自動車保険 種類

「自動車の保険の種類はなにがあるのか」「どこまで補償してもらえるか知りたい」と、悩んでいませんか。保険には自賠責と任意のふたつがあり、このうち任意はさまざまな形式に細かくわかれています。

これから自動車保険に入るには、任意型のうちさまざまな種類をチェックすべきです。今回ははじめて自動車保険の利用を考えている人のために、自動車保険の種類を一覧で解説していきます。

補償範囲を把握して自分に合った保険に加入しましょう。

自動車保険の種類一覧

自動車保険の種類一覧

自動車保険は、以下の2種類の大きなカテゴリーにわけられます。

大まかな種類
  • 自賠責保険
  • 任意保険

このうち任意型には3種類の補償対象と、7種類の保険にわかれます。詳細表をご覧ください。

補償対象 保険の種類
相手 対人賠償、対物賠償
自分 人身傷害補償、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害
自分の車 車両

これ以外にも保険会社ごとに特約を備えています。いわば基本的な補償に加わったオプションと考えましょう。代表例が弁護士費用の支援や、借りた車で事故に遭った場合に保険を使える仕組みです。

基本的な保険の種類だけでなく、特約も組み合わせましょう。これにより事故や故障など運転中のリスクに対処できます。

自動車は大きく2種類

自動車の保険は大きく2種類に分かれる

自動車の保険はもっとも大きなカテゴリーで2つにわかれます。自賠責と任意です。それぞれの特徴や違いを覚えておきましょう。

自賠責保険

自賠責保険には「強制保険」という別名がついていて、車を買ったらかならず入らなければいけません。

 未加入だとたとえ事故を起こさなくても懲役1年以下、または50万円以下の罰金です。

自賠責の証明書をもっていないだけでも30万円以下の罰金という、厳しい処罰が待っています。

自賠責保険は車を扱う人にとって、最低限の義務です。これから運転をはじめる人も忘れないでください。

任意保険

自動車の保険は大きく2種類に分かれる

任意保険はドライバー自身が加入するかどうか決められます。入らなくても違法にならず、好きなように車を走らせられるのです。

 実際は任意型にも加入するドライバーが多数です。前者だけでは相手のケガにしか補償してもらえないため、実費負担のリスクが大きいといえます。

任意保険は会社によって違いますが、多種多様な補償形式が特徴です。加入者はここから好きなメニューを組み合わせて、車やプランなどに合わせて保険料を払います。

その結果車の事故や故障が起きたとき、プランに合わせて補償を受けられる仕組みです。

事故で大損しないためには任意保険が重要

一度交通事故が起きてしまうと、当事者は大きなコストを背負います。ケガで入院したり、壊れた車を直したりする必要があるからです。

 事故の後処理は大きな実費負担が想定されます。

それを防ぐ手段が任意保険です。自賠責だけではまかなえない範囲をフォローするためにも、任意保険の価値は高いといえます。

自動車保険の補償タイプ3種類

自動車保険の補償タイプ3種類

自動車保険の補償対象には3種類あります。

補償対象
  • 相手が対象の賠償責任保険
  • 自分が対象の傷害補償保険
  • 車両が対象の車両保険

事故ではケガだけでなく車の破損も想定されるので、3つすべてのチェックが重要です。それぞれの詳細をみていきましょう。

相手側が対象の賠償責任保険

まずは相手を対象にした賠償責任保険です。自賠責保険でカバーしてもらえる限度額をオーバーしたぶんにおいて、対人賠償をフォローしてもらえます。

 相手のケガについても、自賠責の補償ではカバーしきれないことがあります。賠償責任保険があってはじめて、全額を実費以外で済ませられるでしょう。

ほかの車や通行人との接触があると、対人賠償の責任が生じます。自身の負担が軽い状態で解決するには、任意保険での対策が重要です。

自分側が対象の傷害補償保険

傷害補償保険は、自分や同乗者が負ったケガに対する補償です。

 治療費だけでなく、仕事ができないことによる経済的ダメージなどをカバーしてもらえます。

ケガによって通院や入院をしたり、手術をしたりするかもしれません。病院のお世話になる直接費用や働けないことへの補償額で、生活への影響を最小限に抑えます。

こちらは自賠責保険ではまったくカバーしてもらえせん。任意保険で対応するプランを決め、ケガに備えましょう。

車両が対象の車両保険

車両保険は文字どおり、自身の車に補償してもらえます。事故が起きると車がダメージを負うので、高額の修理費用を要するでしょう。

 運転中の接触事故に限らず盗難や当て逃げ、自然災害などでも車がダメージを受けます。さまざまな災難を想定しながら、補償プランを決めましょう。

車両保険にはあらゆる被害を想定した一般型と、接触事故や盗難などから状況を限定するエコノミー型があります。

どちらに加入するか料金と補償のバランスから総合的に判断してください。

自動車任意保険の7種類

自動車の任意保険は細かく7つにわかれます。

任意保険7種類
  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険

対人賠償保険

自動車任意保険の7種類の詳細

相手を事故でケガさせたり死なせたりしたときの、損害賠償をカバーするものです。

 自分の側の同乗者や家族は対象外になります。

事故でケガをした相手がこちらに責任があるとして、損害賠償を請求するケースがあります。治療費を払うように求める人もいるでしょう。そうしたときに実費負担を軽くできるのがメリットです。

