1日自動車保険

「1日だけ友達の車を借りる」「実家に帰省したときに親の車を運転する」といったケースで、保険の安心を買えるという特徴をもつのが1日自動車保険です。

普通の自動車保険を選ぶときと同じように1日自動車保険を選ぶときも、保険料の安さ・補償内容やロードサービスの充実度、加入のしやすさなどに注目しましょう。

この記事でわかること
  • おすすめの1日自動車保険
  • 1日自動車保険の加入メリット・デメリット
  • 人気の1日自動車保険とその加入方法

本記事では1日自動車保険の特徴や加入のメリット・デメリット、おすすめの1日自動車保険とその加入方法を紹介していきましょう。

おすすめ1日自動車保険比較ランキング

1日自動車保険比較ランキング

万一の事故に備えて、1日自動車保険は借りた車の修理費が保障される車両補償(借用自動車の復旧費用補償特約)つきの、プランにしたいという意見があるでしょう。

おすすめの1日自動車保険
  • ちょいのり保険
  • 乗るピタ
  • 1DAY自動車保険

上記おすすめの1日自動車保険を、車両補償つきのプランにおいて保険料が安い順にランキングしました。それぞれのおすすめポイントも紹介していますので、加入する必要があればぜひとも利用を検討してください。

ちょいのり保険

ちょいのり保険

おすすめポイント
  • 車両補償付きプランの保険料は24時間1,800円(税込)から
  • スマホ・パソコン・ローソンで申し込みができる

ちょいのり保険の車両補償つきプランと補償範囲は、以下のとおりになります。

プラン名 保険料(税込) 補償範囲 支払われる保険金 自己負担額
レギュラープラン 1,800円/24時間 運転中の事故かつ車同士の事故などに限定 最大300万円 15万円
プレミアムプラン 2,600円/24時間 運転中の事故 最大300万円 15万円
ちょいのり保険のシンプルプランは24時間800円(税込)で加入できます。それに1,000円追加するだけで車両補償をつけられるので、安心を獲得できるのは非常にお得です。

プランにより補償される事故の範囲が違うので、しっかりと注意してください。
※出典:https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/

2乗るピタ

乗るピタ

※出典:https://www.sompo-japan.co.jp/kinsurance/automobile/norupita/

おすすめポイント
  • 車両補償付きプランの保険料は12時間2,150円(税込)から
  • スマホ・パソコン・LINEから申し込みができる

乗るピタの車両補償つきプランと補償範囲は、以下のとおりです。

プラン名 保険料(税込) 補償範囲 支払われる保険金 自己負担額
基本プラン 2,150円/12時間

2,700円/24時間

運転中の事故 最大300万円 15万円
安心プラン 2,800円/12時間

3,500円/24時間

運転中の事故 最大300万円 10万円
乗るピタ保険の車両補償つきプランは、12時間2,150円(税込)から利用可能です。12時間と24時間という2種類の利用時間枠があるので、該当する方を選択できます。

保険金の支払いを受ける場合基本プランは15万円、安心プランは10万円の自己負担金が発生します。

31DAY自動車保険

1DAY自動車保険

おすすめポイント
  • 車両補償付きプランの保険料は24時間2,500円(税込)
  • スマホ・パソコン・セブン-イレブンで申し込みができる

1DAY保険の車両補償つきプランと、補償範囲は以下のとおりです。

プラン名 保険料(税込) 補償範囲 支払われる保険金 自己負担額
プレミアムプラン 2,500円/24時間 運転中の事故 最大300万円 15万円
1DAY保険の車両補償つきプランは、24時間2,500円(税込)で加入できます。

1DAY保険のプレミアムプランは、ちょいのり保険のプレミアムプランと比較すると、同じ車両補償つきですが100円安くなっています。


一般的に1日自動車保険で車両補償付きのプランは、利用開始日が事前登録日から7日以内の場合は利用できません。一週間以上の余裕をもって、加入手続きをしてください。

※出典:https://www.ms-ins.com/personal/car/oneday/

コンビニやスマホで契約できる1日自動車保険3選

コンビニやスマホで契約できる自動車保険3つについて特徴・保険料、加入できるコンビニなどを紹介します。

1DAY保険

1DAY保険

おすすめポイント
  • 保険料は24時間800円から
  • スマホやセブン-イレブンで簡単に加入や支払いができる
  • 2人以上で契約すれば2人目以降の保険料がさらにお得

