自動車保険 見積もり シミュレーション

自動車保険は数が多いので、どれにすればよいのかわからない・一社ずつ見積もりをするのが面倒や、なるべく保険料を安くしたいといった悩みがあるでしょう。

そういった方におすすめなのが、自動車保険の一括見積もりサイトで保険料がどれくらいになるかシミュレーションをすることです。

この記事では自動車保険一括見積もりサイトとはなにか、利用方法や利用のメリット・デメリットを解説します。おすすめの一括見積もりサイトもご紹介しましょう。

この記事を参考すればおすすめの一括見積もりサイトがわかります。

自動車保険は契約前に見積もりを取ろう

自動車保険を契約する前には見積もりを取るのが大切!

自動車保険を探しているときに見積もりを取るのが大切なのは、加入条件や保険会社各社の割引などにより自動車保険の保険料が変化するからです。

そのため、自動車保険を契約する前には、複数社から見積もりを取り比較検討することをおすすめします。

 保険料は加入者の年齢・ノンフリート等級・利用目的・年間予想走行距離、補償内容・運転者の範囲をどこまで広げるかといった条件で変化します。

加えて保険会社各社がインターネット割引・早割、無事故割引・ゴールド免許割引などの割引サービスを実施しているのです。

こうした理由によりお得な自動車保険を探しているなら、一社ではなく複数の保険を比較検討するのがおすすめです。

自動車保険をシミュレーションする方法

自動車保険の支払いをシミュレーションする方法

それでは見積もりを依頼し、保険料のシミュレーションをするための方法を、以下よりふたつご紹介します。

保険会社各社で見積もりを出す

代理店型自動車保険では、自動車販売店などの代理店に見積もりを依頼します。代理店の担当者に見積もりを依頼するので、内容について質問があればすぐに尋ねられるのです。

通販型の自動車保険の場合は、一社ごとに公式サイトから見積もりを取ります。

 このような方法で一社ずつ見積もりを出せば、保険会社ごとの特徴や同じ補償内容でも保険料がどれくらい違うのかなどの比較検討が可能です。

とはいえ一社ごとに見積もりを取るので、時間と手間がかかるというデメリットがあります。

一括見積もりサイトを利用して見積もりを出す

自動車保険の支払いをシミュレーションする方法

保険会社各社に見積もりを依頼する時間と手間を省きたいなら、一括見積サイトがおすすめです。

一般的に自動車保険一括見積もりサイトは、数十社の保険会社が登録されており、必要な情報を入力するだけで数社からの見積もりを取れます。

「どれを選べばよいのかわからない」といった悩みがあれば、まずは一括見積もりサイトを利用することがおすすめです。

自動車保険は一括見積もりがおすすめ

自動車保険の一括見積もりサイトをおすすめする理由

自動車保険を探している方に一括見積もりサイトの利用をおすすめするのは、以下のような5つの理由があるからです。

自動車保険一括見積もりサイトがおすすめな理由
  • 簡単に複数社の見積もりが取れる
  • 知らなかったお得な保険会社に出会える
  • 最安値の自動車保険がすぐにわかる
  • 一括見積もりサイト独自のキャンペーン特典がもらえる
  • 気に入った保険があればそのまま契約まで可能

1簡単に複数社の見積もりが取れる

一括見積もりサイトの利用をおすすめするのは、簡単に複数社の見積もりが取れるからです。保険代理店各社で見積もりを取るために、訪問や電話をするには時間と手間がかかります。

 ネットで見積もりを取る場合でも運転免許証・保険証券・車検証を準備し、そこに記載されている情報を毎回入力しなければなりません。

それを数社ぶん進めていくなら、やはり時間と手間がかかります。しかし自動車保険一括見積もりサイトを利用すれば、必要情報の入力は1回だけで複数社からの見積もりを簡単に取れるのです。