交通事故をきっかけとしたトラブルの早期解決には、対人賠償への対策が重要になります。

対物賠償保険

自動車任意保険の7種類の詳細

対物賠償保険は、事故で壊れた相手の車や物に対する弁償をカバーします。壁や電柱のような公共物も対象です。

このようなリスクを想定する意味でも対物賠償保険は重要です。交通事故では相手だけでなく、周辺のものを壊しても賠償を要します。こちらも保険で一定のカバーが可能です。

人身傷害補償保険

保険に入っている人の事故による入院・治療費をカバーしてもらえます。ここでは自身の過失の割合は問われません。

 ただし保険金は契約時に決めた金額が限度になります。安く設定しすぎると、限度額を超えたぶんは実費負担です。

金額の設定がカギを握りますが、負傷によって保険金が下りるのはメリットになります。金銭的な生活への悪影響を最小限に抑えたいところです。

搭乗者傷害保険

自動車任意保険の7種類の詳細

搭乗者傷害保険は、自身の側にいる同乗者がケガをしたときの損害をカバーしてもらえます。

自分の側において、本人以外に一緒に乗っていた人や家族のケガが補償先です。またケガの程度や部位で補償額が決まります。

 ひとり暮らしで友人を乗せる機会がなければ、この保険は設定しなくてもよいでしょう。ただし家族がいる場合は、優先的にプランに入れる方が賢明です。

搭乗者傷害保険は相手からの賠償金の有無に関係なく受け取れます。大切な人の生活を守るうえでも重要でしょう。

自損事故保険

自分一人だけの事故に対する保険です。カーブを曲がりきれずにガードレールにぶつかったり、スリップで電柱にぶつかったりする単独事故へのリスク対策になります。

自損事故では自身だけでなく、一緒に乗った人のケガにも補償してもらえます。搭乗者傷害保険との二択で考える人もいるでしょう。 

無保険車傷害保険

自動車任意保険の7種類の詳細

無保険車傷害保険はほかの車と接触事故を起こしたとき、相手が無保険だったケースでの損害補償です。ひき逃げのように加害者がわからないままでも対象になります。

 事故の相手が無保険車だと、その人は実費負担が大きくなるかもしれません。そこで自分の保険を働かせ、相手の損害を一定までカバーするのです。

「保険に入っていないばかりに、生活が苦しくなる人はみていてつらい」という考えもあるでしょう。そのときに無保険車傷害保険が役に立ちます。

車両保険

車両保険は自分の車に対する補償です。交通事故に限らず駐車場のいたずらや台風・地震、飛来物などさまざまなきっかけで車がダメージを負うかもしれません。

 車両保険はそのときの修理費用をカバーする役割があり、免責金額の設定で従来より安くもできます。

車はいつ修理が必要になるかわかりません。事故が起きると車は確実にダメージを受けるので、車両保険で対策しましょう。

補償の種類は自動車保険会社により違う

そのほかの補償の種類は自動車保険会社により違う

上記の7種類以外にも、保険会社によってさまざまな特約があります。ここでは代表例として以下をみていきましょう。

対物全損時修理差額費用補償特約

相手の車に対する修理費用が、時価を超えてしまうときに発生する特約です。相手のために負担した金額のうち、時価をオーバーしたぶんの修理費に着目します。

これに被保険者の過失割合に応じて、上限50万円として保険金が下りるしくみです。

