの方が新車リースよりも納車が早いです。なぜなら、新車リースは一から注文しなければならないのに対し、中古車リースはすでに店頭にある車から選べるからです。

 車をすぐに利用したいのであれば、カーリースがおすすめです。さらに早く利用したい場合は、新車リースより中古車リースを使いましょう。

ネットで利用開始したい

カーリースは、車選び・審査・購入までネット上で済ませられることが多くあります。そのため「仕事が忙しく、店頭に行く時間がない」「より多くの車種を一度に見たい」という人に、カーリースはおすすめです。

\カーリースを検討するなら/

おすすめのカーリース会社厳選5選を徹底比較!

近年、個人向けのカーリースを提供する会社も増加しており、カーリースを検討するにもどの会社を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

個人向けのカーリースの会社を選ぶ際は、料金はもちろんのこと打ち出されているプランやサービス、取扱車種が希望とマッチするか、またカーリース会社についても比較検討する必要があります。

こちらでは、当サイトが厳選しておすすめするカーリース会社を3社ピックアップします。

KINTO

KINTOのおすすめポイント
  1. トヨタ・レクサスの人気車種に乗れる
  2. 月額制のサブスクなので、急な出費がない
  3. 販売店が徹底したメンテナンスを実施
  4. 「初期費用フリープラン」「解約金フリープラン」が選べる
  5. WEBで簡単申し込み

KINTOは株式会社KINTOによって運営されているカーリース会社です!定額でトヨタ・レクサスの人気車種に乗れるサービスとして、若者を中心に話題を集めています。

 月額には税金や保険、メンテナンス費用などが含まれています。

KINTO

KINTOはニーズに合わせて「初期費用フリープラン」「解約金フリープラン」が選べるのが特徴です。「初期費用フリープラン」は初期費用が0円、「解約金フリープラン」はいつ解約しても解約金が0円のプランです。

またKINTOのカーリースを利用申込はWEB上で簡単に行うことができ、手続き・審査が完了すればあとは販売店で受け取るだけ!

初めて車を持つ方でも安心して利用できます。

KINTOの基本情報

車種 トヨタとレクサスの人気車種
価格 16,170円~
初期費用 解約金フリープランの場合、月額5ヶ月分
ボーナス払い 選べる(解約金フリープランは不可)
契約期間 3年・5年・7年(レクサスのみ3年)
契約方式 クローズドエンド

\車のサブスクでお得に!/

出典:公式サイト

カルモ

カルモ

カルモのおすすめポイント
  1. 日本最安級の月額
  2. 最短4日で納車
  3. 中古車も選択可能
  4. 組み合わせ自由なオプションが豊富
  5. いつでもネットで申込可能

カルモはナイル株式会社が運営しているカーリース会社です!月々1万円台で新車に乗れるカーリースサービスが人気です。

車種はホンダ「N BOX」・ダイハツ「ミライーツ」など人気車種ばかりですので、お得感は非常に強いでしょう。

 最大約5万円が割引になる「ネット割」や申込者にキャッシュバックされるキャンペーンなど、お得なキャンペーンも多数開催されています。

カルモ

またカルモではカーリース業界初の11年間契約を利用可能で、定額のリース料金をさらにお得に利用できます。

365日24時間いつでもネットで申し込みが可能な上に、最短4日で車が引き渡されますので、急に車が必要になってしまった場合でも安心です。

気になる方は公式サイトから「料金シミュレーション」が行えますので要チェックです!

頭金・初期費用・ボーナス払いが0円になっているのも魅力的!
\月約1万円&裁断4日納車!!/

カルモの基本情報

車種 ホンダ「N BOX」・ダイハツ「ミライーツ」など
価格 月11,220円〜
初期費用 0円
ボーナス払い 0円
契約期間 1〜11年(1年単位)
契約方式 クローズドエンド

カルモの今だけ!お得なキャンペーン

カルモ キャンペーン情報
  • 申し込み10万人突破!ありがとうキャンペーン〜最大現金10万円が100名様に当たる!ハズレくじなし!※1
  • ネット割との組み合わせて更にお得!最大約15万円お得!※1
※1 キャンペーン期間:2022年5月31日まで

\月約1万円&裁断4日納車!!/

出典:公式サイト

リースナブル

リースナブル

リースナブルのおすすめポイント
  1. 月額6,600円〜利用可能!
  2. 頭金・登録料などの初期費用が全て無料
  3. いつでも解約OK!
  4. 最長5年間のメーカー・ディーラー保証
  5. 納車が早い

