自動車保険の選び方とは?はじめて入る際に押さえたいポイントを紹介

念願のマイカーを購入したら、早くドライブを楽しみたいところでしょう。しかし車を運転する以上、交通事故のリスクはだれにでもあります。

そこで万が一のことを考えて、準備することが大切です。その準備こそが自動車保険の加入です。今では多種多様な自動車保険が販売されています。そのなかでどれを選べばよいか悩んでいませんか。

そこで今回は、3つの側面からどのように自動車保険を選べばよいかについてみていきます。

これから自動車保険に加入しようと思っている方は、ぜひとも参考にしてみてください。

自賠責保険と任意保険

まず自動車保険は大きくわけて2種類あります。それが自賠責保険と任意保険です。それぞれどのような保障なのかみていくので、まずはこの基本的な部分から理解していきましょう。

自賠責保険とは

自賠責保険と任意保険
自賠責保険は、法律にもとづき加入が義務付けられている保険商品です。このため「強制保険」という別名で紹介されることもあります。

 自賠責保険は主に被害者救済の目的で用意されている保険です。そのため人身事故のみが対象で、被害者ひとり当たり最大3,000万円まで保険金が出ます。

もし自賠責保険に入っていない車両を公道で運転した場合、処罰の対象です。1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、さらに違反点数6点で免停になります。

また、自賠責保険に入っていない車は車検には通せないことも覚えておきましょう。

任意保険とは

自賠責保険と任意保険
任意保険は、文字りどおり任意つまり入っても入らなくてもよい保険です。よくいわれる「自動車保険」とは、一般的には任意保険のことを指します。

 任意保険に加入していない車を公道で運転しても、ペナルティを受けることはありません。保険に入っていなくても車検を通せます。

イメージ的には自賠責保険でカバーしきれない保障範囲をカバーした保険です。対物や事故により自分たちが被ったダメージへの補償なども含まれます。また、対人も自賠責保険以上の補償を賄えます。

任意保険への加入が重要

自賠責保険と任意保険
自賠責保険は被害者救済の目的で作られた保険です。このため必要最小限の補償しかカバーできていません

交通事故でこちら側が悪くても、車両が損傷を受け自分や同乗者がケガする可能性も十分考えられます。このような保障は自賠責において、一切サポートしてもらえません。

 人身事故の場合、死亡時に最大3,000万円まで保険金が下ります。しかしこれでは不十分なケースも少なくありません。

過去の事例をみると、億単位の賠償金が命ぜられた判決も珍しくありません。自賠責のみの加入で3,000万円を超える請求がくれば残りは自腹となるでしょう。

任意保険であれば、対人・対物賠償は無制限というのが主流になっています。手厚い保障が受けられるのでいざというときのために任意保険に加入したほうがよいでしょう。

任意保険の選び方で大切なのは「補償」「特約」「対面型or通販型」

任意保険の選び方で大切なのは「補償」「特約」「対面型or通販型」
任意保険を選ぶ際に、まずはなににターゲットを絞って比較するかが重要です。そのなかでもとくに重要なのは、以下の3ポイントです。

それぞれどのようなことなのか、以下で詳しくみていきましょう。

補償

補償とは実際に事故を起こしてしまったときに、医療費や物品損傷に対する回復費用などを保険金で賄うことです。補償がないと賠償を、自分のポケットマネーで賄っていかないといけません。

自動車保険の補償では、以下の4本柱が基本となっています。

  • 対人賠償
  • 対物賠償
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険

    対人以外は自賠責保険でカバーできないため、幅広い保障を受けるためにはやはり任意保険に入ったほうがよいでしょう。

    特約

    任意保険の選び方で大切なのは「補償」「特約」「対面型or通販型」
    特約とは任意でつけられる保障のことです。保険会社でもユニークな特約を数多く設けています。特約をつければつけるほど、手厚い保障が受けられます。

    しかし一方で特約を増やすと、それだけ保険料も高くなるので補償とコストのバランスが求められます。

    対面型or通販型

    保険会社のスタイルで選ぶのもひとつのポイントです。代理店型と通販型の2タイプに分類できます。

    代理店型は従来の方式です。担当者がついて、保険のプランを提案してくれる対面方式のスタイルです。一方通販型とは、ネットで申し込む方式になります。

    基本的には自分で保険を取捨選択して加入手続きを行っていきます。

    【補償】自動車保険の選び方

    【補償】自動車保険の選び方
    ここでは補償内容における自動車保険の比較方法についてみていきます。保険料を安くすることも大事ですが、いざという場合に十分な保険金が出るように調整しなければなりません。

    対人対物賠償は無制限のものを選ぶ

    対人・対物賠償は、無制限のものを選びましょう。人身事故で相手が死亡した場合、億単位の賠償の求められる可能性が高いからです。自賠責だけでは賄いきれない可能性が高いでしょう。