 時価が低い自動車ほど、修理費がその時価を超えやすいでしょう。中古市場で安く買える旧車や、新車としても相場が安い軽自動車・コンパクトカーなどが代表例です。

相手の車の時価以上の修理費用を求められると、不公平に感じる人もいるでしょう。そうした人をフォローするための特約です。

地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約

その他の補償の種類は自動車保険会社により違う

地震や噴火といった災害に車が巻き込まれた場合の特約です。噴火で大量の灰をかぶったり、津波や洪水で水没してしまったりした車を補償する目的があります。

 通常の車両保険だと、災害で壊れた車に対する補償はできません。災害対策を考えるなら、車両全損時一時金特約を考えましょう。

日本では毎年大きな災害が起きているので、車が全損したときの備えが重要です。保険会社によっては、そうした対策ができる特約を用意しています。

弁護士費用等補償特約

事故によって相手への損害賠償を求める場合、弁護士に相談や委任をしたコストをフォローしてもらえる特約です。

 事故の紛争解決には弁護士の知識が欠かせず、相応のコストもかかります。それをフォローしてもらえる特約があれば、実費負担の割合を減らせるでしょう。

保険会社によっては、自転車事故や暴力を振るわれる事件なども対象にしています。自動車保険をきっかけに、さまざまな法的トラブルに対応できるのがメリットです。

個人賠償責任特約

その他の補償の種類は自動車保険会社により違う

保険加入者が相手にケガをさせたり、物を壊したりしたときに補償してもらえます。

弁護士費用特約が自身から相手に責任を求めるためのフォローに対し、こちらは責任を求められる立場としてのコストをカバーするものです。

 保険会社によっては示談交渉を組み入れた個人賠償責任特約もあります。これを利用すれば、もめごとを引き延ばさずに解決できるでしょう。

自身の責任で賠償が決まると生活に悪影響です。経済的なダメージを減らす対策も保険でできます。

他車運転特約

他人の車を借りて事故を起こしたときにフォローしてもらえる特約です。本来事故に見舞われたとき、保険は車の持ち主が加入しているものを使うからです。

 万が一借りた車の持ち主が保険に入っていないときは、自分の保険を使えず実費負担が大きくなります。

以上の対策として他者運転特約が重要です。これがあれば借りた車による事故でも、保険は自分のものを使えます。車の持ち主には、少なくとも金銭的な迷惑はかけずに済むのです。

ファミリーバイク特約

その他の補償の種類は自動車保険会社により違う

125cc以下のミニバイクを対象とした特約です。通常のバイク保険より支払いが安いというメリットがあります。 

 特約ひとつだけで、何台分ものミニバイクを対象にできます。

たとえば自分が四輪車を使っていても、家族がミニバイクを使っていれば、そのぶんもセットで補償対象になるのです。

自分の車だけでなく、バイクを使う家族も保険で守れるのが大きいでしょう。該当する人はぜひ考えてみてください。

運転者限定特約

運転する側の補償範囲を決める特約です。次の3つのパターンがあります。

3種類の特約
  • 運転者だけでなくその配偶者や親族、子どもなどが対象の「運転者家族限定特約」
  • 運転者と配偶者だけが対象の「運転者夫婦限定特約」
  • 運転者だけの「運転者本人限定特約」