2知らなかったお得な保険会社に出会える

自動車保険の一括見積もりサイトをおすすめする理由

一般的に自動車保険一括サイトでは十数社の保険会社が登録されています。そのため自分のリサーチ力では出会わなかったような、お得な保険会社に出会えるでしょう。

幅広い選択肢が持てるのはメリットですね。

3最安値の自動車保険がすぐわかる

保険料が最安値の自動車保険にすぐわかるというのも、おすすめポイントです。以下より具体的にみていきましょう。

一括見積もりサイトを利用した場合のシミュレーション例

一括見積もりサイト「インズウェブ」を利用し、以下の条件で自動車保険を一括見積もりした場合、各社がどれくらいの保険料を提示するのかシミュレーションしてみました。

必要事項で記入した条件
  • 契約予定者:男性・30歳・既婚・子どもあり
  • 契約予定車:トヨタ プリウス(ZVW40W)
  • 契約予定者の現在の保険加入状況:未加入
  • 主な使用地:東京都
  • 主な使用目的:通勤・通学(週5日以上、月15日以上を通勤・通学で使用)
  • 予想年間走行距離:8,000km~8,999km
  • 改造の有無:なし
  • 免許証:ゴールド免許
  • 対人賠償保険:無制限
  • 対物賠償保険:無制限
  • 人身傷害保険:3,000万円
  • 搭乗者傷害保険:1,000万円
  • 車両保険の種類:一般型
  • 運転者限定:本人+配偶者
  • 運転者の年齢制限:30歳以上

上記の条件で一括見積もりすると、次の5社からすぐに保険料の見積もりが提示されました。

保険会社 年間保険料の見積もり(税込)
アクサダイレクト 77,030円
イーデザイン損保 106,630円
チューリッヒのネット専用自動車保険 64,450円
SBI損保 個人総合自動車保険 93,950円
おとなの自動車保険 107,710円

結果からするとチューリッヒのネット専用自動車保険が64,450円(税込)で、見積もりを提出した保険会社のなかでは最も保険料が安いことがわかります。

一括見積もりサイトで見積もりを依頼すれば、このようにすぐに結果が確認できます。すぐに見積もりを提出しなかった保険会社からも、後日登録したメールアドレス宛に見積もりをもらえるのです。

このように一括見積もりサイトを利用すれば、簡単に複数社から見積もりを取れるうえに、最安値の自動車保険をみつけられるでしょう。

4一括見積もりサイトで開催しているキャンペーン特典がもらえる

自動車保険の一括見積もりサイトをおすすめする理由

一括見積もりサイトが、オリジナルのキャンペーンを展開していることがあります。一括見積もりを依頼するだけでプレゼントがもらえるのでお得です。

ハンバーガー・フライドチキン・お米・ギフト券など、サイトごとにプレゼントの内容が違います。こうした比較検討を兼ねて、いくつかの一括見積サイトを利用しプレゼントを複数獲得するのも楽しいでしょう。

5気に入った保険があればそのまま契約まで可能

自動車保険一括見積もりサイトを利用し、見積もりを提示してきた保険会社のなかに気に入ったものがみつかるかもしれません。

その場合サイトからその会社の公式ページにアクセスし、そのまま加入申し込みができます。

ゆっくり自動車保険を選ぶ時間がない方には、ネットで見積もりから契約までワンストップで可能な見積もりサイトは非常に便利です。

自動車保険一括見積もりシミュレーションの流れ

自動車保険一括見積サイトでの見積もりの取り方

一括見積サイトで見積もりを取るときに準備するもの、入力情報などを価格.comを例にして紹介します。

事前に準備するもの

免許証と保険証券(加入済みの自動車保険があれば)を準備します。保険証券がなければ車検証を用意してください。

見積もり条件などの入力

価格.comの一括見積もりサイトの入力フォームにしたがって、以下の情報を入力します。

入力内容
  • 自動車保険の契約状況(加入している保険があれば満期日・保険会社・等級など)
  • 車の情報(メーカー・車名・型式・自動ブレーキの有無・ナンバー・初年度登録日など)
  • 補償内容の希望
  • 使用目的
  • 年間走行距離
  • 主な運転者の情報(生年月日・性別・免許証の色・免許取得日)
  • 運転する同居の子どもの有無
  • 運転する最も若い方の年齢
  • 契約者情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス)