リースナブルは株式会社三和サービスが運営するカーリースサービスです!月額6,600から利用できるので、気軽に車を持つことが可能です。

この月額には車検料・税金などが含まれていますので、非常にお得感があります。

 車検時期にはお知らせが届くので、車検忘れの心配はありません。

リースナブルでカーリースを利用すると最長5年間のメーカー・ディーラー保証がつきます。万が一の事態が起こったとしても安心です。

リース期間中いつでも乗り換えが可能なので、「他の車に乗りたい」という場合でもスムーズに手続きができます。

途中で解約しても違約金は発生しません。

リースナブルの基本情報

車種 トヨタ「ヴォクシー」・ホンダ「N BOX」など
価格 6,600円〜
初期費用 0円
ボーナス払い 選べる
契約期間 3年・5年
契約方式 オープンエンド

リースナブルの今だけ!お得なキャンペーン

リースナブル キャンペーン情報
  • 春の新車大セール実施中!台数限定総額最大73.9万円値下げ!※1
※1 キャンペーン期間:終了期間未定

出典:公式サイト

MOTAカーリース

リースナブル

MOTAカーリースのおすすめポイント
  1. 契約満了時には車がもらえる!
  2. 月額1万円台で利用可能
  3. 走行距離制限がない
  4. 修理費用請求の心配ナシ!
  5. 申し込みはネットで簡単

MOTAカーリースは株式会社MOTAが運営するカーリースサービスで、全車種残価設定なしのカーリースを提供しています。契約満了時にはそのまま車がもらえるのが特徴です。

走行距離制限がないので、マイカー感覚で利用することができます。

 リース車の乗り換え・売却などの選択肢を取ることも可能です。

リースナブル

またMOTAカーリースはアフターフォローも充実しているのも特徴です。メンテナンスパックに加入していると、全国5,500カ所の拠点の中から最寄りの工場で点検・部品交換を行ってくれます。

契約が満了した後に修理代を請求されることもないので安心です。

車にあまり詳しくない方や整備を丸投げしたい方にはおすすめのプランです。

MOTAカーリースの基本情報

車種 国内メーカー・レクサス
価格 11,220円~
初期費用 0円
ボーナス払い 選べる
契約期間 5年・7年・11年
契約方式 クローズドエンド

\全車種契約満了後車がもらえる!/

出典:公式サイト

コスモMyカーリース

コスモMyカーリースのおすすめポイント
  1. 頭金が0円!
  2. 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  3. リース期間中、ガソリン・軽油が5円/L割引!
  4. オプションは自由に選択可能
  5. 国産全メーカー・全車種から選べる

コスモMyカーリースはコスモ石油が運営しているカーリースサービスです!対応車種が多い、頭金が0円などが特徴的なサービスとなっています。

 車検・税金・メンテナンスも全て月額に含まれているので安心です。

コスモMyカーリース

コスモMyカーリースではリース期間中、ガソリン・軽油が5円/L割引サービスを提供しています。

指定カードでの給油の場合で、月間100Lまでが対象となります。

取り扱い車種は全国産メーカー・グレード・車両タイプとなっており、きっと気に入る車両が見つかることでしょう。

9年間リースを利用し、契約満了になると乗っていた車がもらえます!

コスモMyカーリースの基本情報

車種 ホンダ「N BOX」・トヨタ「ルーミー」など
価格 月16,390円〜
初期費用 0円
ボーナス払い 選べる
契約期間 3年・5年・7年
契約方式 クローズドエンド・オープンエンド(プラン・契約店舗によって異なる)

出典:公式サイト

カーリースと購入どちらがお得なのか徹底検証!

走行中の車

カーリースと購入では、どちらが費用面でお得なのか、気になる人も多いでしょう。結論、カーリースの方がお得な場合が多いです。そこでまずは、カーリースと購入の料金の内訳を以下の4つに分けて見ていきましょう。

  • 初期費用
  • 月額料金
  • 車検費用
  • メンテナンス費用

初期費用

運転する人

購入の場合は初期費用として、頭金、自動車税、自賠責保険料、車庫証明代行手数料、納車費用など、20万円ほどの費用を払う必要があります。

一方で、カーリースではこれらの費用は全て月額料金に含まれており、初期費用が必要ないことがほとんどです。

初期費用
  • 購入:約20万円(頭金、自動車税、自賠責保険料、車庫証明代行手数料、納車費用など)
  • カーリース:なし

\車のサブスクでお得に!/

月額料金

時計とお金

月額料金は、購入もカーリースも大差ない場合がほとんどです。車種にもよりますが、約10,000~50,000円です。ただ、同じ車種でも、カーリースの場合は契約期間を長くすれば、料金が安くなるプランもあります。