1DAY保険は三井住友海上が提供している1日自動車保険です。エコノミープランは保険料が24時間800円(税込)で加入できます。

 セブン-イレブンのマルチコピー機で申し込みをして、レジで保険料の支払いができます。

2回目以降の利用や2名以上での利用なら、保険料がお得になるのもおすすめポイントです。たとえば2回目の利用の場合、800円の保険料が770円に割引されます。

家や職場の近くにセブン-イレブンがあれば簡単に加入できますね。
※出典:https://ehokenstore.com/oneday

ちょいのり保険

ちょいのり保険

おすすめポイント
  • 保険料は24時間800円(税込)から
  • スマホ・パソコンから申し込みができる
  • ローソン・ミニストップ・ファミリーマートで保険料の支払いができる

ちょいのり保険は東京海上日動が提供している1日自動車保険です。シンプルプランの保険料は24時間800円(税込)と1,000円以下で加入できます。

 ネットで事前登録をしておけばローソンやミニストップ、ファミリーマートで保険料の支払いが簡単にできます。

この保険はドライバーを追加する場合もたいへんお得です。シンプルプランの場合800円の定額保険料に400円の追加保険料だけで、1回の申込で最大3名までドライバーを追加できます。

ドライバーの追加が簡単にできるので、友人の車を交代で運転する場合などは便利ですね。
※出典:https://www.lawson.co.jp/sp/service/application/hoken/hoken/1day.html

半日からの自動車保険

半日からの自動車保険

おすすめポイント
  • 保険料は12時間800円から
  • LINEアプリで手続きができる
  • LINE Payで決済できる

LINEが提供している1日自動車保険は、半日800円、1日1,000円(税込)から加入できます。

 LINEで契約手続きから支払いまでが可能のため、LINEやLINE Payを日頃から使用している方には便利な保険です。

車両保険ありのプランを選べば、事故を起こした場合の借りた車の修理費も補償されます。

対人賠償・対物賠償は無制限で、損保ジャパンの示談交渉付きなのでいざというときも安心です。
※出典:https://insurance.line.me/lp/car-lp.html

1日自動車保険とは

1日自動車保険とはどういった保険?

まずは1日自動車保険の特徴や加入をおすすめするシーン、加入できないケースなど紹介します。

1日自動車保険とは1日単位で契約可能な保険

1日自動車保険とは1日つまり、24時間単位で加入できる自動車保険のことです。

加入対象となる自動車は「親族もしくは他人が所有する自動車」に限定されています。ここでいう「親族」には、夫もしくは妻の配偶者は含まれません。

1日自動車保険に加入するのをおすすめする理由

親族や友人の車にかけられている自動車保険は、所有者以外の人が運転して事故を起こしても補償の対象外としている場合があります。

1日自動車保険への加入をおすすめするケース
  • 実家への帰省中に親の車を借りて出かける
  • ドライブデートのために親や友人の車を借りる
  • 引っ越しのために友人の車を借りる
  • 友人の車で自動車旅行に出かけるとき、交代で運転する
  • 免許を新しく取得したが、自分の車がまだないので家族所有の車を借りて練習する

所有者以外の人が運転して事故を起こしても、補償対象としている自動車保険に入っている場合でも事故で保険金請求をすると、保険加入者のノンフリート等級が下がるので迷惑をかけるかもしれません。

このような理由から1日自動車保険をおすすめします。

1日自動車保険に加入できない車

以下のような車は1日自動車保険の加入対象外です。

1日自動車保険に加入できない車
  • 運転者本人もしくは配偶者が所有している車
  • 運転する予定のない車
  • 車検切れ
  • カーシェアリングやレンタカー
  • 法人が所有する車
  • 一部の外国メーカーの車やスポーツカー

1日自動車保険に加入する必要があれば、加入対象の車かどうかを確認しましょう。

1日自動車保険の補償内容

1日自動車保険の補償内容

1日自動車保険で加入可能な賠償保険の種類と補償内容を、表に解説していきましょう。

賠償保険の種類 補償内容
対人賠償責任保険 ・事故で相手がケガもしくは死亡した場合に支払われる保険金
対物賠償責任保険 ・事故で相手の車やモノを壊した場合に支払われる保険金
搭乗者傷害特約 ・自分や搭乗者がケガや入院した場合に支払われる保険金
借用自動車の復旧費用補償特約 ・事故で借りた車を修理する場合に支払われる保険金
弁護士費用特約 ・事故で相手方に損害賠償を請求するための弁護士費用や法律相談費用のために支払われる保険金
ロードアシスト補償 ・事故や故障で自力走行できなくなった場合の現場での応急対応・修理工場までの車両搬送サービスなど
事故現場アシストサービス 事故現場から電話をすると専門のスタッフが状況に応じたアドバイスをしてくれる
修理工場・病院・被害者への連絡なども専門スタッフにお任せできる