入力フォームにしたがいすべての情報を入力したなら、最終ページで見積もり可能な保険会社が表示されます。内容を確認し「送信」ボタンをクリックすれば、一括見積もり完了です。

比較・加入申し込み

メールもしくは郵送で各保険会社からの見積もりを受け取ります。受け取った見積もりを比較検討し、そのなかから条件に合った自動車保険を選択できます。

サイトを利用する前に書類や必要な情報をそろえておけば、それにもとづき情報を入力し回答を待つだけなので、非常に簡単ですね。

おすすめの自動車保険一括見積もりサイト3選

よく利用されている一括見積もりサイト3つについて、それぞれの特徴・登録保険会社数・キャンペーン特典などを紹介します。

インズウェブ

インズウェブ

おすすめポイント
  • 最短3分で見積もり可能
  • はじめて自動車保険に加入する方は車の型式だけで見積もり可能
  • 最大20社からの見積もりが可能


最短3分・1回の情報入力で最大20社から
見積もりを取れるのが、インズウェブです。

 サービス利用後、一部の保険会社からはその場で保険料試算結果一覧が参照できます。

自動車保険の見積もり内容だけでなく、事故サービス対応などについてもサイト上で比較検討できるので便利でしょう。

インズウェブは自動車保険だけでなくバイク保険・生命保険、火災保険などの比較サービスもあります。
※出典:https://www.insweb.co.jp/

保険スクエアbang! 自動車保険

保険スクエアbang! 自動車保険

おすすめポイント
  • 20年・450万人以上に利用されている安心の一括見積もりサイト
  • 見積もり依頼できる保険会社は16社
  • ファイナンシャルプランナーや弁護士監修の自動車保険完全マニュアルがある

保険スクエアbang!自動車保険は20年以上にわたり、450万人以上に利用されている一括見積もりサイトの老舗です。

 基本補償や特約といった基礎知識から、保険料を安く抑えるためのコツまで、さまざまなお役立ち情報が掲載されています。

自動車保険の満期日が90日以上先の場合は、保険料の見積もりができない場合があります。

保険スクエアbang!自動車保険では見積もり依頼予約機能があり、事前に必要な情報を入力しておけば満期日の60日前になると自動で見積もり依頼が可能です。

保険スクエアbang! 自動車保険は、コンテンツなどの情報が豊富な一括見積もりサイトですね。
※出典:https://www.bang.co.jp/

価格.com

価格.com

おすすめポイント
  • 満足度の高い大手損害保険会社が多数登録されている
  • たった5分の入力時間で最短当日に見積もりが届く
  • 価格comオリジナルのプレゼントキャンペーンがある

価格.comではさまざまな商品の販売価格の比較や、商品を購入したり利用したりした人の口コミの閲覧ができます。

自動車保険についても利用者の口コミをみられるため、気になる保険会社があれば評判をチェックできるのです。

 加入者向けのアンケートにもとづく、自動車保険ランキングも参考にできます。

価格.com独自のキャンペーンも注目ポイントです。2021年9月時点では一括見積もりサービス利用者のなかから抽選で合計20名に、人気ゲーム機やコードレス掃除機が当たるキャンペーンがおこなわれています。

価格comは口コミ評価を参考にできるので、非常に便利でしょう。
※出典:https://hoken.kakaku.com/kuruma_hoken/

自動車保険一括見積もりの注意点・デメリット

自動車保険の一括見積もりにおいて注意すべきポイント

自動車保険の一括見積もりサイトを利用するときに、注意すべきポイントをいくつか紹介します。

自動車保険一括見積もりサイトの注意点
  • 特約やロードサービスなどの細かな条件までは比較できない
  • 比較できる保険会社の数が多いのでかえって悩む
  • 比較サイトごとに登録されている保険会社の数が違う
  • 希望する保険会社からかならず連絡が来るとは限らない
  • 見積もり依頼後も案内メールやメルマガが届く