    対物についても高額請求になる傾向がみられます。たとえばバスなどの商用車にぶつかった・店舗に突っ込んだとなると、ビジネスの機会を奪ってしまいます。

     逸失利益で多額の賠償金を支払うように、いわれる可能性があるからです。

    対人・対物賠償は無条件で、無制限としている自動車保険も少なくありません。こちらがなにか条件をつけなくても、契約した段階で自動的に無制限になるかもしれないのです。

    ただしすべての保険が無条件となっているわけではありません。心配であれば加入する前に、ふたつの保険が無制限になっているかどうか確認しておきましょう。

    人身傷害保険は3,000万円をラインに考える

    【補償】自動車保険の選び方
    人身傷害保険とは、自分側の補償です。車同士の事故の場合自分たちもなんらかの損害を被る危険性があります。

    自分や同乗者が死傷した場合に保険金の下りるのが、人身傷害保険です。契約で決められた金額を上限として、実損分の補償が受けられます。

     人身傷害保険も無制限にもできます。しかし3,000万円程度で十分でしょう。というのもほかの保険が使えるからです。

    生命保険や医療保険に加入していれば、死亡時の補償や治療費などこちらで支払い対応できます。ほかの保険の保障も考慮していくらくらい必要か検討しましょう。

    搭乗者傷害保険をつけない選択肢もある

    【補償】自動車保険の選び方
    搭乗者傷害保険とは、事故で搭乗者が死傷した場合に支払われる保険のことです。こういわれると「人身傷害となにが違うのか」と、思うかもしれません。

    内容は同じですが、金額が異なります。人身傷害は事故相手から賠償金が支払われた場合、その部分は実損額から差し引かれるのです。

     一方搭乗者傷害の場合、相手から保険金支払いがあってもなくても、保険金を受け取れます。契約時に決められた金額が、支払われる保険だからです。

    支払い方に違いがあるものの、保障内容は被っています。保険金を節約したければ、どちらか一方だけ加入するのも選択肢のひとつです。

    ただしできるだけ早く保険金を受け取りたければ、加入を検討したほうがよいでしょう。人身傷害は相手からの保険金を差し引いた金額が支払われるため、その計算に時間が多少かかります。

    搭乗者傷害の場合、契約で決められた金額が支払われる保険です。金額を算出する手続きも省けるので、その分支払いがスピーディになります。

    車両保険は含めるべき?

    【補償】自動車保険の選び方
    車両保険とは、自分の車に被害が出た場合のための保障です。事故以外にもいたずらされた、自然災害でダメージを受けたなども補償の対象になります。

    実は車両保険が保険料のなかでも、かなりのウエイトを占めています。また車両保険はこちら側で決められず、契約時の時価です。

     もし長く走り込んでいる古い車だと、そこまで保険金額は高くなりません。この場合車両保険をつけずに、保険料を安くするのも一考です。

    一方新車であれば、車両保険を付けたほうがよいでしょう。いざというときに手厚い保障の、受けられる可能性が高いからです。

    保険料を節約したければ自己負担分の免責額を設定する、エコノミー型と呼ばれる保障範囲の限定された保険に入るなどの、対処法があります。

    【特約】自動車保険の選び方

    【特約】自動車保険の選び方
    オーダーメイド方式で必要と思われる、保障をつけられるのが特約です。今では各業者、ユニークな特約をラインナップしています。

    どれをつければよいか困ったら、以下で紹介する特約はつけたほうがよいでしょう。

    個人賠償責任特約

    個人賠償責任特約とは、日常生活で偶発的に起きた事故に対する保障です。車を運転していないときの事故も、対象になっているのがポイントとなります。

    例えば飼い犬が近所の人を噛んでケガさせた、自転車を運転中にぶつかってしまったなどです。またお店の商品をうっかり落として壊してしまったなどの、賠償が可能となっています。

    このようなアクシデントは、プライベートのなかで十分起こりえます。万が一の弁償として、加入を検討しましょう。

    弁護士費用特約

    【特約】自動車保険の選び方
    お互いに過失のある場合、保険会社が皆さんに変わって賠償に関する交渉を行います。しかし俗にいう「もらい事故」など100%相手に責任のある事例だと、保険会社は交渉してくれません

     弁護士費用特約をつけていると、100%相手の悪い事故でも代理人として交渉してくれます。しかも弁護士費用も保険で賄えます。

    示談交渉を自分でおこなう場合、相手は海千山千の保険会社の担当者です。相手のペースに持ち込まれて、不利な示談内容でまとまる恐れもあります。

    弁護士をつけられれば、交渉が不利になる心配もありません。しかも費用を気にすることもないので、こちらの特約をつけてもよいでしょう。

    対物超過特約

    【特約】自動車保険の選び方
    対物賠償は無制限ですが壊してしまったモノの時価を上限に支払われます。たとえば車同士の事故の場合、相手の車のそのときにおける価値がマックスです。