月額料金
  • 購入もカーリースも約10,000~50,000円で大差なし

車検費用

2台の車

購入の場合の車検費用は、自動車重量税・自賠責保険料などにより、約40,000円かかります。

一方、カーリースの場合は月額料金に含まれているため、支払う必要はありません。ただ、プランによって車検基本料のみ必要になることもあります。

車検費用
  • 購入:約40,000円
  • カーリース:なし or 車検基本料のみ

\車のサブスクでお得に!/

メンテナンス費用

車

購入の場合のメンテナンス費用は、車の状態にもよりますが、燃料代、オイル交換代、部品交換代などを支払う必要があります。

カーリースも同様ですが、メンテナンスプランに加入している場合は、これらのメンテナンス費用は月額料金に含まれるため、出費を一定に保てます。

メンテナンス費用
  • 購入:燃料代、オイル交換代、部品交換代などが必要
  • カーリース:メンテナンスプランに加入している場合は月額料金に含まれる

カーリースの方がお得なことが多い

白い車

料金の内訳を見れば理解していただけたと思いますが、カーリースの方がお得になることが多いです。

購入の場合は約20万円の初期費用がかかるため、費用が膨らんでしまうのが一番大きな理由です。一方でカーリースは初期費用が必要なく、月額料金のみで利用を開始できます。

また、カーリースの場合はメンテナンスプランに加入することで月々の出費を一定に抑えられるというメリットもあります。購入の場合は、車検やメンテナンス時に自費で支払う必要があるため、出費がバラつきやすいのです。

購入の方が初期費用が高いので、トータルで見るとカーリースの方がお得な場合が多くあります。
\車のサブスクでお得に!/

カーリースはやめたほうがいい?カーリースに関するよくある質問

カーリースはなぜやめとけと言われるのですか?
カーリースは、遠方に車で出かけることが多い方や車を自由にカスタマイズしたい方、充実した保証が欲しい人には向いていません。こうしたカーリースを利用する際に発生するデメリットを把握していない方が利用することで失敗した、後悔したと言われる原因になっています。
後悔や失敗をしないためにすべきことはこちらからチェックしてください。
カーリースに向いている人はどんな人ですか?
カーリースに向いている人は、1カ月間の出費を一定に保ちたい方や初期費用をかけたくない方、すぐに車を利用したい方、ネットで利用を開始したい方が挙げられます。
カーリースと購入では、どちらが費用面でお得ですか?
結論、カーリースの方がお得な場合が多いです。カーリースと購入の料金の内訳は、主に1.初期費用 2.月額料金 3.車検費用 4.メンテナンス費用の4つが挙げられますが、カーリースは購入の場合にかかる数十万円の初期費用もかからず、月額料金のみでの利用が可能です。
また、カーリースの場合はメンテナンスプランに加入することで月々の出費を一定に抑えられたり、業者によってはプランに既に含まれている場合もあります。
弊社がおすすめするお得なカーリース業者はこちらをチェックしてください。

まとめ

青い車

今回は、カーリースの利用による失敗例、後悔しないためにすべきこと、カーリースが向いている人の特徴などを紹介しました。

ありがちな失敗例は次の通りです。

  • 費用が購入よりも高くなった
  • 中途解約で違約金がかかった
  • 走行距離に制限があった
  • 契約終了後の精算が高額になった
  • カスタマイズができなかった

月額料金だけを見て、カーリースの方が購入よりも高いと後悔した人がいます。ただ、カーリースの月額料金には、税金や保険料などが含まれているため、やや高めになるのは仕方がないことだと言えるのです。

また、中途契約で違約金がかかる、カスタマイズできないなども、失敗例に含まれます。

カーリースに向いている人の1番の特徴は、初期費用を抑えたい人や出費を一定に保ちたい人です。購入の場合は、約20万円の初期費用がかかりますが、カーリースでは必要ないため、費用を抑えられます。

また、カーリースでは、利用料金・メンテナンス費などを定額にできるため、月々の出費を一定に保てます。

今回紹介した失敗例を確かめ、契約後に後悔することがないようにしてくださいね。

\車のサブスクでお得に!/

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事