特約やロードサービスなどの細かな条件までは比較できない

自動車保険一括見積もりサイトでは、短時間で複数社からおおまかな見積もりを提示してもらえます。それで各社が設定している特約や、ロードサービスの内容などの細かな条件を比較はできません。

保険によっては無料のロードサービスがついていない、特約やロードサービスの内容が他社よりも少ないなどのケースがあります。

保険料の安さだけで選ぶ際は注意してください。

比較できる保険会社の数が多いのでかえって悩む

自動車保険の一括見積もりにおいて注意すべきポイント

一括見積もりサイトでは一般的に数十社、もしくはそれ以上の保険会社の自動車保険を比較できます。

多くの数の保険会社から見積もりが届くと、かえって数が多すぎてどれにすればよいのか悩んでしまうというデメリットが生まれるでしょう。

さらに見積もり依頼をするときに名前や電話番号、メールアドレス・居住地域などの個人情報を入力します。ある程度の個人情報を保険会社に提出することになるという、デメリットも覚えておいてください。

一括見積もりサイトごとに登録されている保険会社の数が違う

一括見積もりサイトごとに登録されている保険会社の数が違います。多いサイトでは20社・少ないサイトでは10社未満です。

そのため利用するサイトによっては、自分に合う自動車保険が見つからない可能性があります。

サイトを利用する前に、どういった保険会社がどれくらい登録されているのかチェックすることがおすすめです。

希望する保険会社からかならず連絡が来るとは限らない

一括見積もりサイトで登録されている保険会社が20社あったとしても、20社すべてから見積もりが提出されるというわけではありません。

サイトに入力された情報をもとに保険会社各社が、契約可能な案件と判断すれば見積もりを提出することになります。

 サイト利用者の提示した条件が厳しいものであれば、場合によっては見積もりが届きません。

どうしても見積もりがほしいという自動車保険があれば、個別に見積もりを依頼するのがおすすめです。

見積もり依頼後も案内メールやメルマガが届く

自動車保険の一括見積もりにおいて注意すべきポイント

一括見積もりサイトを利用するときには、メールアドレスを登録します。

サイト利用後には自動車保険の契約をしたかどうかにかかわりなく、一括見積もりサイトからメルマガが配信される・保険会社から案内メールが届くことがあります。

 一括見積もりサイトを利用後に保険契約をしなくても、サイトから営業の電話が直接かかってくることはありません。

保険募集人の資格を有する人のみが、保険の営業電話をかけられるからです。

一括見積もり+個別見積もりがおすすめ

自動車保険一括見積もりサイトと個別見積もり両方を活用しよう

はじめて自動車保険に加入する場合や久しぶりに自動車保険に加入する場合などは、一括見積もりサイトで気に入った保険会社をいくつかみつけて、そこから各社に個別に見積もりを取るのがおすすめです。

以下からは個別見積もりを取るときに注意すべきポイントを、簡単に紹介します。

車両保険をつけるかどうか

車両保険とは事故や盗難にあったときに自分の車の修理費などを補償する保険です。

車両保険には一般型とエコノミー型があり、自動車保険に車両保険を付けるときにはどちらにするか選ぶ必要があります。

 一般型は補償の対象となる範囲が広く、エコノミー型と比較すると保険料は高い傾向にあります。

逆にエコノミー型は補償の範囲が狭く、当て逃げや自損事故の場合自分の車への修理費は支払われません

高級車や新車に乗っているなら事故や盗難、いたずらにあったときを考え一般型を選ぶのがおすすめです。

年数が相当経過した車に乗っている方や運転技術に自信がある方などは、補償範囲の狭いエコノミー型の方を選択する、もしくは車両保険そのものをつけないという選択もできるでしょう。