    しかし車の価格以上に修理費用が、かかってしまうことは往々にしてあります。対物超過特約に加入していると、時価以上の賠償金もカバーできます。

     もしこの特約がないと、不足分は自分で賄わないといけません。とくに車同士の事故のために、この特約に加入しておいた方がよいでしょう。

    近年車の保有期間が長期化しつつあります。年式の低い車の場合、対物だけでは弁償できない恐れも出ていきます。対物超過特約に加入しておくと、そういった場合でも安心です。

    【対面型or通販型】自動車保険の選び方

    【対面型or通販型】自動車保険の選び方
    対面型にするか通販型にするかも、保険選びのなかでも重要なポイントです。両者の違いを表にまとめると、以下のようになります。らら

    対面型 通販型
    加入方法 担当者を通じて加入 ネットなど自分で加入
    保障内容 担当者に相談しながら決めていく 自分で基本的に決める
    保険料 代理店手数料が上乗せされるため高め ダイレクトに加入するため安い
    事故後の交渉 担当者が代理人になって保険会社と交渉 自分で保険会社と直で交渉

    このように両者には違いがあります。どちらを選ぶべきか、これはなにを重視するかによって判断はわかれます。以下より詳しくみていきましょう。

    対面型の方がおすすめな人

    【対面型or通販型】自動車保険の選び方
    きちんと面と向かって話したうえで、保険を決めたいと思っている人は対面型の方がよいでしょう。保険にあまり詳しくない、ネットに不慣れな人なども担当者に任せられるので安心です。

    契約更新や事故時の書類作成も、マンツーマンで指導してくれます。自分で各種手続きをするのに不安があれば、対面タイプの方が適しています。

    通販型がおすすめな人

    【対面型or通販型】自動車保険の選び方
    とにかく保険料を節約することが第一という人は、通販型の方がよいでしょう。対面型は代理店手数料が上乗せされる分、同じ保障内容なら通販型よりも高くなるからです。

     インターネットなどにて自分で調べて、保障内容を作っていくこと額でなければ、自力で契約できるでしょう。

    迷ったときにはお問い合わせフォームや、電話で問い合わせられます。ネットで申し込むので、24時間・365日いつでも手続きできます。

    仕事が忙しくて代理店に足を運ぶ暇がない人も、通販型の方が向いているでしょう。

    事故対応で違いはある?

    【対面型or通販型】自動車保険の選び方
    事故を起こしたときの交渉力については、対面型も通販型も大きな違いはないと思って良いでしょう。

    というのも示談の話し合いでは、過去の事例や判例をベースに決めるからです。すべての保険会社が同じ基準で過失割合を決定します。

    そのため保険会社がどこかで示談の結果に差の生じることはありません。「通販だと交渉が不利になる」「小さな会社だと足元をみられる」ことはまずありえません。

    万が一の場合の対応力はどこもほぼ横一線、大きな違いはないと考えてください。

    よくある質問

    任意保険には加入したほうがよいのですか?

    事故を起こした場合に、自賠責保険では自分側の補償が一切ありません。また保障内容も実際に事故を起こして、賠償請求されたときに不十分です。

    任意保険は自分たちの補償もカバーできています。事故を起こしたときに十分な保険金がもらえるので、加入したほうがよいでしょう。

    保障内容で困ったときにはどうすればよいのですか?
    保険会社に相談することが大事です。対面型はもちろん、通販型も電話やWebなどで問い合わせ対応しています。わからないことがあれば、しっかりと質問しましょう。
    車両保険はつけたほうがよいのですか?
    車両保険は契約段階における、車の価値をベースに決められます。低年式車や中古車の場合、十分な保障の受けられない可能性が高いので、外すのも一考です。
    対人・対物は無制限でなければなりませんか?
    対人や対物の賠償額をみてみると、1億を超えるような請求が来る場合も珍しくありません。不足すると自分で支払わないといけなくなるので、無制限に補償を受けられた方が安心です。
    事故対応はどの保険会社でも一緒ですか?
    保険業界では過去の事故のケースをベースに過失割合を決めていて、その基準はどこも一緒です。保険会社が異なった結果、賠償額が大きく変わるようなことはありません。事故対応の優劣は、どの保険会社でも違いはありません。
    特約をつける必要はありますか?

    特約は任意で取捨選択ができます。必要がないと思ったものは、つけなくても大丈夫です。無駄な特約をつけた結果、余計な保険料を支払うことになりかねないので、十分吟味しましょう。

    保障内容は後々変更が可能ですか?
    可能です。条件がよければ、別の自動車保険に乗り換えられます。保険の更新のタイミングで、保障内容を見なおす方が多いのです。もう必要ない保険を外すことで、保険料を安くして節約もできます。

    まとめ

    自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があります。ただ自賠責保険だけでは実際に事故を起こしたときに、十分な補償はできません。

    そのため任意保険にも加入して手厚い保障が受けられるようにしておきましょう。任意保険を選ぶ際には保障内容と特約でなにが必要なのかまずは考えましょう

    任意保険には対面型と通販型があります。両者ともにメリットデメリットがあります。自分はどちら向きかを検討したうえで、候補の絞り込みを進めるとよいでしょう。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事