1日自動車保険には数種類のプランがあります。プランごとに補償内容や範囲が違うので、必要に応じた補償範囲をカバーしているプランを選んでください。

1日自動車保険のメリット

1日自動車保険に加入するメリット

1日自動車保険に加入するメリットとして、次の5つがあります。

1日自動車保険のメリット
  • 保険料が安いのに補償はしっかりしている
  • スマホやコンビニで契約できる
  • 万一の事故に備えて車両保険がつけられる
  • ロードサービスも充実
  • 等級制度がないので保険料は定額

保険料が安いのに補償はしっかりしている

保険料が安いのに基本的な補償はきちんと備わっているというのが、最大のおすすめポイントです。安い1日自動車保険は、24時間800円程度で加入できます。

1,000円以下の保険料ですが、対人賠償責任保険・対物賠償責任保険・自身と搭乗者の補償という基本補償が備わっているので安心です。

スマホやコンビニで契約できる

1日自動車保険に加入するメリット

スマホやコンビニの店頭端末から簡単に申し込めるというメリットがあります。

1日自動車保険にはいくつかのプランがありますが、基本的な補償のみのシンプルなプランの場合はたいてい当日に申込が可能です。

1日自動車保険の種類により、加入手続きができるコンビニに違いがあります。1日自動自動車保険を選ぶときには、どのコンビニで手続きができるのか確認してください。

万一の事故に備えて車両補償がつけられる

1日自動車保険ではプランをアップグレードして、車両補償付帯(借用自動車の復旧費用補償特約)にできます。

親や友人の車を借りて事故を起こした場合、修理して元の状態に戻す責任があります。万一の場合を想定して可能であれば、車両補償付帯のプランにすることがおすすめです。

車両補償の保険金を受け取る場合には1日自動車保険の種類により、10万円から15万円程度の自己負担金が発生します。

 

ロードサービスも充実

1日自動車保険に加入するメリット

たいていの1日自動車保険で最安値プランを選択しても、ロードサービスがきちんと付帯します。事故や故障で車が動かなくなった場合に、現場での応急対応や修理工場までの車両搬送サービスなどを受けられるのです。

等級制度がないので保険料は定額

1日自動車保険にはノンフリート等級制度がありません。それで事故歴などに関係なく保険料は定額です。

1日自動車保険の保険料は定額なので、年齢や免許証の色で保険料が上がるといった心配もいりません。

 1日自動車保険のなかには、利用日数に応じて新規の自動車保険の保険料割引サービスを提供しているものがあります。

たとえば「ちょいのり保険」では1日自動車保険の無事故での利用日数に応じて、東京海上日動の新規の自動車保険の保険料が最大20%割引されます。

1日自動車保険のデメリット

1日自動車保険のデメリット

1日自動車保険にはデメリットもあります。そのいくつかをご紹介していきましょう。

1日自動車保険のデメリット
  • 運転のたびに契約手続きが必要
  • 申込方法や支払方法が限定されている

運転のたびに契約手続きが必要

1日自動車保険は利用ごとに申し込みをしなければなりません

ファミリーマートで加入できる「ちょいのり保険」は一度加入した経験があれば、専用サイトで以前に登録した電話番号や免許証番号で過去履歴を呼び出すだけで、2回目以降簡単に手続き可能です。

借りている車を運転中の事故のみ補償

1日自動車保険のデメリット

1日自動車保険の搭乗者傷害や車両補償で補償されるのは、借りている車を運転中の事故です。

停車や駐車中の事故、盗難などの場合は補償の対象にならないので注意してください。とはいえ運転中の事故についてはきちんと補償されているので、その点については安心できます。

申込方法や支払方法が限定されている

1日自動車保険の申込方法は、一般的にパソコン・スマホ・コンビニの店頭端末からになります。

 決済方法はスマホからの場合は月々の携帯電話料金からの合算、カード決済・対応しているコンビニでの支払いなどが選択可能です。

このように申込方法や支払方法が限定されているので、手続きが不便と感じる方や申込そのものができないという方がいるでしょう。

1日自動車保険の車両補償には注意が必要!