割引サービス

保険会社のなかにはインターネット割引や早割・ゴールド免許割引、1年間無事故だった場合に翌年の保険料が割引される、無事故割引を提供しているものがあります。

 さらに運転者を契約者とその配偶者だけにする、同居している家族だけにするといった運転者限定により割引を受けられるのです。

気になる自動車保険があれば、割引サービスやそれを利用すればどれくらい保険料が安くなるのかを、しっかりとチェックしてください。

独自の特約サービス

保険会社は独自の特約サービスを設けています。

たとえば事故による車内やトランク内の、荷物の損害を補償する「身の回り特約」車が事故や故障で、自力走行できなくなったときの「ロードサービス特約」などです。

特約を付帯すればその分保険料は高くなりますが、安心感を得られるでしょう。

自動車保険に安さだけでなく、安心・安全を求める方は、こうした特約サービスに注目してください。

補償内容と支払保険料のバランス

個別見積もりのメリットは、補償を手厚くした場合とできる限り保険料を抑えた場合など、いくつかのパターンの見積もりを依頼できるという点です。

ひとつの保険会社にいくつかのパターンの見積もりを依頼すれば、そのなかから補償内容と支払保険料のバランスが取れたプランを選べます。

自分に合った自動車保険を選ぶために、一括見積もりサイトと個別見積もりを上手に使いわけてください。

よくある質問

自動車保険を選ぶために見積もりを取るのはなぜ大切なのですか?

保険会社や加入条件により保険料は変化するものです。

お得ながら自分に合った自動車保険を選ぶためには、複数社から見積もりをとることをおすすめします。

どういった条件で保険料の金額は上下しますか?

保険料は加入者の年齢・ノンフリート等級・利用目的、年間予想走行距離・補償内容・運転者の範囲をどこまで広げるか、といった条件で変化します。

さらに保険会社各社が独自の割引サービスを実施しています。これも保険料が上下する理由です。

自動車保険一括見積もりサイトで保険料をシミュレーションするメリットはなんですか?
5分程度必要情報を1回入力するだけで、複数社からの見積もりを取れます。
保険料が最安値の自動車保険、自分が知らなかった保険会社の自動車保険なども簡単にわかるというのもメリットです。
一括見積もりサイトを利用する前に準備すべきものはなんですか?
免許証・加入している自動車保険があればその保険証券、自動車保険未加入であれば車検証を準備してください。
一括見積もりサイトを利用する際の注意点はなんですか?
一括見積もりサイトの見積もりは、あくまでも保険料についてのおおまかなものです。
保険会社独自の特約やロードサービスなどの、細かな条件を比較はできないことに注意してください。
さらにサイトに登録されている保険会社の数が多くても、すべての保険会社から見積もりが届くわけではありません。
一括見積もりサイトと個別見積もりをどのように使いわけられますか?
はじめて自動車保険に加入する場合や久しぶりに自動車保険に加入する場合などは、一括見積もりサイトで複数社の見積もりを取れます。
そこから自分の条件に合う保険会社をいくつか選び、各社に個別の見積もりを依頼するのがおすすめです。
個別見積もりを取るときにどういった点に注意すべきですか?
車の状態や年数により車両保険をどうするかを考えなければなりません。
さらに保険会社独自の割引をチェックします。他社にはない特約サービスを提供している場合もあるので、それも確認してください。
保険料を抑えたケースと補償範囲を広くしたケースといった具合に、ケースごとの見積もりを依頼すれば、補償内容と保険料のバランスが取れた契約内容を選べるでしょう。

まとめ

今回は自動車保険一括見積もりサイトで保険料をシミュレーションする方法、一括見積もりサイトのメリット・デメリットを紹介していきました。

はじめて自動車保険に加入する方・久しぶりに自動車保険に加入する方、自動車保険の見なおしを検討している方には、一括見積もりサイトの利用がおすすめです。

複数社からの見積もりを取り、そのなかから自分に合った自動車保険を選べます。さらに詳しい内容を知りたい方は、一括見積もりサイトから見積もりが届いた保険会社へ個別に見積依頼が可能です。

一括見積もりサイトと個別見積もりの両方を上手に活用すれば、保険料を抑えつつ安心できる自動車保険がみつかるでしょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事