生活状況に合わせて、自分側における補償範囲を決められます。結婚や子どもが生まれたときなど、家族の状況に合わせながら特約を決めましょう。

メーカー独自で自動車保険を用意することも

そのほかの補償の種類は自動車保険会社により違う

自動車保険の会社だけでなく、メーカーが独自で設定するタイプもあります。メーカーは自社の車やパーツに対して、事故が起きたときの保険をサービスするのです。

 正規ディーラーで車を買ったときに、メーカー独自の自動車保険に加入する仕組みです。

保険や修理対応をセットでやってくれるうえ、独自サービスも受けられます。

これから新車を買いたくなったら事故の後処理への対策として、メーカー独自の保険を相談するとよいでしょう。

自動車保険会社は3種類ある

自動車保険会社は3タイプに分かれる

自動車保険会社は3つの類型にわかれます。

3つの類型
  • 3メガ損保
  • 国内自動車保険会社
  • 外資系保険会社

それぞれ規模やサービスが違うので、それぞれの特徴を確かめておきましょう。目当ての会社のタイプから保険を決める選択肢もあります。

3メガ損保

3メガ損保は日本国内の自動車保険会社のうち、とくに知名度や規模が大きいグループを指します。該当するのは以下のとおりです。

グループ 所属会社
東京海上グループ 東京海上日動火災保険、イーデザイン損保 
MS&ADインシュアランスグループ 三井住友海上グループ、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険
NKSJグループ 日本興亜損保、損保ジャパン、セゾン自動車火災

3メガ損保には、それぞれ有名な保険会社が統合されています。3グループだけで業界全体のシェアも大きいので、保険選びの際は要注目です。

国内自動車保険会社

そのほかの補償の種類は自動車保険会社により違う!

国内自動車保険会社は、3メガ損保以外にもあります。最近はネットで商品展開するケースも増えてきました。

国内の会社は保険業法により内閣総理大臣の免許を受け、はじめて商品を展開できます。3メガ損保より小規模なものがほとんどですが、それぞれ独自のサービスにも注目してください。

日本の会社がプロデュースしていることで、信頼性を感じる人も多いようです。

外資系保険会社

外資系は海外法人が日本に参入したり、海外企業が一定水準以上の出資をしたりしている企業です。最近はこうした企業が通販型として、ネットを中心にサービスを展開しています。

多くの外資系はネットに拠点を設けることで、コストカットに成功しています。人件費や店舗の維持費などを節約しているぶん、保険商品もリーズナブルな傾向にあります。

最近は外資系も国内同様の信頼性を誇る例が増えています。こちらも会社ごとにオリジナリティのあるサービスが特徴です。

よくある質問

自動車の任意保険は何種類ありますか?
賠償責任が2種類・傷害補償が4種類、車両が1種類で合計7つです。カバーする補償内容を確認しながら、加入する保険を選びましょう。
自動車保険の補償の形式にはなにがありますか?
相手が対象である賠償責任・自分や同乗者が対象の傷害補償、車に対する車両の3つです。
自動車保険が展開する補償の特約には何がありますか?
地震や洪水といった災害による車の破損に対応した車両全損時一時金特約、賠償請求時に弁護士に相談できる弁護士費用等補償特約などです。
また相手から賠償請求されたときの個人賠償責任特約などがあります。
保険会社にはどのようなタイプがありますか?
3メガ損保・国内、外資系の3種類です。いずれもCMなどで名前が知れている企業であれば、安心感があるでしょう。
3メガ損保とはなんですか?
東京海上、MS&ADインシュアランス、NKSJの3グループです。どれも大手であり、補償内容もプランによりますが手厚くなっています。
弁護士費用等補償特約とはなんですか?
相手が絡む交通事故が起きたとき、自分から相手に損害賠償を請求するうえで弁護士への相談・委任費用を補償してもらえるメニューです。
これにより実費負担を少なくしたうえで紛争を解決できるメリットがあります。
事故の相手が保険に入っていないときの対策はなんですか?
無保険車傷害保険です。相手が保険に入っていないばかりに高額負担となる修理や治療費を、自分の保険からカバーしてあげられます。

まとめ

保険には自賠責と任意の2タイプがあります。このうち任意は補償対象や範囲などに応じて7種類あるのが特徴です。

これ以外にも災害による車の全損や、弁護士への相談などさまざまなコストに対応できる特約があります。

保険会社の種類にも3メガ損保だけでなく、国内・外資系とさまざまな業者が参入する状況です。今回の記事で示した保険業界の基本を念頭に、幅広い視野から理想の業者をみつけましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事