1日自動車保険の車両補償には注意が必要!

親や友人の車を借りて事故を起こし修理しなければならないケースを想定し、車両補償(借用自動車の復旧費用補償特約)つきの1日自動車保険プランの選択をおすすめしていきました。

しかし車両補償つきのプランを選んだ場合でも、注意しなければならないことがあります。以下に詳しいポイントついてご紹介します。

運転中の事故のみが保障の対象となる

1日自動車保険の搭乗者傷害や車両補償で補償されるのは、借りている車を運転中の事故です。停車や駐車中の事故、盗難などの場合は補償の対象にならないので注意してください。

とはいえ運転中の事故についてはきちんと補償されているので、その点については心配いりません。

車両補償つきのプランに加入しないとどうなる?

親や友人の車を借りて事故を起こした場合、車を原状復帰させて所有者に返すという責任が生じます。それで事故を起こした場合、車の所有者から修理費を請求される可能性が高いでしょう。

 1日自動車保険の「ちょいのり保険」では、車両補償つきのプランに加入していれば最大300万円の保険金が支払われます。

加入するプランにより10万円もしくは15万円の自己負担金を支払う必要がありますが、自己負担をその範囲に抑えられるでしょう。

車両補償付きの1日自動車保険に加入するつもりであることを車の所有者に伝えれば、所有者も安心して車を貸してくれます。

よくある質問

1日自動車保険とはどういった保険ですか?
1日つまり24時間単位で加入できる自動車保険のことです。
実家の親や友人の車を借りて運転する場合の、事故補償のために加入できます。
自分や配偶者所有の車は1日自動車保険に加入できますか?
できません。運転する方もしくはその配偶者が所有している自動車・レンタカー、カーシェアリングの車・一部の高級車や外車などは、加入対象から外れています。
1日自動車保険に加入する前に準備するものはなんですか?
登録手続きのときに、借りる車の登録番号もしくは車両番号(ナンバープレート)の情報が必要です。車検証などでこうした情報を確認してください。さらに借りる車を運転する人の運転免許証番号も必要です。複数人でまとめて契約する場合は、それぞれの番号を用意してください。
車を借りる当日に申し込みをしても加入できる1日自動車保険はありますか?
あります。この記事で紹介した1日自動車保険すべてに、当日でも加入できるプランが用意されています。ちなみに車両補償つき(借用自動車の復旧費用補償特約)プランは、当日加入ができません。
連続して最大何日まで申し込めますか?
セブン-イレブンで加入できる1DAY保険なら、利用開始日から連続して最大7日間(※)まで申し込めます。※https://ehokenstore.com/qa/oneday
車両補償つきプランに加入するのがおすすめなのはなぜですか?
借りた車で事故に遭遇した場合、車の状態を元に戻して所有者に返さなければなりません。車両補償なしのプランで事故に遭遇した場合、修理や同じ車を購入するための費用を、全額自己負担しなければならない可能性があります。車両補償つきのプランは、最安値プランより保険料は高いものです。しかし自己負担金10万円から15万円程度で、最大300万円の保険金を修理費などに充てるために受け取れます。
車を借りるときに利用できる保険に「ドライバー保険」がありますが、1日自動車保険とドライバー保険の違いはなんですか?
車を借りて運転するための自動車保険としては1日自動車保険以外に、ドライバー保険がありますが両者の違いは以下のとおりです。
1日自動車保険 ドライバー保険
補償期間 24時間もしくは12時間 原則1年間
ノンフリート等級制度 なし あり(自動車保険との引き継ぎは不可)
車両補償の付帯 加入プランにより可能 不可

車を借りることが1年間でかなりの回数あるならば、ドライバー保険を選択できるでしょう。

まとめ

この記事では1日自動車保険について、詳しくご紹介をしました。実家の親の車や友人の車を借りて運転する機会があるならば、万一の場合を考えて1日自動車保険への加入をおすすめします。

加入手続きはスマホ・パソコン・コンビニの店頭端末などから行えるので、手軽で便利です。基本的な補償のみのプランなら車を借りるその日に加入もできます。

1日自動車保険に加入すれば、車を借りる側と貸す側の両方が安心を得られます。車を借りる機会があれば、ぜひとも加入を検討してください。

実家の親や友人の車を借りてドライブや旅行などに出かけるときには、1日自動車保険を利用してくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事